今週も登場、倫子(演・黒木華)の小麻呂(こまろ)。(C)NHK

宮中では、権力闘争劇化の気配が漂う中で、花山天皇が寵愛する藤原忯子の体調が悪化する――。『光る君へ』第6回を振り返る。

* * *

ライターI(以下I):前週、源雅信(演・益岡徹)の土御門邸で、藤原兼家(演・段田安則)と藤原頼忠(演・橋爪淳)が密談する中で、源倫子(演・黒木華)が愛猫の小麻呂(こまろ)を追いかけていったため、兼家の目にとまることになりました。

編集者A(以下A):ある意味、運命の出会いということになりますね。円融天皇(演・坂東巳之助)に入内した娘の詮子(演・吉田羊)が皇子を生み、その皇子(懐仁親王)が花山天皇の東宮(皇太子)となっていたため、兼家は次期摂政の座にもっとも近い立場でした。

I:そこで兼家は、左大臣家の源倫子を息子の道長(演・柄本佑)に娶わせて、一族の勢力を強めようともくろんでいるわけですね。後段で、詮子も源雅信に談判していましたし。

A:後に道長が権勢を握っていく過程で、姉の詮子が後ろ盾になってくれますので、第6回の段階でのこの描写は感慨深いですよね。

源倫子を囲む会の場面。次ページに続きます

1 2 3 4

 


サライ公式通販人気ランキング


関連記事

ランキング

サライ最新号
2024年
3月号

サライ最新号

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

小学館百貨店Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

花人日和(かじんびより)

和田秀樹 最新刊

75歳からの生き方ノート

おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店
おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店