字画も少なく、しょっちゅう⽬にする簡単な漢字。読めそうなのに、いざ声に出して読もうとすると、正しく読めるかどうか⼼配になって、思わず声を細めてしまう漢字ってありませんか? サライ世代ともなりますと、いったん思い込み認知をしておりますと、なかなかイニシャライズ(初期化)が難しいですよね。

簡単な漢字であっても、脳トレ漢字の記事を読みながら確認学習をしていただくことで、思い込み認知をイニシャライズできる機会になると思います。

「脳トレ漢字」第174回は、「白湯」をご紹介します。健康に良いとされる「白湯」。老若男女問わず、愛飲されています。実際に読み書きなどをしていただき、漢字への造詣を深めてみてください。

「白湯」とは何とよむ?

「白湯」の読み方をご存知でしょうか? 「しろゆ」ではなく……

正解は……
「さゆ」です。

『小学館デジタル大辞泉』では、「真水を沸かしただけの湯」と説明されています。「はくとう」「しらゆ」と読まれることもありますが、「さゆ」という読み方が一般的です。体が温まり、健康にも良いとされる白湯。毎日飲んでいるという方も多いのではないでしょうか?

白湯は一般的に、50度から60度程度が適温とされています。水道水でも作ることができますが、塩素や不純物が含まれている場合があるため、10分から15分ほど沸かし続けるのがおすすめです。白湯は体を温めるだけでなく、便秘改善や基礎代謝の向上、自律神経の乱れを整える効果などが期待できます。

どのタイミングで飲んでも効果が期待できるため、毎日無理なく続けることができそうですね。

「白湯」の漢字の由来は?

「白湯」は元々、「素湯」と表記されていたと言われています。「白」という漢字には、純粋・清らかという意味が含まれるため、「何も入っていない湯」を意味する「さゆ」の漢字になったのではないでしょうか?

中国語の「湯」

「白湯」にも使われている通り、温かい水のことを日本語では「湯」と表記しますね。しかし、中国語では同じ「湯」という漢字でも、意味が全く異なります。日本語とは違い、中国語で「湯」は「スープ」を意味するのです。

種類にかかわらず、スープ全般を「湯」と表記します。中国でも、元々は日本と同じ意味で「湯」という漢字が使われていました。一説では、薬湯を飲む習慣が広まったことで、「味のある温かい飲み物(スープ)」という意味に変わっていったのではないかと言われています。

日本では、温泉やお風呂のことも「湯」と表記することがあります。中国から来日した観光客たちは、何だか不思議な気分になっているかもしれませんね。

***

いかがでしたか? 今回の「白湯」のご紹介は、皆さまの漢字知識を広げるのに少しはお役に立てたでしょうか? 一杯飲むだけで体が温まる白湯は、これからの季節にぴったりな飲み物です。体を冷やさないようにして、寒い季節も元気に乗り越えたいものですね。

文/とよだまほ(京都メディアライン)
HP:https://kyotomedialine.com FB

 

関連記事

ランキング

サライ最新号
2024年
7月号

サライ最新号

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

小学館百貨店Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

花人日和(かじんびより)

和田秀樹 最新刊

75歳からの生き方ノート

おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店
おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店