はじめに-「富士遊覧」とはどんな出来事だったのか

「富士遊覧」とは、天正10年(1582)に行われた、信長と家康の凱旋旅行のことです。同年3月、武田討伐を推し進めた信長は、武田勝頼を自害に追い込み、武田氏を滅亡させることに成功しました。武田氏滅亡後、信長は旧武田領を分割。その一部である駿河国(現在の静岡県中部)を家康に与えることに。

これを受けて家康は、信長に与えられた駿河国と甲斐国(現在の山梨県)を結ぶ街道の整備に取りかかります。そして、信長はこの街道を通って駿河に向かい、その後、東海道を通って安土城に向かうことにしたのです。

信長の華々しい凱旋旅行である「富士遊覧」。家康も信長に同行し、各地で手厚く接待しました。「富士遊覧」がどのようなものであったかについて、史実をベースに解説していきます。

目次
はじめに―「富士遊覧」とはどんな出来事だったのか
「富士遊覧」はなぜ行われたのか
関わった人物
「富士遊覧」の内容と結果
その後
まとめ

「富士遊覧」はなぜ行われたのか

念願叶って、武田氏を滅亡させることができた信長。戦国最強と名高い武田氏の存在は、信長や家康にとって、最大の脅威だったと言えるでしょう。特に、家康は勢力拡大をかけて、最前線で武田氏と戦い続けていました。そんな家康を労うため、信長は駿河国を家康に与えたのです。

家康は、甲斐国と信長に与えられた駿河国を結ぶ街道に橋をかけたり、宿泊所や休憩所を設置するなど、大規模な整備にあたりました。そして、信長がこの街道を通って、甲斐国から駿河国に向かうということを受け、家康は信長を手厚くもてなすことになったのです。

関わった人物

では、「富士遊覧」に関わった主な人物について、紹介します。

織田信長

織田信長

尾張国(現在の愛知県)出身の戦国大名。念願の武田討伐を果たし、意気揚々と安土城へ凱旋した。

徳川家康

徳川家康

岡崎城主・松平広忠の子として生まれ、幼少期を織田氏・今川氏の人質として過ごす。信長の凱旋旅行に同行し、彼をもてなすために全力を尽くした。

「富士遊覧」の内容と結果。次ページに続きます

1 2

 


サライ公式通販人気ランキング


関連記事

ランキング

サライ最新号
2024年
3月号

サライ最新号

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

小学館百貨店Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

花人日和(かじんびより)

和田秀樹 最新刊

75歳からの生き方ノート

おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店
おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店