自宅で過ごす時間が増え、その時間を有効に使って趣味と実益を兼ねて英語を学びたいと思っている人が多いのではないでしょうか。しかし、実際に学習を始めても、本当に使える英語が身につくという実感はなかなか得られないものです。
自身も全く英語ができなかったところから、様々な気づきを得て英会話講師となった『have do getで英語は9割伝わります!』の著者・ジュリアーノ熊代先生はこう言います。「日本人は世界一英語に向いているし、英語は必ず話せるように なります」。今までの英語学習の常識を覆すメソッドで、使える英語が身につく方法をお伝えしていきます。

【登場人物】

ジュリアーノ先生(本文中:先生)
英会話講師。ブラジルと日本のハーフ。見た目は完全に外国人だが、生まれも育ちも純日本で、英語はもともと全く話せなかった。赤点レベルの英語力で、17歳で単身10か月の米留学へ。絶望的に通じない日々に挫折を味わうが、あの手この手で伝わる英会話を模索。 帰国後、英検1級を取得し1000人以上の生徒に直接教える中で独自メソッド「ヤマトイングリッシュ」を確立。

ゆかりさん(本文中:Y)
海外旅行好きの34歳会社員。様々な英語学習法を試し、英会話学校に2回通うも、単語を並べるカタコトの状態から上達せずに、ちょっぴりやさぐれ中。

【Lesson7】相づちには3つの種類がある

先生:過去形はちゃんと覚えていただけましたか ?

Y:はい。けっこう疲れました……。

先生:新しい文法を学ぶと疲れますよね。でも大丈夫、ここでは文法はやりませんよ。

Y:良かったです!  新しい文法はしばらく勘弁って感じです。

先生:では知っている表現を活かして、相づちをうてるようにしましょう。今回は新しい単語は1つも学びませんよ。

Y:相づちってなんかこう、うなずくだけじゃダメなんですか ?

先生:できれば言葉にしたいですね。相づちは「あなたのお話聞いてますよ、 理解してますよ」というサインなので、会話が円滑になります。相手も自分の話にリアクションを返してくれますよ。 まだまだ自信をもって英語を話せない状態かもしれませんが、相手が自分の言葉にタイミングよく「Yeah.」や「That’s nice!」と返してく れると、緊張せず安心して話せますよね。

Y:了解です!  今日は気分がいいです。妙な理屈で言いくるめられてる感じがないので、素直にやってみようと思えます。

先生:妙な理屈?? まぁいいや。
相づちには大きく分けて 3 種類あります。「ポジティブ」、「ニュートラル(中間)」、「ネガティブ」です。それぞれ見ていきましょう。

1.ポジティブな相づち

3 つの中で最も簡単です。相手のエピソードが悪い話でない時は、いい感じの言葉をタイミングよく言うだけです。以下のように、いくらでもあります。

good(いいね)

great(すごい)

amazing(すっごい!)

excellent(素晴らしい)

superb(見事だ)

wonderful(素敵)

余裕が出てきたら、頭に That’sをつけてみましょう。

That’s good. いいね。

That’s nice. いいですね。

That’s cool. いい感じじゃん。

2.ニュートラルな相づち

良い、悪いの感想がなく、ただ「お話を聞いてますよ」というサインの場合は、以下のような表現を使います。

Ok.(うん。)

Yeah.(それで?)

I see.(なるほどね。)

I understand.(わかります。)

3.ネガティブな相づち

ハッピーでない話のへリアクションには、あまりバリエーションがありません。今回紹介するのは2つだけです。

That’s too bad.(残念に思います。)

I’m sorry to hear that.(お気の毒に思います。)

I’m sorryは「ごめんなさい」の他、以下のように、同情を示す時にも使います。文脈上、謝罪の意味にはとられないので、自信を持って使いましょう。

相手 I lost my job.(クビになっちゃったの。)

あなた I’m sorry to hear that.(そうでしたか……。)

✴︎ ✴︎ ✴︎

英語で話そうとすると、伝えたい内容を英語で話すことばかりに気がいきがちですが、コミュニケーションは相手があってこそ。相づちを交えることで、前向きに会話をしようとしてしていることが伝わり、たとえ拙い英語でも、不安にならずに話すことができますね。相づち表現を覚えて積極的に会話で使っていきましょう。

『have do getで英語は9割伝わります!』
世界文化社
定価1650円

Amazonで商品詳細を見る

楽天市場で商品詳細を見る

ジュリアーノ熊代
英会話講師。ヤマトイングリッシュ代表。日本人の父とブラジル人の母をもつハーフ。見た目は完全に外国人だが、生まれも育ちも純日本(東京都日野市生まれ、和歌山県育ち)。そのため、もともと英語はまったく話せなかった。赤点レベルの英語力で、17 歳で単身 10 か月の米留学へ。絶望的に通じない日々に挫折を味わうが、あの手この手で伝わる英会話を模索。 帰国後 、英検1級 、TESOL( 英語教授法 )の 課 程を修了し、1000人以上の生徒に英会話を直接教える中で独自のメソッド「ヤマトイングリッシュ」を確立 。 特技は空手(三段)と居合道(二段)。趣味はプラモデル製作。2020セミナーコンテスト東京大会優勝 、全国大会3位 。NHKや日本テレビなど 、 様々なメディアで翻訳や通訳、出演などで活躍中。

関連記事

ランキング

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

サライ最新号
2021年
12月号

サライ最新号

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

おすすめのサイト
dime
be-pal
スーツウーマン
mensbeauty
petomorrow
リアルキッチン&インテリア
大人の逸品
おすすめのサイト
dime
be-pal
スーツウーマン
mensbeauty
petomorrow
リアルキッチン&インテリア
大人の逸品