自宅で過ごす時間が増え、その時間を有効に使って趣味と実益を兼ねて英語を学びたいと思っている人が多いのではないでしょうか。しかし、実際に学習を始めても、本当に使える英語が身につくという実感はなかなか得られないものです。
自身も全く英語ができなかったところから、様々な気づきを得て英会話講師となった『have do getで英語は9割伝わります!』の著者・ジュリアーノ熊代先生はこう言います。「日本人は世界一英語に向いているし、英語は必ず話せるように なります」。今までの英語学習の常識を覆すメソッドで、使える英語が身につく方法をお伝えしていきます。


【登場人物】

ジュリアーノ先生(本文中:先生)
英会話講師。ブラジルと日本のハーフ。見た目は完全に外国人だが、生まれも育ちも純日本で、英語はもともと全く話せなかった。赤点レベルの英語力で、17歳で単身10か月の米留学へ。絶望的に通じない日々に挫折を味わうが、あの手この手で伝わる英会話を模索。 帰国後、英検1級を取得し1000人以上の生徒に直接教える中で独自メソッド「ヤマトイングリッシュ」を確立。

ゆかりさん(本文中:Y)
海外旅行好きの34歳会社員。様々な英語学習法を試し、英会話学校に2回通うも、単語を並べるカタコトの状態から上達せずに、ちょっぴりやさぐれ中。

【Lesson3】まずは日本語の動詞から英語にしよう

先生:英語は語順が命。まずは語順に慣れましょう。さて、ゆかりさん、英語を話す時は、いつもどうやって考えていますか ?

Y:うーん、言いたい内容の日本語に合わせて、単語やフレーズをフィーリングでつなげてます。

先生:それで伝わる場合もありますが、語順の感覚を磨くとフィーリングの状態から一気に上達しますよ。 ゆかりさんは今、日本語から英語にしていますよね。その時に、まずは 日本文末尾の動詞を探して、英語にしてみてください。私はこれを「動詞ファースト」と呼んでいます。

Y:末尾の動詞、ですか? 逆から作るってやりにくそう……。

先生:これは、日本語と英語の構造の違いを活かした方法です。例えば「今日は家族と新宿に行くんです」という文。日本語の順番のまま英語にすると「Today, my family Shinjuku go.」と、間違った語順になってしまいます。 そうではなく、日本文末尾の動詞から英語にしていきます。

Y:……動詞って何でしたっけ ?

先生:この文なら「行く」。「新しいシューズがほしい」なら「ほしい」。

Y:「ほしい」も動詞なんですか ?

先生:はい。「行く」より動詞っぽくない印象ですが、これもそうです。どちらも文末にありますよね。

Y:確かに。何となくわかりました。あ、「わかる」も動詞か。動詞はいつも、日本文の末尾にあるんですか ?

先生:はい、そうです。

Y:あれ、でも「ここは私の席ですよ」みたいな文には、動詞がありませんよね。

先生:その場合でも、この方法は使えますよ。動詞がなかったら、be 動詞というものを使います。
ここではまず、動詞があるパターンからいきましょう。
ちなみに 、しばらくは名詞の前の a や t h e ( 冠詞といいます )、三単現のSなどの細かい文法は、忘れて構いません。

Y:え、やったー!

先生:そういうのは、後から気にすれば十分です。今はとにかく、最低限正しい語順に慣れるのが第一優先です !

Y:はーい !

日本語と英語の構造のちがい

ここでは、英語と日本語の「構造のちがい」を理解しながら、文章の作り方を学んでいきます。
英語を話す上で理想の状態とは

日本語の構造=動詞は文末

日本語では、いつ、どこで、誰がといった様々な情報が最初にきて、全て「動詞」に集約します。つまり、「 動詞」で終わる形です。動詞で文章が終わりさえすれば、その前の情報の順番は自由度が高く、「主語=誰が」でなくても成立します。

英語の構造=動詞は主語の次

英語では、主語、動詞、目的語の順番がガチガチに決まっています。 語順が変わると簡単に意味が変わってしまうため、日本語のような自由度は全くありません。 英語では、余分な情報は、後ろに後ろにつけていくのが特徴です。

これ以外の語順では、通じなくなってしまいます。ここでも注目は動詞の位置。最初に主語、次に来るのは必ず動詞です。

✴︎ ✴︎ ✴︎

まずは、話したい内容を文章の「動詞」から英語に変換していく「動詞ファースト」で、「主語の次に動詞がくる」という語順感覚を磨いていくことで、英会話の基礎が身についていくのですね。みなさんもぜひ試してみてください!

『have do getで英語は9割伝わります!』
世界文化社
定価1650円

Amazonで商品詳細を見る

楽天市場で商品詳細を見る

ジュリアーノ熊代
英会話講師。ヤマトイングリッシュ代表。日本人の父とブラジル人の母をもつハーフ。見た目は完全に外国人だが、生まれも育ちも純日本(東京都日野市生まれ、和歌山県育ち)。そのため、もともと英語はまったく話せなかった。赤点レベルの英語力で、17 歳で単身 10 か月の米留学へ。絶望的に通じない日々に挫折を味わうが、あの手この手で伝わる英会話を模索。 帰国後 、英検1級 、TESOL( 英語教授法 )の 課 程を修了し、1000人以上の生徒に英会話を直接教える中で独自のメソッド「ヤマトイングリッシュ」を確立 。 特技は空手(三段)と居合道(二段)。趣味はプラモデル製作。2020セミナーコンテスト東京大会優勝 、全国大会3位 。NHKや日本テレビなど 、 様々なメディアで翻訳や通訳、出演などで活躍中。

関連記事

ランキング

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

サライ最新号
2021年
11月号

サライ最新号

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

おすすめのサイト
dime
be-pal
スーツウーマン
mensbeauty
petomorrow
リアルキッチン&インテリア
大人の逸品
おすすめのサイト
dime
be-pal
スーツウーマン
mensbeauty
petomorrow
リアルキッチン&インテリア
大人の逸品