スコアメークの鍵を握るアプローチでは、ボールをしっかりカップに寄せたいところ。しかし、力が入ってしまい、トップしたりダフってグリーン周りを往復…。なんてことはありませんか? 今回はアプローチについての紹介です。今一度、アプローチの種類やその優先順位を確認していきましょう。

この連載では、ゴルフに大切な要素を全12回で動画とともにお伝えしていきます。このレ ッスン動画は全国で132のゴルフ場と26の練習場を運営するアコーディア・ゴルフが全国 のゴルフスクールで使用しているテクニカルガイドを元にしています。「ゴルフの楽しさをひとりでも多くの方に…」それが、アコーディア・ゴルフの思いです。 アコーディア・ゴルフアカデミーは、コースでの練習を効果的に取り入れ、ゴルフ技術の向上だけでなく、ゴルフという素晴らしいスポーツの楽しみ方を伝えます。

アコーディア・ゴルフ所属 吉田悟
1980年5月19日生まれ茨城県出身。16歳からゴルフを始める。卒業後、年間アメ リカにゴルフ留学、帰国後研修生になる。29歳でプロテストに合格。取手桜が丘 ゴルフクラブ(茨城県)でレッスンを担当。

アプローチショット

アプローチショットとは、一般的にパッティンググリーン周辺からのショットのことをいいます。

アプローチには、主に「ランニングアプローチ」、「ピッチエンドラン」、「ピッチショット」があります。

アプローチは、パッティングの延長と考えましょう。

一般的に、カップまでに障害物がない場合、ボールを転がす「ランニングアプローチ」を選択。通常、6番・7番・8番アイアンを使用します。

ボールとカップの間に障害があり、ボールを転がせない時は、障害を避ける距離だけボールを浮かす、「ピッチエンドラン」を選択します。

さらに、カップ近くまでボールを浮かし、ボールを止めなければならない場合には、「ピッチショット」を選択しましょう。

ポイント

「ランニングアプローチ」と「ピッチエンドラン」は、基本的にパターと同じようにスイングします。喉元を支点にし、振り子をイメージしてストローク。

バックスイングとフォオロースルーは同じ大きさで、同じスピードでストロークします。

アプローチもまた、距離感が大切。スイングの大きさを変え、自分の距離感を覚えるようにしましょう。

「ピッチショット」はボールを止めるショットです。ボールを止めるには、ボールの回転数が必要になります。そのため、ある程度クラブヘッドのスピードが必要。30ヤード以上の距離を目安に選択するようにしましょう。

「ピッチショット」は、アイアンと同じようにスイングします。

***

いかがでしたか? 今回のポイントは、アプローチの優先順位です。まずは、ランニングアプローチが出来るかどうかを考えてください。次にピッチエンドラン、その次に、ピッチショットの順番に選択するようにしましょう。ゴルフ練習場では、ドライバーやアイアンなどの飛距離を気にしがちですよね。

コースでのラウンドの前には、アプローチの練習をして、ご自身の距離感を確認 
してみてはいかがでしょうか。

協力・動画提供/アコーディア・ゴルフ
http://www.accordiagolf.co.jp 
文/松田慶子(京都メディアライン)

関連記事

ランキング

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

サライ最新号
2021年
8月号

サライ最新号

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

おすすめのサイト
dime
be-pal
スーツウーマン
mensbeauty
petomorrow
リアルキッチン&インテリア
大人の逸品
おすすめのサイト
dime
be-pal
スーツウーマン
mensbeauty
petomorrow
リアルキッチン&インテリア
大人の逸品