ゴルフにおいて基本の動きは、スコアアップのために欠かせないポイントですね。今回は、初心者のうちに身に付けたいスイングについて解説します。振り子の原理と遠心力の応用しており、コツは肩の回転です。ぜひ動画をご覧になって、理解を深めていきましょう。

この連載では、ゴルフに大切な要素を全12回で動画とともにお伝えしていきます。このレッスン動画は、全国で132のゴルフ場と26の練習場を運営するアコーディア・ゴルフが全国のゴルフスクールで使用しているテクニカルガイドを元にしています。

「ゴルフの楽しさをひとりでも多くの方に…」それが、アコーディア・ゴルフの思いです。アコーディア・ゴルフアカデミーは、コースでの練習を効果的に取り入れ、ゴルフ技術の向上だけでなく、ゴルフという素晴らしいスポーツの楽しみ方を伝えます。

アコーディア・ゴルフ所属 吉田悟
1980年5月19日生まれ茨城県出身。16歳からゴルフを始める。卒業後、1年間アメリカにゴルフ留学、帰国後研修生になる。 29歳でPGAプロテストに合格。取手桜が丘ゴルフクラブ(茨城県)でレッスンを担当。

スイングに大事な3つの要素

今回は「スイングに大事な3つの要素」をご紹介しましょう。スイングは「振り子の原理」と「遠心力の応用」から生まれます。クラブを上げて、下ろす動きにタイミングよく力を加えて、加速します。

スイングにとって、大事な3つの要素があります。それは、「スイング軸」「スイングプレーン」「スイングアーク」です。ひとつずつ、解説していきます。

スイング軸

クラブを振るときの軸。一定の動きを繰り返すために、この中心となる軸が必要となります。安定したスイングをするために背骨を軸として、意識しましょう。

スイングプレーン

クラブヘッドが通る理想の平面のこと。首の付け根部分とボールを結んだ線上にできる平面に沿って、クラブヘッドを上げ下ろしします。そうすることで、飛球方向をコントロールし、再現性の高いショットを生みますよ。

スイングアーク

首の付け根部分とボールまでの距離を半径として描いたクラブヘッドの軌跡を、スイングアークと呼びます。このアークが大きければ大きいほど、強い遠心力に。それにより、ヘッドスピードが増して、ボールが遠くへ飛ぶようになります。飛距離をアップするためには、スイングアークを大きくすることを意識しましょう。

正確にヒットするためのコツ

スイング軸は、中心から右肩を引いて左肩を引くようなイメージで行うことがポイントです。

***

いかがでしたでしょうか? スイングに大事な3つの要素を身に付ければ、飛距離が増し、飛球方向のコントロールがしやすくなるでしょう。基本に立ち返って、ぜひ身に付けたいですね。

協力・動画提供/アコーディア・ゴルフ
http://www.accordiagolf.co.jp
文/京都メディアライン

関連記事

ランキング

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

サライ最新号
2021年
8月号

サライ最新号

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

おすすめのサイト
dime
be-pal
スーツウーマン
mensbeauty
petomorrow
リアルキッチン&インテリア
大人の逸品
おすすめのサイト
dime
be-pal
スーツウーマン
mensbeauty
petomorrow
リアルキッチン&インテリア
大人の逸品