今回は、「パッティング」についての解説です。スコアアップをするためには、決められるパットは確実に沈めたいですよね。もうミスパットで悔しい思いをしないためにも「パッティング」の基本をおさらいしていきましょう。

この連載では、ゴルフに大切な要素を全 12 回で動画とともにお伝えしていきます。このレ ッスン動画は全国で 132 のゴルフ場と 26 の練習場を運営するアコーディア・ゴルフが全国のゴルフスクールで使用しているテクニカルガイドを元にしています。「ゴルフの楽しさをひとりでも多くの方に…」それが、アコーディア・ゴルフの思いです。アコーディア・ゴルフアカデミーは、コースでの練習を効果的に取り入れ、ゴルフ技術の向 上だけでなく、ゴルフという素晴らしいスポーツの楽しみ方を伝えます。

アコーディア・ゴルフ所属 吉田悟
1980年5月19日生まれ茨城県出身。16歳からゴルフを始める。卒業後、年間アメ リカにゴルフ留学、帰国後研修生になる。29歳でプロテストに合格。取手桜が丘ゴルフクラブ(茨城県)でレッスンを担当。

パッティングとは?

パッティングは、芝の読み方やタッチの強弱、決断力などの総合的な判断力が求められ、正確なコントロールが要求されるショットです。

パッティングのポイント

パターにおけるアドレス・グリップ・ストロークの基本をみていきましょう。

▷アドレス

スタンス幅は肩幅で、股関節を軸に前傾します。

▷グリップ

グリップは、クラブフェイスの面が変わりにくい握り方であれば、どんな形でもOK。

オーソドックスな握り方は、「逆オーバーラッピング」。通常の「オーバーラッピング」の握り方と、右手の小指と左手の人差し指の位置が入れ替わります。

「逆オーバーラッピング」は、左手が固定され、フェース面を維持しやすいのが特徴です。

▷ストローク

喉もとを支点にし、振り子をイメージしてストロークします。

バックスイングとフォロースルーは同じ大きさで、同じスピードでストロークします。

パッティングは距離感が大切。スイングの大きさを変え、自分の距離感を覚えるようにしましょう。

パターの打ち方

1:まず、ボールからカップの距離を歩測します。

2:様々な角度から傾斜を読みます。

3:ボール後方に立ち、歩測した距離からスイングの大きさとスピードをイメージして素振りをします。

4:カップまで傾斜がある場合、その度合いを計算する必要があります。その時は、傾斜の度合いによって、放物線の頂点をターゲットにします。

5:このターゲットとなるスパットに向かって、フェースを直角に合わせ、傾斜に沿ってストロークします。

いかがでしたか? パッティングは、一番神経を使うショット。落ち着いてスイングに入ることが大切です。フェース面を真っ直ぐ出していくために、左手の甲をターゲット方向に出すようにしてみてくださいね。

協力・動画提供/アコーディア・ゴルフ
http://www.accordiagolf.co.jp 
文/松田慶子(京都メディアライン)

関連記事

ランキング

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

サライ最新号
2021年
11月号

サライ最新号

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

おすすめのサイト
dime
be-pal
スーツウーマン
mensbeauty
petomorrow
リアルキッチン&インテリア
大人の逸品
おすすめのサイト
dime
be-pal
スーツウーマン
mensbeauty
petomorrow
リアルキッチン&インテリア
大人の逸品