今回は「ドライバースイング」について解説していきます。 ドライバーはボールをより遠くへ飛ばす目的で、最も醍醐味のあるクラブです。ぜひ動画をご覧になって、理解を深めていきましょう。

この連載では、ゴルフに大切な要素を全12回で動画とともにお伝えしていきます。このレッスン動画は、全国で132のゴルフ場と26の練習場を運営するアコーディア・ゴルフが全国のゴルフスクールで使用しているテクニカルガイドを元にしています。

「ゴルフの楽しさをひとりでも多くの方に…」それが、アコーディア・ゴルフの思いです。アコーディア・ゴルフアカデミーは、コースでの練習を効果的に取り入れ、ゴルフ技術の向上だけでなく、ゴルフという素晴らしいスポーツの楽しみ方を伝えます。

アコーディア・ゴルフ所属 吉田悟
1980年5月19日生まれ茨城県出身。16歳からゴルフを始める。卒業後、1年間アメリカにゴルフ留学、帰国後研修生になる。 29歳でPGAプロテストに合格。取手桜が丘ゴルフクラブ(茨城県)でレッスンを担当。

ポイント

ドライバーを打つ際のポイントをみていきましょう。

スタンス幅は肩幅より右足の幅一つ分広くした幅を基準 とします。

ドライバーはロフト角度が少ないので、ボールが上がりにくく、そのため、ティーアップを使用します。

ボールポジションは左足内側の線にボールの左端が触る位置に置きます

ドライバーは、ティーアップしているため、クラブヘッドが最下点を通過して上昇する途中でボールを捉える、アッパーブローのスイングになります。

ドライバーの打ち方

1:ボール後方に立ち、目標を確認します

2:クラブを右手に持ち、目標線に対してシャフトを直角に合わせます。ドライバーのフェースの向きは、クラブによって異なるため必ずフェース面ではなく、シャフトを目標線に合わせるようにしましょう。

3:グリップエンドを体の中心に合わせ、ボールの左側に左足内側の線が触れるように左足を置きます。

4:左手だけでグリップし上体を起こして、グリップと体の距離を一定にします。

5:右肩が出ないように気を付けて、右手をグリップ 。

6:最後にワッグルをしてリラックス。

***

いかがでしたでしょうか? ドライバーは唯一、練習場と同じ平らな場所で打つことができるクラブです。コースではリズムとテンポに気をつけて、スイングしましょう!

協力・動画提供/アコーディア・ゴルフ
http://www.accordiagolf.co.jp
文/京都メディアライン

関連記事

ランキング

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

サライ最新号
2021年
11月号

サライ最新号

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

おすすめのサイト
dime
be-pal
スーツウーマン
mensbeauty
petomorrow
リアルキッチン&インテリア
大人の逸品
おすすめのサイト
dime
be-pal
スーツウーマン
mensbeauty
petomorrow
リアルキッチン&インテリア
大人の逸品