ゴルフを始めたとき、どのように練習されていましたか? 上手な人を見本にしたり、本を読んだ方もいるかもしれません。しかし、多くは自己流で練習されていたのではないでしょうか。もし、今スコアが伸び悩んでいるようでしたら、初心に戻って、動画をご覧になってみてはいかがでしょうか?

この連載では、ゴルフに大切な要素を全12回で動画とともにお伝えしていきます。このレッスン動画は、全国で132のゴルフ場と26の練習場を運営するアコーディア・ゴルフが全国のゴルフスクールで使用しているテクニカルガイドを元にしています。

「ゴルフの楽しさをひとりでも多くの方に…」それが、アコーディア・ゴルフの思いです。アコーディア・ゴルフアカデミーは、コースでの練習を効果的に取り入れ、ゴルフ技術の向上だけでなく、ゴルフという素晴らしいスポーツの楽しみ方を伝えます。

アコーディア・ゴルフ所属 吉田悟
1980年5月19日生まれ茨城県出身。16歳からゴルフを始める。卒業後、1年間アメリカにゴルフ留学、帰国後研修生になる。 29歳でPGAプロテストに合格。取手桜が丘ゴルフクラブ(茨城県)でレッスンを担当。

ポスチャーとボールポジションの基本

ポスチャー

飛距離と方向のコントロールをする重要な要素となる、アドレス。そのアドレスの3つ目となるのが、ポスチャーです。ポスチャーとは姿勢のことで、リラックスしたバランスの良い姿勢こそがスムーズなスイングをする鍵となります。

リラックスした姿勢を保つために重要なのがスタンス幅、最も自然体を保てるスタンス幅は、肩幅とされています。パターからフェアウェイウッドは肩幅が基準となり、ドライバーは肩幅より右足幅分広くした幅を基準とします。

もうひとつバランスを保つために重要なのが前傾姿勢です。前傾姿勢は、クラブの長さ、体型によって変わります。

前傾姿勢の基本は、まず、肩の高さで手首をコックし、クラブを握ります。手首と肘を伸ばし、クラブヘッドを倒し、そこからノーコックを保ったまま、腕とクラブを胸の下まで下ろします。

これ以上、下りなくなったグリップの位置が、グリップと体の距離となりますので、この距離を変えずに、股関節から前傾、クラブヘッドを地面につけます。そして、膝を親指のほうに少し曲げ、膝の後ろの突っ張りをゆるめます。前傾角度の目安は、ドライバーで30度、サンドウェッジで45度です。

ボールポジション

足幅の真ん中から左足内側までの間におくことが基本です。

ドライバー、フェアウェイウッド、ショートアイアン等、クラブが長くなるにつれて左へ移動します。

アドレスの基本

グリップ、アライメント、ポスチャー、ボールポジションがアドレスの基本となります。

ラウンド中にボールと体との距離がどうしても崩れてしまうので、胸の上にしっかり乗せた状態から、前傾姿勢にしっかりボールと体の距離を測るようにしてください。

***

いかがでしたでしょうか? 基本の姿勢やボールポジションを見直すことで、スコアアップにつながるかもしれませんね。フォームに迷いがある時は、一度初心に立ち返ってみるのもいいかもしれませんよ。

協力・動画提供/アコーディア・ゴルフ
http://www.accordiagolf.co.jp
文/京都メディアライン

関連記事

ランキング

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

サライ最新号
2021年
11月号

サライ最新号

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

おすすめのサイト
dime
be-pal
スーツウーマン
mensbeauty
petomorrow
リアルキッチン&インテリア
大人の逸品
おすすめのサイト
dime
be-pal
スーツウーマン
mensbeauty
petomorrow
リアルキッチン&インテリア
大人の逸品