ゴルフにおいて目標に掲げられる、「100切り」。今回は、スイングの8つのチェックポイントについて解説します。今回の記事では、アドレスからフィニッシュまで解説していますので、ぜひ動画をご覧になって、理解を深めていきましょう。

この連載では、ゴルフに大切な要素を全12回で動画とともにお伝えしていきます。このレッスン動画は、全国で132のゴルフ場と26の練習場を運営するアコーディア・ゴルフが全国のゴルフスクールで使用しているテクニカルガイドを元にしています。

「ゴルフの楽しさをひとりでも多くの方に…」それが、アコーディア・ゴルフの思いです。アコーディア・ゴルフアカデミーは、コースでの練習を効果的に取り入れ、ゴルフ技術の向上だけでなく、ゴルフという素晴らしいスポーツの楽しみ方を伝えます。

アコーディア・ゴルフ所属 吉田悟
1980年5月19日生まれ茨城県出身。16歳からゴルフを始める。卒業後、1年間アメリカにゴルフ留学、帰国後研修生になる。 29歳でPGAプロテストに合格。取手桜が丘ゴルフクラブ(茨城県)でレッスンを担当。

スイングの8つのチェックポイント

8つのチェックポイントを、ひとつずつみていきましょう。

1.アドレス

アドレスの基本を押さえ、ターゲット方向に正しく構えます、アドレスの基本については、 アドレスの基本編と姿勢編の動画もぜひ参考になさってくださいね。

こちらの記事もチェック:アドレスの基本(グリップとアライメント)
こちらの記事もチェック:アドレスの基本(ポスチャー・ボールポジション)

2.テイクバック

テイクバックとは、グリップが右脚太ももの外側あたりまでの動きのこと。左脚に意識を持ち、手首や肘の角度を変えないように、スムーズに右脚太もも上まで引きましょう。

3.バックスイング

グリップが右足太ももの上にきたところから、右肘を曲げながらコックを始め、肩の高さまでボールを打つ体勢を作ります。

4.トップオブスイング

肩の高さまでコックを変えず、シャフトが地面と平行になるところまで上げます。シャフトと左腕の角度が90度以上になると、クラブヘッドが戻りにくくなります。頭の位置は出来るだけ、アドレスの位置と変わらないようにしましょう。

5.ダウンスイング

ダウンスイングとは、バックスイングでクラブヘッドが通ったところを元に戻す動きのこと。右肘を絞るとヘッドが下がり、インサイドから入るようになります。

6.インパクト

ドライバーはヘッドがグリップを通りすぎてから、ヒットするイメージでスイングします。グリップがボールの位置より前に出ないよう、ボールをヒットしましょう。アイアンは、ヘッドがグリップを追い抜かないように、ボールをヒットします。

7.フォロースルー

グリップが左肩の高さにきた時に、右腕とシャフトの角度を90度にします。

8.フィニッシュ

左足でバランス良く立ちます。

***

いかがでしたでしょうか? 8つのチェックポイントを、正しく正確に通ることで理想的なスイングに近づけることができます。トップオブスイングからダウンスイングにかけて、手首を90度に保つことが重要ですよ! ぜひ、チェックポイントを確認して、理想的なスイングを身に付け、「100切り」を達成してください。

協力・動画提供/アコーディア・ゴルフ
http://www.accordiagolf.co.jp
文/京都メディアライン

関連記事

ランキング

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

サライ最新号
2021年
6月号

サライ最新号

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

おすすめのサイト
dime
be-pal
スーツウーマン
mensbeauty
petomorrow
リアルキッチン&インテリア
大人の逸品
おすすめのサイト
dime
be-pal
スーツウーマン
mensbeauty
petomorrow
リアルキッチン&インテリア
大人の逸品