帰蝶を道三に見たてて相談する光秀

I:その帰蝶さんと光秀が今井宗久(演・陣内孝則)の館で対峙します。〈道三様ならこれをどうお考えになるのかと〉。

A:光秀と帰蝶さんの間合いが絶妙の本当にいいシーンでした。〈道三様なら、どうなされましょう〉〈毒を盛る。信長様に〉のやり取りは名場面でした。〈毒を盛る~〉のくだりは、前話終了後の予告編で流され、〈まさかの帰蝶黒幕説!?〉などとざわつきましたが、今から思うと予告編で出さない方がインパクトあったのではと思っちゃいました。

I:まあ、いろいろ事情があるのでしょう。私は、織田家に嫁げと命じた父道三と〈そうしろ〉と勧めた光秀を恨んだというくだりが心に響きました。〈行くなといって欲しかった〉という台詞が切なくて……。

A:本来なら〈ここまで共に戦うてきたお方……〉という台詞通り、信長と帰蝶さんは同志として手を携えてやってきた。ところが劇中では描かれなかったある時に、帰蝶さんの心が信長から離れてしまったのでしょう。〈今の信長さまを作ったのは父上であり、そなたなのじゃ〉〈万(よろず)、作ったものがその始末を成すほかあるまい。違うか?〉ですよ。

I:道三の名を借りて、明らかに「信長討つべし」と伝えていますよね。信長は帰蝶さんに何をしたんでしょうか?帰蝶さんは信長のことを愛していて、その上でああいう台詞ですから、うっすら涙を浮かべていましたね。

A:しかし、川口春奈さん貫禄つきましたね。時代劇でいっそう映える感じがしますし、『極道の妻たち』みたいなもので主演を張ってほしくなりますね。

本願寺戦勝利、佐久間信盛追放、武田家滅亡

光秀の盟友にして今は親戚でもある細川藤孝(演・眞島秀和)が、感情の高ぶる光秀を宥める。

I:ところで今週は本願寺との戦に勝利し、佐久間信盛(演・金子ノブアキ)を追放し、なんと武田家滅亡までもが一気に描かれました。

A:凄かったですね(笑)。石橋蓮司さんが演じた老練な三条西実澄なんか、その死が台詞で語られました。もはや全ての視線が本能寺に集中している感があります。

I:そうした中で、秀吉(演・佐々木蔵之介)と細川藤孝(演・眞島秀和)の怪しい動きも出てきました。次回は最終回という中での動きです。

A:なんか怪しかったですよね。ひそひそ話なんかして。そのほか、安土城での家康饗応など、見どころ満載の回でした。家康饗応については、後編でお話したいと思います。来週はいったいどうなるんでしょうか?

I:光秀は、本能寺までたどり着けるんでしょうか?

次週ついに本能寺! 森蘭丸の「無礼であろう!」が浮き彫りにした光秀、秀吉の危機。【麒麟がくる 満喫リポート】 後編に続きます。

●ライターI 月刊『サライ』ライター。2020年2月号の明智光秀特集の取材を担当。猫が好き。
●編集者A 月刊『サライ』編集者。歴史作家・安部龍太郎氏の「半島をゆく」を担当。初めて通しで視聴した大河ドラマは『草燃える』(79年)。NHKオンデマンドで過去の大河ドラマを夜中に視聴するのが楽しみ。 編集を担当した『明智光秀伝 本能寺の変に至る派閥力学』(藤田達生著)も好評発売中。

構成/『サライ』歴史班 一乗谷かおり

1 2

関連記事

ランキング

サライ最新号
2022年
6月号

サライ最新号

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

おすすめのサイト
dime
be-pal
スーツウーマン
mensbeauty
petomorrow
リアルキッチン&インテリア
大人の逸品
おすすめのサイト
dime
be-pal
スーツウーマン
mensbeauty
petomorrow
リアルキッチン&インテリア
大人の逸品