前回紹介の「ブルーノート・レコードのシングル盤」の続きです。詳細にデータを整理してみました。

ここでは「ブルーノートのシングルの時代」として、1955年リリースの1626番から1972年の1983番までの、連番がついたシングル盤を見ていきます。番号の上では全部で358枚になりますが、このうち使われなかった番号が4枚分あり、付番され収録曲も決まっていながらリリースされなかった盤が27枚あります。ということで、実際発売されたのは327枚ということになります。

さて、その327枚中、誰のシングルがいちばん多かったでしょうか。このランクが「売り上げに貢献した順」=「ブルーノート・レコードを経済的に支えた順」といえるでしょう。ブルーノートのシングル盤は、ほとんどがA面とB面が同じアーティスト名義ですが、わずかにA面B面で別のものもありますので、ここではA面だけを見ていきます。

ちなみに、一般にシングル盤はA面B面各1曲収録ですが、ブルーノートに限らずジャズは演奏時間が長いので、アルバムの音源を使用する場合は短くエディット(テープのつぎはぎですね)されていることがほとんどです。またエディットせずに「Part 1, 2」に分けてA面からB面に繋げているものもあります。

……結果です。

第1位:ジミー・スミス(オルガン) 40枚
第2位:ホレス・シルヴァー(ピアノ) 31枚
第3位:ルー・ドナルドソン(アルト・サックス) 27枚
第4位:ザ・スリー・サウンズ(ピアノ・トリオ) 25枚
第5位:スタンリー・タレンタイン(テナー・サックス) 14枚

なお、アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズは12枚、ザ・ジャズ・メッセンジャーズ名義(メンバーにはホレス・シルヴァー含む)が2枚、アート・ブレイキー単独と共作名義は7枚あるので、それらを入れればアート・ブレイキー(ドラムス)が第5位ともいえます。


スタンリー・タレンタイン・ウィズ・ザ・スリー・サウンズ『ジー・ベイビー・エイント・アイ・グッド・トゥ・ユー/ブルー・リフ』(ブルーノート/シングル盤)
演奏:スタンリー・タレンタイン(テナー・サックス)、ザ・スリー・サウンズ[ジーン・ハリス(ピアノ)、アンドリュー・シンプキンス(ベース)、ビル・ダウディ(ドラムス)]
録音:1960年12月16日
タレンタインとザ・スリー・サウンズは共同名義のアルバム『ブルー・アワー』をリリースし、そこからこのシングルが作られた(ランキングにはカウントしていない)。「シングルの人気者」同士の組み合わせからして、これは強力に「売れる」見込みだったのではないだろうか。実際は、目論見は外れたようだが。

ジミー・スミスはアルバムも膨大な枚数をリリースしていますので、第1位は予想通り、という感じですよね。それにしても割合からして10枚に1枚以上がスミスのシングルというのはすごい。しかし、2位以下はかなり意外な結果だったのではないでしょうか。とくに第4位のザ・スリー・サウンズ、第5位のタレンタインは、日本での人気の度合いからはなかなか想像ができません。ほかにも上位には同様のアーティストが並び、例えばアイク・ケベック(テナー・サックス)が11枚(しかも未発売が6枚あり)、グラント・グリーン(ギター)が8枚、ベニー・グリーン(トロンボーン)が6枚もあります。ブルノートに長く在籍した看板スターのひとりであるリー・モーガン(トランペット)が7枚ですので、それらから比べても当時のシングル盤レコードは、アルバムとは別の観点から人選・発売されていたと想像できます(モーガンは72年2月没)。


ジョン・コルレーン、ソニー・クラーク/ソニー・クラーク・トリオ『スピーク・ロウ/ソフトリー・アズ・イン・ア・モーニング・サンライズ』(ブルーノート/シングル盤)
録音:A面 1957年9月1日/B面 1957年10月13日
A面はコルトレーンとクラークの共同名義になっているが、この曲はクラーク単独名義のアルバム『ソニーズ・クリブ』からの1曲。コルトレーン人気にあやかったものか。B面はソニー・クラーク・トリオ名義。ちなみにソニー・クラークのシングルはこのほかに5枚ある。

シングル盤は、アルバムのように多くの中古盤の流通はなく、CDでもその音源はなかなか聴けませんが、そこにはアルバムとは違う「ジャズの歴史」「レーベルの歴史」があるのです。

(参考資料:jazz Discography Project [www.jazzdisco.org/]

文/池上信次
フリーランス編集者・ライター。専門はジャズ。ライターとしては、電子書籍『プレイリスト・ウィズ・ライナーノーツ「絶対名曲」』をシリーズ刊行中。(小学館スクウェア/https://shogakukan-square.jp/studio/jazz/)。編集者としては『後藤雅洋著/一生モノのジャズ・ヴォーカル名盤500』(小学館新書)、『小川隆夫著/ジャズ超名盤研究 3』、『村井康司著/ページをめくるとジャズが聞こえる』(ともにシンコーミュージックエンタテイメント)などを手がける。また、鎌倉エフエムのジャズ番組「世界はジャズを求めてる」で、月1回パーソナリティを務めている。

関連記事

ランキング

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

サライ最新号
2021年
7月号

サライ最新号

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

おすすめのサイト
dime
be-pal
スーツウーマン
mensbeauty
petomorrow
リアルキッチン&インテリア
大人の逸品
おすすめのサイト
dime
be-pal
スーツウーマン
mensbeauty
petomorrow
リアルキッチン&インテリア
大人の逸品