サライ.jp

『麒麟がくる』では、一ノ瀬颯が都に入ることなく他界した第14第将軍足利義栄を演じた。

室町幕府第13代将軍足利義輝殺害後、足利義栄と足利義昭が将軍位を争った。三好一党に推された義栄と織田信長に擁された義昭。従兄弟同士の争いは、義栄が第14代将軍に先んじたものの、上洛を果たさぬまま急逝してしまい、第15代将軍に義昭が就任することになる。このうち足利将軍家の血脈を現在までつなげたのが、義栄の弟義助の〈平島公方家〉の系統である。

かつて歴史ファンを虜にし、全盛期には10万部を超える発行部数を誇った『歴史読本』(2015年休刊)の元編集者で、歴史書籍編集プロダクション「三猿舎」代表を務める安田清人氏が平島公方家についてリポートする。

* * *

室町時代の後半、足利将軍は京の都に安住することができず、政治抗争の果てにしばしば洛外や他国に避難した。そして誰が次期将軍になるかは、将軍家を取り巻く実力者たちの思惑によって左右され、兄弟や従兄妹など、一族のなかから選ばれた人物が入れ替わりのように将軍の座についた。

その結果、将軍継承は「親→子」という単純なものではなく、非常に複雑になってしまった。ここでは細かな経緯をできるだけ省き、将軍位がどのように推移したのかを追い、その結果誕生した「平島公方」と呼ばれる特殊な存在について触れてみたい。

室町幕府の第11代将軍・足利義澄は、前将軍の足利義稙との将軍位争いのなかで亡くなり、義稙が将軍の座に返り咲いた。しかし、その義稙も管領の細川高国と対立して、京を追われてしまう。義稙はその3年後、逃亡先の阿波(徳島県)で死去する。

足利義澄には二人の息子がいた。足利義晴とその弟(兄との説も)の義維(よしつな)だ。義維は、阿波の守護でもある細川之持のもとに引き取られ、京から遠く離れた四国で養育されていたため、第12代将軍には義晴が就任した。

ところがこの義晴政権の安定も、長くは続かなかった。管領の細川高国と対立した同族の細川晴元が、阿波にいた義維を擁立して義晴・高国政権に挑戦したのだ。まさに、将軍の座をめぐる、兄弟の争いだ。

戦いに敗れた将軍義晴は、近江(滋賀県)へと逃亡。義維は勝利したものの、戦火がくすぶる京には入らず、堺の地にとどまり、政治をコントロールしようと図った。そのため将軍に就くことはなかったが、次期将軍と目されていたことから堺公方と呼ばれるようになる。

つまりこの時期、京には将軍が不在で、近江に逃亡した義晴と、堺にとどまる義維とが、京を挟んでにらみ合う構図になったわけだ。

足利将軍家の血脈を伝える〈平島公方家〉

やがて、堺公方である義維の政権も内部対立で崩壊し、義維は阿波の平島に引き上げてしまう。そのため、のちにこの義維の血筋を平島公方、もしくは阿波公方とも呼ぶようになる。

一方、近江の義晴も、京に戻っては近江に逃げるという不安定な移動を繰り返し、息子義輝に将軍位を譲る。義輝は、細川家の家臣で実力者にのし上がった三好長慶と対立し、父義晴の死後も近江と京の往復を繰り返すことになる。

そして、三好三人衆や松永久通(久秀の息子)の手によって、義輝は殺害されてしまう(永禄の変)。

さて、次の将軍はどうする。

将軍義輝の側近である三淵晴英や細川藤孝、一色藤長らは、義輝の弟の覚慶(足利義昭)を擁立しようとするが、三好三人衆は、自分たちと関係の深い元堺公方の足利義維に目を付けた。しかし、義維は病気持ちだったため、その嫡男の義栄を引っ張り出すことにした。

ライバルの義昭がなかなか上洛できない間隙をぬって、義栄はいち早く阿波から海を渡り、摂津(大阪府)の富田で第14代将軍の座についたものの京に入らなかった。その理由は、義栄を引っ張り出してきた三好三人衆と、松永久秀との対立が激しく、これを避けるためだったとも、義栄の背中に腫物ができて、健康状態に不安があったからともいわれる。

やがて、義昭は織田信長という実力者の後ろ盾を得て上洛をはかる。

織田信長の武力の前に、三好三人衆はあっけなく蹴散らされて阿波に逃亡。将軍の義栄も逃亡の途中、病気が悪化して死んでしまう。どこで亡くなったのかも定かではない、寂しい最期だった。

堺公方義維の息子で、平島公方と呼ばれた義栄は、幕府の14代将軍の座をつかみながらも、その座を追われてしまったのだ。

この義栄には、義助という弟がいた。足利義助は兄の跡を継いで平島に館を置き、その後は足利将軍家をめぐる抗争には近づかず、四国の地方豪族として生き残った。この義助を祖とする一族が、平島足利家と呼ばれた。

秀吉政権時代、平島足利家のいる阿波には蜂須賀家が入封し、以後、明治維新まで阿波の大名として君臨した。蜂須賀家は、平島足利家の当主に「足利」を名乗ることを禁じ、平島の名字を使わせた。足利家というすこぶるつきの「名門」が家中にいるのは、領主である蜂須賀家の権威を損なうと考えたのだろう。

しかし、蜂須賀家も平島家を家臣ではなく、あくまでも「客分」として扱い、所領を保障するなど、それなりに尊重する態度を取り続けた。地元の人々も、平島家の「高貴」な血筋を尊重し、「公方様」と呼んでいたという。

ところが、江戸時代も後期の文化2年(1805)、平島家当主の義根は、蜂須賀の殿様に待遇改善要求を拒否されたのをきっかけに、阿波を離れて京に移り住み、足利姓に戻した。蜂須賀家と断絶したため、阿波時代に得ていた収入は途絶えてしまう。

しかし、紀伊徳川家や京の足利家ゆかりの寺社などの経済的支援を受け、なんとか名門として体裁を保ち続けた。徳川将軍家の直臣になるという要望は、ついに採用されることはなかったが、「足利将軍家の末裔」として近代を迎えた。

明治維新後は、足利家の末裔であることをアピールして、華族に列せられるように運動をしたが、却下されて受爵に失敗。さらに阿波徳島藩から脱藩して京に来たという経緯があるため、士族になることもできず平民となり、農業に従事するようになった。

現在、室町幕府将軍家とゆかりのある市町村、寺社などでつくる「全国足利氏ゆかりの会」というグループが活動しているが、平島足利家当主の足利義弘さんはその特別顧問を務め、昨年(2019年)10月に栃木県足利市で開かれた総会にも、85歳の高齢ながら出席をしている。

安田清人/1968年、福島県生まれ。明治大学文学部史学地理学科で日本中世史を専攻。月刊『歴史読本』(新人物往来社)などの編集に携わり、現在は「三猿舎」代表。歴史関連編集・執筆・監修などを手掛けている。

関連記事

ランキング

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

サライ最新号
2020年
12月号

サライ最新号

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア