新着記事

松浦武四郎~「北海道」の名づけ親【にっぽん歴史夜話19】

松浦武四郎~「北海道」の名づけ親【にっぽん歴史夜話19】

前列中央から時計回りに、ご飯、野蕗のきゃらぶき、煎り豆腐(人参)、鶏そぼろ、漬物(胡瓜と人参の糠漬け・壬生菜・刻み沢庵)、焼き海苔、ごんげん蒸し、大根おろし(葱・鰹節・胡麻)、納豆(葱)、絹さやの浸し(鰹節)、味噌汁(豆腐・若布・葱)、中央右は焼き鮭、左は蒲鉾と山葵漬け。今朝は小鉢に盛っているが、常備菜のきゃらぶきや煎り豆腐、鶏そぼろ、加えてごんげん蒸しなどは大皿で登場し、取り分けていただくことが多い。絹さやは昨夜の残りを浸しに。蒲鉾は、山葵漬け(静岡『野桜本店』の激辛口)をつけて食す。焼き海苔は東京・品川の『みの屋海苔店』のものを愛食。焼き海苔とごんげん蒸しの器の模様は、定紋である揚羽蝶。

【朝めし自慢】中村歌六(歌舞伎役者・68歳)「カミさん手製の常備菜以外は僕が作ります」

倭ism 鹿革のカジュアルシューズ|履き込むほどに味が出る、大人の快適スニーカー

Abbaye Saint Martin du Canigou(C)ADT66(1)

想像もできない切り立ったピレネー山脈の尖峰に建つ天空の修道院|「サン・マルタン・デュ・カニグー修道院」(フランス)

【娘のきもち】連れ子結婚の残酷な現実。「娘を開放してほしい」と両親は元夫の前で頭を下げてくれた~その2~

【娘のきもち】連れ子結婚の残酷な現実。「娘を開放してほしい」と両親は元夫の前で頭を下げてくれた~その1~

“マイクロチップ装着の義務化”には賛否両論…“条件付き賛成”が多数 |ペットと高齢化に関する意識調査

“犬と猫のマイクロチップ装着の義務化”どう思う? |「改正動物愛護法」とペットの健康を考える

ヘルニア・狭窄症・坐骨神経痛 太もも裏の痛みやしびれを改善するストレッチ&トレーニング【川口陽海の腰痛改善教室 第25回】

ヘルニア・狭窄症・坐骨神経痛 太もも裏の痛みやしびれを改善するストレッチ&トレーニング【川口陽海の腰痛改善教室 第25回】

炭素鋼メッキ爪切り|変形爪もささくれも自在にカット 懐かしきニッパー型爪切り

だんご三兄弟!? 個性派ぞろいのシャトー・メルシャン3ワイナリー長の素顔に迫る

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ゆったりした船上にラウンジのようなソファが設えてあり、最大8人が乗れる。風を感じながら航走する爽快感を分かち合える。
  2. 美しい海に囲まれたラロトンガ島。ここムリビーチは島を代表するビーチで、遠浅のラグーンに、白い砂浜が広がる。
  3. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

健康

【管理栄養士が教える減塩レシピ】手作り「フルーツビネガー」を活用して賢く減塩

写真・文/矢崎海里

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|手作りフルーツビネガーを活用して賢く減塩

「フルーツビネガー」をご存じですか?
その名の通り、フルーツの風味や味が付いた酢で、スーパーなどでもりんご酢やぶどう酢が販売されています。
水で希釈して飲むタイプも販売されていますが、実は家庭で簡単に作ることができます。
今回はフルーツビネガーの作り方と、それを活用した減塩レシピをご紹介します。
希釈して暑い夏のお供にするのはもちろん、料理にも活用して賢く減塩しましょう。

フルーツビネガーの作り方

レモンやオレンジ、キウイなど、いろいろな果物で作れるフルーツビネガー。
今回はルビーグレープフルーツで作りました。

【材料】(作りやすい分量)

ルビーグレープフルーツ 2個
氷砂糖(なければグラニュー糖や上白糖) 果汁・果肉重量の80%
酢 100cc

【作り方】

1.グレープフルーツは皮をむき、身を取り出す。
グレープフルーツは両端を果肉が少し出る程度に切り落とし、横に倒して半分に切ります。

グレープフルーツは皮をむき、身を取り出す

写真のように果肉と皮のあいだに包丁を入れ、くるっと一回転させると、きれいに皮と身に分けられます。

きれいに皮と身に

残った白い部分を落としながら2cm角にカットする。

果汁と果肉の総量をはかり、氷砂糖の量を決める

2.果汁と果肉の総量をはかり、氷砂糖の量を決める。今回は277gだったので、氷砂糖は220gとしました。
3.アルコールまたは煮沸殺菌した清潔な容器に、果肉・氷砂糖の順でつめていき、入れ終えたら果汁を注ぎます。

ルコールまたは煮沸殺菌した清潔な容器に、果肉・氷砂糖の順でつめていき、入れ終えたら果汁を注ぎます

4.酢を100cc注ぎふたを閉め、直射日光の当たらない涼しい場所に、常温で保存します。
5.氷砂糖が溶けたら果肉だけを取り出し、完成。常温で2か月ほどが保管の目安です。

そのまま飲む場合、フルーツビネガー1に対して、4倍の水や炭酸水で希釈して飲むのがおすすめです。
暑い日はかき氷シロップとして活用するのもいいですね。
氷砂糖がない場合、グラニュー糖や上白糖でも作ることは可能ですが、氷砂糖を使うことで甘ったるくない、すっきりとした味わいになります。

ここからは、いよいよ仕込んだフルーツビネガーを活用したレシピを2つご紹介します。
お酢は、減塩の心強い味方ですが、他にもさまざまな効果があります。
一例として、毎日継続的に大さじ1杯の酢を摂取することで、内臓脂肪の減少や、高血圧や血糖値の上昇を緩やかにするはたらきがあると言われています。
夏の暴飲暴食のリセットメニューとしても、ぜひ活用して下さいね。

紅茶鶏のフルーツビネガーソース

紅茶鶏のフルーツビネガーソース

【材料】(1人分)

鶏むね肉 1/2枚(120g)
水 1カップ
紅茶ティーバッグ 1個
★フルーツビネガー 大さじ2
★醤油 小さじ1
★酢 お好みで

【作り方】

1.鶏肉は両面をフォークで刺しておく。
2.分量の水を湧かし、沸騰したら紅茶を煮出す。
3.ティーバッグを取り出したら鶏肉を入れ、やや中火でふたをして10分煮る。

ティーバッグを取り出したら鶏肉を入れ、やや中火でふたをして10分煮る

4.一度上下を返し、再度ふたをして10分煮る。
5.そのまま火を止め、あら熱が取れるまで置いておく。
6.★の調味料を合わせる。味を見て酢で調節する。
7.ファスナー付き袋に★の調味料・鶏肉を入れ、空気を抜き冷蔵庫で一晩冷やしながら味を染み込ませたら完成。

紅茶で煮込んでたれに漬けるだけの簡単レシピです。
鶏むね肉はしっとり柔らかく、少し厚めに切っても食べごたえがあります。
フルーツビネガーの爽やかな味がポイント。
温めてもいいですが、今の時期は冷たいまま食べるのがおすすめです。
冷蔵保管で数日持つので、作り置きとしても活用してみてはいかがでしょうか。

食塩相当量:1.0g
ミニトマトとモッツァレラのフルーツビネガーマリネ

ミニトマトとモッツァレラのフルーツビネガーマリネ

【材料】(1人分)

ミニトマト 5個
モッツァレラチーズ 25g
★オリーブオイル 小さじ2
★フルーツビネガー 小さじ2
★酢 小さじ1
★ハーブソルト 小さじ1/2
粗挽き黒胡椒 少々

【作り方】

1.ミニトマトはヘタを取り、1/8のサイズに切る。
2.モッツァレラチーズはトマトと同じ大きさに角切りにする。
3.ボウルに★の調味料を混ぜ、ミニトマト、モッツァレラチーズを加え、和える。
4.上から黒胡椒を振り、完成。

旬のトマトと、相性抜群のモッツァレラチーズを使った爽やかなマリネです。
アボカドやきゅうりを加えたり、サーモンや鯛など刺身と和えてもおいしく頂けます。
いろいろな種類のフルーツビネガーで食べ比べをして楽しむのもいいですね。

食塩相当量:0.4g

* * *

節約やエコの観点から、マイボトルを持ち歩く方も増えています。
自宅で作ったお気に入りフルーツのビネガードリンクを入れて持ち歩けば、蒸し暑い夏でも少し気分が上がるかもしれませんね。

文/矢崎海里(やざき・かいり)
管理栄養士やフードスペシャリストなどの資格を生かし、企業で働く傍ら、Webメディアでも活動。おいしく食べて健康になれるごはんを研究中。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【管理栄養士が教える減塩レシピ】|これひとつで味が決まる!だしの効いた「煎り酒」で減塩に挑戦 【管理栄養士が教える減塩レシピ】これひとつで味が決まる!だしの効…
  2. https://serai.jp/wp-admin/post.php?post=375437&action=edit 【管理栄養士が教える減塩レシピ】旬の甘み!とうもろこしの簡単調理…
  3. 【管理栄養士が教える減塩レシピ】|熱中症予防!漬け物でカリウムと塩分を上手に摂ろう 【管理栄養士が教える減塩レシピ】熱中症予防に!カリウムの多い野菜…
  4. 大判おあげのゆず胡椒風味うどん 【管理栄養士が教える減塩レシピ】食欲のない夏の救世主!麺の種類別…
  5. 【管理栄養士が教える減塩レシピ】|さっぱりレモンで疲労回復!「かいわれ入りレモン豚丼」「鮭のムニエルレモンバターソース」 【管理栄養士が教える減塩レシピ】さっぱりレモンで疲労回復!「かい…
PAGE TOP