新着記事

川中島にある信玄と謙信像。川中島合戦はお互いにとって不毛な戦いだった。

大河ドラマ『麒麟がくる』満喫リポート|【戦国史のおさらい(1)】「桶狭間合戦」のきっかけを作った 武田×今川×北条の「三国軍事同盟」

乾燥シーズンに増える手指のお悩み…「あかぎれ」「さかむけ」「切りキズ」に悩む人が多い都道府県はどこ?

既婚女性 4,700名に聞いた「あかぎれ」「さかむけ」「切りキズ」に悩む人が多い都道府県はどこ?

【夫婦の距離】定年まで我慢してきたのは自分。妻に離婚を切り出した~その2~

【夫婦の距離】定年まで我慢してきたのは自分。退職した翌日、妻に離婚を切り出した~その2~

【夫婦の距離】定年まで我慢してきたのは自分。妻に離婚を切り出した~その1~

【夫婦の距離】定年まで我慢してきたのは自分。退職した翌日、妻に離婚を切り出した~その1~

塾に通う小学生・中学生の子どもをもつ保護者に聞いた「塾への満足度調査」

塾に通う小学生・中学生の保護者に聞いた「退塾の原因」

リードが外れた!いざという時のために今しておくこと

ペットのリードが外れた!いざという時のために今しておくこと

特製おせち三段重

「サライ・オリジナル 特製おせち」試食会で大好評!|お酒とともに味わう大人の味覚が満載 ご注文受付中

【インタビュー】保科正(家具会社顧問、デザイナー・77歳)「一日一日を思いっ切り生きてきたのでいつ最期を迎えても悔いはありません」

親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじまった【後編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじまった【後編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじまった【前編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじまった【前編】

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局
  2. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  3. 鴨鍋

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

健康

【管理栄養士が教える減塩レシピ】新茶の季節、茶葉を使って緑茶の風味を楽しむ|「ささみの緑茶衣天ぷら」「豚ひき肉の緑茶おろしバーグ」

写真・文/矢崎海里

【管理栄養士が教える減塩レシピ】新茶の季節、料理にも緑茶を活用しよう
「夏も近づく八十八夜~」という歌い出しではじまる童謡、「茶摘み」。
立春から数えて八十八日目、夏の準備を始める季節の変わり目として、縁起のよい日とされています。
ちょうどこの八十八夜のころ、4月下旬~5月上旬に摘まれたお茶は「新茶」「一番茶」と呼ばれます。
今回は新茶の季節に食べたい、茶葉を使った緑茶の風味を楽しむレシピをご紹介します。

新茶とは?

4月下旬~5月上旬に摘まれた新茶が出回るのは、5月末~8月上旬頃までです。
その後摘み取る二番茶、三番茶に比べ栄養価が高く、新茶でしか楽しめない爽やかな風味も感じることができます。

緑茶を美味しく入れるお湯の温度は70度~80度。
抽出も40秒と短く、軽く回して注ぐと美味しく淹れられます。

この時期に摘まれたお茶を飲むと、無病息災でいられるとして、縁起物としても知られています。
今回はいつもと違った楽しみ方として、料理への活用をご提案。
爽やかな風味で、おいしく減塩しましょう。

ささみの緑茶衣天ぷら

ささみの緑茶衣天ぷら

【材料】(1人分)

鶏ささみ 2本
酒 大さじ1
白だし 小さじ1
小麦粉 少々
天ぷら粉 大さじ2
水 大さじ3
緑茶(茶葉) 大さじ1/2
揚げ油 適量

【作り方】

1.鶏ささみはすじを取り、水気を拭き取り、酒・白だしに漬ける(2~3時間)
2.天ぷら粉を水で溶き、緑茶の茶葉を入れる(冷たい水で溶くとカラッと揚がります)

天ぷら粉を水で溶き、緑茶の茶葉を入れる

3.ささみに小麦粉をまぶし、2の衣をつけ、170℃の油で揚げる。
4.中まで火が通り、油を切ったら完成。

みんな大好きささみ天をアレンジしました。
ささみは揚げる前に酒・白だしで下味をつけることで、何もつけなくても十分塩味を感じることができます。
天つゆや塩をカットでき、減塩に繋がることはもちろん、しっかりと新茶の風味も楽しめる一品です。

食塩相当量:0.4g
豚ひき肉の緑茶おろしバーグ

豚ひき肉の緑茶おろしバーグ

【材料】(1人分)

★豚ひき肉 80g
★絹豆腐 50g
★玉葱 1/4個
★生姜(すりおろし) 小さじ1
★片栗粉 小さじ1
★緑茶(茶葉) 小さじ2
★めんつゆ(3倍濃縮) 小さじ1/2
サラダ油 小さじ1
大根 1cm
ポン酢 小さじ2
万能ねぎ 少々

【作り方】
1.玉葱はみじん切りにする。万能ねぎは小口切りにする。
2.大根はすりおろし、ポン酢と和える。
3.ボウルに★の材料を入れ、こねる。

ボウルに★の材料を入れ、こねる

4.食べやすい大きさにまとめ、サラダ油をひいたフライパンにいれる。火をつけ、弱火で両面じっくり焼き火を通す。

をつけ、弱火で両面じっくり焼き火を通す。

5.うつわに盛り、おろしポン酢をかけたら完成。

一口口に入れると、緑茶の香りが広がります。
豆腐が入っているのでふわっとしていて、緑茶の風味を邪魔しないおろしポン酢でさっぱり食べられます。
たくさん作って冷凍、パン粉をつけてメンチカツにリメイクもおすすめです。

食塩相当量:1.4g

* * *

「ホッ」とする、心温まる味、緑茶。
この時期しか味わえない新茶を、料理にも活用してみませんか。

文/矢崎海里(やざき・かいり)
管理栄養士やフードスペシャリストなどの資格を生かし、企業で働く傍ら、Webメディアでも活動。おいしく食べて健康になれるごはんを研究中。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 海苔の佃煮 【管理栄養士が教える減塩レシピ】新海苔の季節!旨味たっぷり海苔を…
  2. ねばねばとろろしらす丼 【管理栄養士が教える減塩レシピ】忘年会シーズン到来! 消化を助け…
  3. 青梗菜のゆず胡椒風味中華丼 【管理栄養士が教える減塩レシピ】晩秋が美味! 青梗菜を使った「う…
  4. 鶏肉とじゃがいものローズマリーグリル 【管理栄養士が教える減塩レシピ】春だけじゃない!秋も旬のじゃがい…
  5. 彩り野菜のホットサラダ 【管理栄養士が教える減塩レシピ】秋の味覚、さつまいもを使ったレシ…
PAGE TOP