サライ.jp

写真・文/矢崎海里

【管理栄養士が教える減塩レシピ】新茶の季節、料理にも緑茶を活用しよう
「夏も近づく八十八夜~」という歌い出しではじまる童謡、「茶摘み」。
立春から数えて八十八日目、夏の準備を始める季節の変わり目として、縁起のよい日とされています。
ちょうどこの八十八夜のころ、4月下旬~5月上旬に摘まれたお茶は「新茶」「一番茶」と呼ばれます。
今回は新茶の季節に食べたい、茶葉を使った緑茶の風味を楽しむレシピをご紹介します。

新茶とは?

4月下旬~5月上旬に摘まれた新茶が出回るのは、5月末~8月上旬頃までです。
その後摘み取る二番茶、三番茶に比べ栄養価が高く、新茶でしか楽しめない爽やかな風味も感じることができます。

緑茶を美味しく入れるお湯の温度は70度~80度。
抽出も40秒と短く、軽く回して注ぐと美味しく淹れられます。

この時期に摘まれたお茶を飲むと、無病息災でいられるとして、縁起物としても知られています。
今回はいつもと違った楽しみ方として、料理への活用をご提案。
爽やかな風味で、おいしく減塩しましょう。

ささみの緑茶衣天ぷら

ささみの緑茶衣天ぷら

【材料】(1人分)

鶏ささみ 2本
酒 大さじ1
白だし 小さじ1
小麦粉 少々
天ぷら粉 大さじ2
水 大さじ3
緑茶(茶葉) 大さじ1/2
揚げ油 適量

【作り方】

1.鶏ささみはすじを取り、水気を拭き取り、酒・白だしに漬ける(2~3時間)
2.天ぷら粉を水で溶き、緑茶の茶葉を入れる(冷たい水で溶くとカラッと揚がります)

天ぷら粉を水で溶き、緑茶の茶葉を入れる

3.ささみに小麦粉をまぶし、2の衣をつけ、170℃の油で揚げる。
4.中まで火が通り、油を切ったら完成。

みんな大好きささみ天をアレンジしました。
ささみは揚げる前に酒・白だしで下味をつけることで、何もつけなくても十分塩味を感じることができます。
天つゆや塩をカットでき、減塩に繋がることはもちろん、しっかりと新茶の風味も楽しめる一品です。

食塩相当量:0.4g
豚ひき肉の緑茶おろしバーグ

豚ひき肉の緑茶おろしバーグ

【材料】(1人分)

★豚ひき肉 80g
★絹豆腐 50g
★玉葱 1/4個
★生姜(すりおろし) 小さじ1
★片栗粉 小さじ1
★緑茶(茶葉) 小さじ2
★めんつゆ(3倍濃縮) 小さじ1/2
サラダ油 小さじ1
大根 1cm
ポン酢 小さじ2
万能ねぎ 少々

【作り方】
1.玉葱はみじん切りにする。万能ねぎは小口切りにする。
2.大根はすりおろし、ポン酢と和える。
3.ボウルに★の材料を入れ、こねる。

ボウルに★の材料を入れ、こねる

4.食べやすい大きさにまとめ、サラダ油をひいたフライパンにいれる。火をつけ、弱火で両面じっくり焼き火を通す。

をつけ、弱火で両面じっくり焼き火を通す。

5.うつわに盛り、おろしポン酢をかけたら完成。

一口口に入れると、緑茶の香りが広がります。
豆腐が入っているのでふわっとしていて、緑茶の風味を邪魔しないおろしポン酢でさっぱり食べられます。
たくさん作って冷凍、パン粉をつけてメンチカツにリメイクもおすすめです。

食塩相当量:1.4g

* * *

「ホッ」とする、心温まる味、緑茶。
この時期しか味わえない新茶を、料理にも活用してみませんか。

文/矢崎海里(やざき・かいり)
管理栄養士やフードスペシャリストなどの資格を生かし、企業で働く傍ら、Webメディアでも活動。おいしく食べて健康になれるごはんを研究中。

関連記事

ランキング

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

サライ最新号
2020年
11月号

サライ最新号

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア