新着記事

松浦武四郎~「北海道」の名づけ親【にっぽん歴史夜話19】

松浦武四郎~「北海道」の名づけ親【にっぽん歴史夜話19】

前列中央から時計回りに、ご飯、野蕗のきゃらぶき、煎り豆腐(人参)、鶏そぼろ、漬物(胡瓜と人参の糠漬け・壬生菜・刻み沢庵)、焼き海苔、ごんげん蒸し、大根おろし(葱・鰹節・胡麻)、納豆(葱)、絹さやの浸し(鰹節)、味噌汁(豆腐・若布・葱)、中央右は焼き鮭、左は蒲鉾と山葵漬け。今朝は小鉢に盛っているが、常備菜のきゃらぶきや煎り豆腐、鶏そぼろ、加えてごんげん蒸しなどは大皿で登場し、取り分けていただくことが多い。絹さやは昨夜の残りを浸しに。蒲鉾は、山葵漬け(静岡『野桜本店』の激辛口)をつけて食す。焼き海苔は東京・品川の『みの屋海苔店』のものを愛食。焼き海苔とごんげん蒸しの器の模様は、定紋である揚羽蝶。

【朝めし自慢】中村歌六(歌舞伎役者・68歳)「カミさん手製の常備菜以外は僕が作ります」

倭ism 鹿革のカジュアルシューズ|履き込むほどに味が出る、大人の快適スニーカー

Abbaye Saint Martin du Canigou(C)ADT66(1)

想像もできない切り立ったピレネー山脈の尖峰に建つ天空の修道院|「サン・マルタン・デュ・カニグー修道院」(フランス)

【娘のきもち】連れ子結婚の残酷な現実。「娘を開放してほしい」と両親は元夫の前で頭を下げてくれた~その2~

【娘のきもち】連れ子結婚の残酷な現実。「娘を開放してほしい」と両親は元夫の前で頭を下げてくれた~その1~

“マイクロチップ装着の義務化”には賛否両論…“条件付き賛成”が多数 |ペットと高齢化に関する意識調査

“犬と猫のマイクロチップ装着の義務化”どう思う? |「改正動物愛護法」とペットの健康を考える

ヘルニア・狭窄症・坐骨神経痛 太もも裏の痛みやしびれを改善するストレッチ&トレーニング【川口陽海の腰痛改善教室 第25回】

ヘルニア・狭窄症・坐骨神経痛 太もも裏の痛みやしびれを改善するストレッチ&トレーニング【川口陽海の腰痛改善教室 第25回】

炭素鋼メッキ爪切り|変形爪もささくれも自在にカット 懐かしきニッパー型爪切り

だんご三兄弟!? 個性派ぞろいのシャトー・メルシャン3ワイナリー長の素顔に迫る

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ゆったりした船上にラウンジのようなソファが設えてあり、最大8人が乗れる。風を感じながら航走する爽快感を分かち合える。
  2. 美しい海に囲まれたラロトンガ島。ここムリビーチは島を代表するビーチで、遠浅のラグーンに、白い砂浜が広がる。
  3. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

健康

サライ読者世代に聞いた「写真撮影の主な目的」とは?

文/編集部

かつて写真撮影といえば、旅行や式典など特別なイベント時に行うもの。重い機材を抱えて撮影し、フィルム現像には何日もかかり、いざ出来上がった写真は何枚もピンぼけして……というのが常でした。それが今では、デジカメやスマホで日常的に思い立ったらすぐにシャッターを押し、誰でも簡単に鮮明な写真が撮れる時代となっています。

写真撮影がより身近なものとなった現在、サライ世代のみなさんは、どのような写真ライフを送っているのでしょうか。

シニア世代に支持されている大人の生活誌『サライ』では、愛読者のみなさんに、「写真撮影の手段と目的」に関するアンケートを実施しました(『サライ』2017年3月号で実施)。今回はその結果をご紹介します(※N=176、回答者平均62.7歳)。

サライ読者に聞いた「写真撮影の頻度」は?

まずは、写真撮影の頻度について、回答結果をご覧ください。

およそ7割の方が「たまにする」と回答しており、「ほぼ毎日する」という方が1割近く。他方で、「ほとんどしない」という方は2割にとどまり、全体では実に8割が写真撮影を行っているという実態が明らかになりました。

「たまにする」というのがどれくらいの頻度なのかまでは、今回の調査では定かではありませんが、やはりデジカメやスマホの普及により、現在では、写真撮影がごく当たり前の行為となっているらしいことがうかがえますね。

サライ読者に聞いた「写真撮影時に使用する媒体」は?

先の質問で、「ほぼ毎日する」「たまにする」と回答された方に絞って、写真撮影時に使用する媒体についても尋ねました(N=137)。

ご覧の通り、「小型デジタルカメラ」と回答した方が圧倒的。「スマートフォン、タブレット」や「携帯電話」よりも撮影に特化した機材を使用される方が多いとのことです。

また、同じデジタル機器でも本格派の一丸レフタイプのもの、さらに渋いところでは昔懐かしの銀塩カメラを愛用されている方が少数ながら存在するなど、シニア世代ならではのアンケート結果となりました。

サライ読者に聞いた「写真撮影の目的や被写体」は?

では、写真撮影を「ほぼ毎日する」「たまにする」方たちは、どんなものをカメラに収めているのでしょうか。

昔も今も、旅先の情景は、色褪せない写真として残しておきたいもの。およそ半数の方が写真撮影の目的として「旅の記録」を挙げています。また、「社寺・城」や「紅葉」「桜」「鉄道」なども旅行と密接に関連する被写体です。

そして、「家族の記録」や、自身の何気ない「身辺記録」のため、そして「動植物」を撮影しているという人も多数。目に入れても痛くないお孫さんの成長、また、家族同然の存在であるペットや、趣味のガーデニングの記録のために撮影に勤しんでいる方も多いのかもしれませんね。

また、最近では自分が食べたものを撮影して、気軽にSNSに投稿する人が多いですが、今回のアンケートでは「料理」と回答された方はおよそ1割。
いずれにせよ、今この瞬間を切り取って写真として残しておけば、あとから見返したときに「そういえばあのときは……」とさまざまな思い出に浸ることができ、かけがえない財産となるのではないでしょうか。

フリーカメラマンの福田徳郎氏によれば、写真撮影は年齢を重ねるほど有意義なものになるのだそうです。使用する媒体や撮影する目的、被写体がより多様化しつつある今、シニアライフをより豊かなものにするためにも、気軽に写真撮影を楽しんでみてはいかがでしょうか。

文/編集部

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. サライ読者に聞いた「退職後に移住したい場所」ランキング
  2. サライ読者に聞いた「最近始めた趣味/やめた趣味」ランキング
  3. サライ読者に聞いた「好きな美術展のジャンル」ランキング
  4. サライ読者に聞いた「作りたい保存食」ランキング
  5. サライ読者座談会【第1回】「サライ世代の書斎事情」|あなたの家に…
PAGE TOP