新着記事

40代から70代男女6,511名の運動意識に対する実態調査結果|梅雨明けにおすすめのスポーツは“ウオーキング

「ロコモティブシンドローム」対策していますか?|100歳まで楽しく歩くためにすべきこと

世界のミニマリストな宿泊施設7選|「ミニマリストの美学」がわかる宿

世界のミニマリストな宿泊施設7選|「ミニマリズム」なライフスタイルを体験できる宿

エラ・フィッツジェラルド『シングス・ザ・アイラ・アンド・ジョージ・ガーシュウィン・ソング・ブック』

ジョージ・ガーシュウィンが残した「メロディ」よりも大切なもの【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道12】

人生100年時代、ボーッと生きてたら老後はピンチ!?|50代会社員夫婦の定年対策

今から準備しないと年金生活はピンチ!?|50代会社員夫婦1000人が考える定年退職後

毛もないが、前臼歯もない不思議な犬種

身体にあてると痛みが止まった! 犬の特殊な能力を信じた人々

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|香ばしいくるみを生かして上手に減塩!

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|良質な脂質で健康に良い「クルミ」料理2品

ポストカード

ボロボロの野良猫から人気者に!「おぷうのきょうだい」が明かす今後の構想|大ヒット猫マンガ『俺、つしま』作者が語る舞台裏【その3】

【ビジネスの極意】「社内新聞」「社員食堂」「社員研修」|社員のコミュニケーションを活性化する方法

【ビジネスの極意】「社内新聞」「社員食堂」「社員研修」|社員のコミュニケーションを活性化する方法

【京都人のお墨付き】綴織職人 伝統工芸士・平野喜久夫さんおすすめ|24時間営業でいつでもくつろげる「ハーバーカフェ北野白梅町店」

二巻-俺、つしま

「猫ってかわいいよね!」それだけでこの物語が生まれた!|大ヒット猫マンガ『俺、つしま』作者が語る舞台裏【その2】

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。
  2. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

暮らし

サライ読者に聞いた「作りたい保存食」ランキング

文/編集部

ふだん食卓にのぼる漬け物も、ベーコンやソーセージも、そして味噌や醤油も、そもそもは我々の祖先が考え出した「保存食」です。もちろん現代ではスーパー等で買ってきて食すことがほとんどでしょうけれど、もとは生活のなかで家庭で作られていたもの。ちょっと手間をかければ自宅で作れるものも意外と多いのです。

シニア世代に支持されている大人の生活誌『サライ』では、読者のみなさんに「保存食」についてアンケートを実施しました。今回はその結果をご紹介します。

サライ読者に聞いた「日頃よく作る保存食」は?

まずは「日頃よく作る保存食」について伺いました。その回答結果をご覧下さい(※N=137、回答者平均63.9歳)

 

日頃よく作る保存食ランキング
Infogram

1位が「漬け物(塩漬)」、2位が「梅干」、3位が「果実酒」と、お好みの野菜や果実を浸けるだけでできる保存食がトップ3。さらに、「ぬか漬け」、「酢漬け・ピクルス」、「粕漬け」といった項目も上位に並びます。

浸けるだけでできる保存食は手軽に始めることができ、それでいて、漬け込み期間によって味の変化が楽しめる奥深さがあることが人気の要因かもしれませんね。

サライ読者に聞いた「挑戦してみたい保存食」は?

続いて「挑戦してみたい保存食」についても聞きました。

 

挑戦してみたい保存食ランキング
Infogram

「挑戦してみたい保存食」では、前掲の「日頃よく作る保存食」では全く挙がらなかった「燻製」が首位。そして、豚肉を燻製して作る「ベーコン」が2位という結果に。さらには、ランキング外でも「ゆで卵の燻製」「鮭の燻製」「猪肉の燻製」「ビーフジャーキー」など、多彩な燻製料理を推す声をいただきました。

食材と保存用の容器さえあれば作れる漬け物系保存食とくらべて、燻製には専用の器具などが必要なため、実際に始めるにはかなり障壁が高いように感じられるかもしれません。

とはいえ、じっくり手間暇をかけて自作した燻製料理の味は格別ともいわれますよね。なかなか手が出ないけどいつかは挑戦してみたい保存食ランキングの結果は、共感された方も多いのではないでしょうか?

燻製といえば、煙やにおいが大変でアウトドアでやるものというイメージもありますが、最近では室内・卓上向けの器具も発売されています。そうした器具を活用して憧れの燻製デビューしてみるのも一考かもしれませんね。

年末年始のお休み期間は、じっくり保存食作りにも取り組める好機。今回のランキングを参考に、あなたも趣味と実益を兼ねて保存食作りに勤しんでみては?

文/編集部

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. サライ読者に聞いた「退職後に移住したい場所」ランキング
  2. サライ読者に聞いた「最近始めた趣味/やめた趣味」ランキング
  3. サライ読者に聞いた「好きな美術展のジャンル」ランキング
  4. サライ読者座談会【第1回】「サライ世代の書斎事情」|あなたの家に…
  5. サライ世代に聞いた「どの電子マネー使ってますか」ランキング|ダン…
PAGE TOP