新着記事

年収1000万円以上の保護者が子どもにしている「マネー教育」の中身

PTA活動はみんなやりたくない? 年齢別にみると明らかな結果が。生の声をそのまま公開します!

ボスママ、マウント、利権争い、「PTA活動」参加したくない意外な理由

マスク焼けが気になる今年。「日焼け止め」を塗るべきか、塗らざるべきか|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第27回】

マスク焼けが気になる今年。「日焼け止め」を塗るべきか、塗らざるべきか|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第27回】

『Norman Granz' Jazz At The Philharmonic Vol.6』

「好き勝手」を楽しむ ジャム・セッションの聴き方【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道56】

“ながら視聴”でBGM化したテレビ。2人に1人が“聞き逃し”でストレス

新型コロナウイルスの影響で進路が変わる受験生多数!?|受験生への新型コロナウイルスの影響に関する調査

新型コロナの影響で進路が変わる? 入試を控える高校3年生の不安

ポークソテーシャリアピンソース

【管理栄養士が教える減塩レシピ】みじん切り、すりおろしで活性化! 旬のにんにくの栄養を逃さない調理法

サンブロックアンブレラ|遮光、遮熱に優れたアウトドア仕様の日傘

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(6/1~6/7)射手座~魚座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(6/1~6/7)獅子座~蠍座編

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 大開口窓は開放感が得られると同時に、季節ごとの光と風を取り込むことができる。芝生は建物周辺の温度を下げることが期待でき、庭木は夏の日差しを和らげる効果がある。
  2. 勾配天井により天井高は最高4mを実現。1階と1.5階がゆるく繋がることで、人の気配を感じながら、個室で過ごす感覚が楽しめる。
  3. 居室は35~75平方メートル、と広めに設定され、多彩なタイプが用意される。高齢者の暮らしやすさに配慮した設計が特徴だ。写真は66平方メートルの部屋。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

暮らし

サライ読者に聞いた「最近始めた趣味/やめた趣味」ランキング

文/編集部

春は新しいことに挑戦したくなる季節。健康増進のため、感性や教養を磨くため、あるいは実益を兼ねて何か趣味を始めたいと考えている方も多いのではないでしょうか。

シニア世代に支持されている大人の生活誌『サライ』では、愛読者のみなさんに「趣味」に関するアンケートを実施しました(『サライ』2017年4月号で実施)。今回はその結果をご紹介します。

まずは「最近始めた趣味」について伺いました。その回答結果をご覧下さい(※N=179、回答者平均61.2歳)。

 


ご覧の通り、サライ世代間で断トツ人気の趣味は「ウォーキング」。ちなみに、サライ愛読者への別のアンケート「健康のために日々取り組んでいること」で第1位を獲得したのも「散歩」でした。ウォーキングは歩行に適したシューズ以外、特に道具をそろえる必要がなく、運動神経に左右されるものでもないので、誰でも気軽に始めやすいという利点がありますよね。

また、同じ系統の「ランニング」が少数意見にとどまっていることから、この世代ではおだやかな運動から取り入れてみたいという心情がうかがえます。
そして、第2位は、自宅の庭、ベランダで始められる「ガーデニング」がランクイン。ガーデニングでは適度に日光を浴びることができ、また、土を運んだり、立ったりしゃがんだりで意外と運動効果もあるといわれています。何より庭やベランダに自分の好きな植物を配置し育て、理想の景観を作り上げていく工程には大きな喜びややりがいを見出せることでしょう。

第3位は、歴史と旅を愛するサライ愛読者ならではの「城めぐり」。第4位の「写真撮影」や第5位の「俳句」もまた、感性豊かなシニア世代にぴったりの活動ですが、全国の城郭を写真に収めつつ、行く先々で俳句を詠む……という具合に多趣味を展開するのも乙かもしれませんね。

第6・7位の「料理」「書道」は趣味と実益を兼ねており、また、指先を動かす作業が含まれているという点で脳の活性化にもつながりそうです。

さらに、第8位「英会話」もまた頭を使う趣味。昔から定番の趣味ですが、2020年の東京オリンピック開催を見据えて英語のコミュニケーションをとれるようになりたいと考える方が増えていることがうかがえます。

さて、趣味を始めたからにはできるだけ長く続けていきたいものですが、何らかの事情で断念してしまう活動もあることでしょう。そこで、「最近やめた趣味」についても伺いました。

 


1位の「ゴルフ」は、人付き合いで始める方も多いスポーツですが、いかんせんお金も時間もかかります。仕事が一段落したことなどを機に、より気軽に楽しめる趣味に切り替える方が多いのかもしれませんね。

また、「最近始めた趣味」で第1位の「ウォーキング」も上位に見えますが、割合はわずか4.5%。ウォーキングは、その日の都合や体調によって、コースや距離、歩く速度を自分で決めるなどマイペースで楽しむことができるので、比較的続けやすい趣味だといえるでしょう。

最後に、「これから始めたい趣味」についても伺いました(N=151)。

 

「最近始めた趣味」で上位にあがっていた「ウォーキング」「英会話」「ガーデニング」「城めぐり」に加えて、「釣り」がお目見え。

釣りは自然の中でひとり無心に取り組むのもよし、お孫さんなどと一緒に楽しむのもよし。気候がおだやかになるこの時期だからこそ始めてみたい趣味のひとつですよね。道具をレンタルしている釣り場であれば、まずは手ぶらで釣り体験することも可能ですよ。

「六十の手習い」という言葉がありますが、趣味を始めるのに遅すぎることはありません。今回のアンケート結果をご参考に、インドア系でもアウトドア系でもご自分に合った趣味を始めてみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. サライ読者世代に聞いた「写真撮影の主な目的」とは?
  2. サライ読者に聞いた「退職後に移住したい場所」ランキング
  3. サライ読者に聞いた「好きな美術展のジャンル」ランキング
  4. サライ読者に聞いた「作りたい保存食」ランキング
  5. サライ読者座談会【第1回】「サライ世代の書斎事情」|あなたの家に…
PAGE TOP