新着記事

犬は30万円、猫は16万円。1年間にかかるペットの費用はいくら?

書き順が分かりづらい漢字ランキング|1位の漢字は?

【書き順が分かりづらい漢字ランキング】3位は「潟」、2位は「飛」、1位は?

新型コロナウイルスのワクチンができるのはいつ?|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第20回】

新型コロナウイルスのワクチンができるのはいつ?|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第20回】

マイルス・デイヴィス『クッキン』

最高のコスト・パフォーマンス!? マイルスの「短距離走セッション」【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道49 】

在宅勤務時の「Web会議」に対応できる!“少し軽め”のメイク術

【第89回人形町らくだ亭】4月16日開催/中止およびチケット払い戻しのご案内

【ビジネスの極意】伝説のロックバンド「クイーン」に学ぶビジネスの基本

【ビジネスの極意】伝説のロックバンド「クイーン」に学ぶビジネスの基本

ほたるいかと菜の花のアーリオオーリオ

【管理栄養士が教える減塩レシピ】プリプリ&旨味凝縮! 春の味覚ほたるいかを使ったレシピ2品

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(4/6~4/12)射手座~魚座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(4/6~4/12)獅子座~蠍座編

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 荒川豊蔵資料館蔵の志野筍絵茶碗 銘「随縁」(荒川豊蔵、1961年)。豊蔵が「再発見」した「美濃桃山陶」の陶片である「筍」と文様が共通する。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

暮らし

サライ読者に聞いた「好きな美術展のジャンル」ランキング

文/編集部

田中一村、藤田嗣治から、プーシキン美術館、ムンク、ルーベンス、そしてフェルメールと、2018年も日本では多くの美術展が開催され、話題となりました。『サライ』本誌でも毎号「サライ美術館」で旬の展覧会情報をご紹介しておりますが、2018年11月号ではとくに東京・上野で開催されている展覧会に併せてフェルメールを大特集し、アート好きな読者のみなさんご好評をいただきました。

そんな『サライ』の愛読者のみなさんに、あらためて「美術展」についてアンケートを実施しました。今回はその結果をご紹介します。

サライ読者に聞いた「美術展に行く頻度」は?

まずは「美術展に行く頻度」について伺いました。その回答結果をご覧下さい(※N=442、回答者平均60.6歳)

 

Copy: 好きな美術展ランキング
Infogram

「不明」と「ほぼ行かない」を除いた、8割以上の方が年に1度は美術展を訪れているとのこと。なかでも「月に2回以上」と「月1回程度」を合わせた2割近くの方は、毎月のように生のアートを鑑賞しており、『サライ』読者の美術への関心の高さが浮き彫りになりました。

サライ読者に聞いた「好きな美術展のジャンル」は?

続いて「好きな美術展のジャンル」についても聞きました。

 

Copy: 日頃よく作る保存食ランキング
Infogram

1位は常設展、企画展ともに開催数の多い「西洋美術」。僅差で「仏像」が2位、そして「江戸絵画」「浮世絵」といった日本の歴史と文化を堪能できるジャンルが上位につけているのはサライ世代ならではかもしれませんね。

今回ご紹介したなかで、あなたの行ってみたい美術展はあったでしょうか? また、全く興味のなかったジャンルのアートでも、いざ目の当たりにするとその魅力の虜にされるなど、美術展には多くの発見があります。開催情報をチェックして、気軽に訪れてみてはいかがでしょうか?

文/編集部

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. サライ読者世代に聞いた「写真撮影の主な目的」とは?
  2. サライ読者に聞いた「退職後に移住したい場所」ランキング
  3. サライ読者に聞いた「最近始めた趣味/やめた趣味」ランキング
  4. サライ読者に聞いた「作りたい保存食」ランキング
  5. サライ読者座談会【第1回】「サライ世代の書斎事情」|あなたの家に…
PAGE TOP