新着記事

越後亀田縞ハンチング|伝統織物で仕立てた小粋な木綿ハンチング帽

失敗を恐れずに進むことが特効薬|『「感情の老化」を防ぐ本』

40代から始まる「感情の老化」を食い止める方法|『「感情の老化」を防ぐ本』

春の体調管理の鍵を握るのは免疫力を上げる「たんぱく質」!

春の体調管理の鍵を握るのは免疫力を上げる「たんぱく質」!

「褒められると伸びるタイプなんです」と言う部下への接し方

【ビジネスの極意】「褒められると伸びるタイプなんです」と言う部下への接し方

ペーパーグラス|眼鏡作りの聖地が生んだ驚異の薄型軽量読書眼鏡

仏像曼荼羅イメージ 東寺蔵

空海発案の立体曼荼羅21体のうち、15体が集合【特別展「国宝 東寺―空海と仏像曼荼羅」】

災害時に愛猫がPTSDに陥ったら!|知っておきたい「猫のPTSD」治療法

竹製のスタンドにヤシの葉のうちわを常備。和室はエアコンを設置せずに、うちわや扇風機で涼をとります。網戸がなく、窓を開けっ放しにしているため、家中のいたるところに置いている蚊取り線香入れは、バリ島でつくられたもの。

春過ぎて夏を待つ日に葉山の家へ【桐島かれん『KAREN’s』】

50代夫婦1000名に聞いた定年対策 実態調査!|「定年退職後も夫には外で働いてほしい」は9割近く!!

妻の9割は「定年退職後も夫には外で働いてほしい」|50代夫婦1000名に聞いた「定年後のライフスタイル」

SIWA長財布|障子紙の里から生まれた優しい手触りの軽量財布

サライ本誌最新号

住宅特集アンケート実施中です!

別冊付録「大人の逸品カタログ」商品はこちらから

ピックアップ記事

  1. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。
  2. アウトサイド・ジャパン展

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

暮らし

サライ読者に聞いた「好きな美術展のジャンル」ランキング

文/編集部

田中一村、藤田嗣治から、プーシキン美術館、ムンク、ルーベンス、そしてフェルメールと、2018年も日本では多くの美術展が開催され、話題となりました。『サライ』本誌でも毎号「サライ美術館」で旬の展覧会情報をご紹介しておりますが、2018年11月号ではとくに東京・上野で開催されている展覧会に併せてフェルメールを大特集し、アート好きな読者のみなさんご好評をいただきました。

そんな『サライ』の愛読者のみなさんに、あらためて「美術展」についてアンケートを実施しました。今回はその結果をご紹介します。

サライ読者に聞いた「美術展に行く頻度」は?

まずは「美術展に行く頻度」について伺いました。その回答結果をご覧下さい(※N=442、回答者平均60.6歳)

 

Copy: 好きな美術展ランキング
Infogram

「不明」と「ほぼ行かない」を除いた、8割以上の方が年に1度は美術展を訪れているとのこと。なかでも「月に2回以上」と「月1回程度」を合わせた2割近くの方は、毎月のように生のアートを鑑賞しており、『サライ』読者の美術への関心の高さが浮き彫りになりました。

サライ読者に聞いた「好きな美術展のジャンル」は?

続いて「好きな美術展のジャンル」についても聞きました。

 

Copy: 日頃よく作る保存食ランキング
Infogram

1位は常設展、企画展ともに開催数の多い「西洋美術」。僅差で「仏像」が2位、そして「江戸絵画」「浮世絵」といった日本の歴史と文化を堪能できるジャンルが上位につけているのはサライ世代ならではかもしれませんね。

今回ご紹介したなかで、あなたの行ってみたい美術展はあったでしょうか? また、全く興味のなかったジャンルのアートでも、いざ目の当たりにするとその魅力の虜にされるなど、美術展には多くの発見があります。開催情報をチェックして、気軽に訪れてみてはいかがでしょうか?

文/編集部

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. サライ読者に聞いた「最近始めた趣味/やめた趣味」ランキング
  2. サライ読者に聞いた「作りたい保存食」ランキング
  3. サライ読者座談会【第1回】「サライ世代の書斎事情」|あなたの家に…
  4. サライ世代に聞いた「どの電子マネー使ってますか」ランキング|ダン…
  5. サライ世代に聞いた「読み直したい古典」ランキング
PAGE TOP