新着記事

履きやすい靴は健康に悪い靴⁉  ロコモを防ぐ靴の選び方 履きやすい靴は足に悪い靴!?| 健康寿命を延ばす靴の選び方 本多忠勝像 「徳川四天王」家の幕末~そのとき、名将たちの子孫はどう動いたか【にっぽん歴史夜話13】 江戸切子のぐい呑み|珍しい琥珀色のクリスタルガラスに東西の刻みの技が共演 一生仕事を続ける時代、73歳女性も活躍するユーチューバーという職業[PR] 「ヤフオク!」で検索された「猫」を含むキーワードランキング 夏目漱石の小説「吾輩は猫である」初版本(明治40年発行)は12万円超で落札!|「ヤフオク!」で取引された意外な「猫」グッズ 高所恐怖症の人はクラクラしてしまいそうな天井座敷。 ベストな席は天井桟敷?|ベルリン・フィルハーモニーを現地で鑑賞する方法 健康オイルブーム! 摂り方を間違えるとシワやくすみの原因にも⁉ 健康オイルブーム! 摂り方を間違えるとシワやくすみの原因にも!? 枕職人がつくった快眠枕 ジムナストHIDA|快適な眠りもたらす日本製の理想的な枕 『男のチャーハン道』 「パラパラ」のチャーハンを目指した男の求道記|『男のチャーハン道』 お伊勢参り犬と同行した愛犬家大名・松浦静山の天晴れな生涯 司馬遼太郎も信じなかった犬の伊勢参り|お伊勢参り犬と同行した愛犬家大名・松浦静山の天晴れな生涯

サライ本誌最新号

ピックアップ記事

  1. 角野栄子さん

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

暮らし

サライ読者に聞いた「好きな美術展のジャンル」ランキング

文/編集部

田中一村、藤田嗣治から、プーシキン美術館、ムンク、ルーベンス、そしてフェルメールと、2018年も日本では多くの美術展が開催され、話題となりました。『サライ』本誌でも毎号「サライ美術館」で旬の展覧会情報をご紹介しておりますが、2018年11月号ではとくに東京・上野で開催されている展覧会に併せてフェルメールを大特集し、アート好きな読者のみなさんご好評をいただきました。

そんな『サライ』の愛読者のみなさんに、あらためて「美術展」についてアンケートを実施しました。今回はその結果をご紹介します。

サライ読者に聞いた「美術展に行く頻度」は?

まずは「美術展に行く頻度」について伺いました。その回答結果をご覧下さい(※N=442、回答者平均60.6歳)

 

Copy: 好きな美術展ランキング
Infogram

「不明」と「ほぼ行かない」を除いた、8割以上の方が年に1度は美術展を訪れているとのこと。なかでも「月に2回以上」と「月1回程度」を合わせた2割近くの方は、毎月のように生のアートを鑑賞しており、『サライ』読者の美術への関心の高さが浮き彫りになりました。

サライ読者に聞いた「好きな美術展のジャンル」は?

続いて「好きな美術展のジャンル」についても聞きました。

 

Copy: 日頃よく作る保存食ランキング
Infogram

1位は常設展、企画展ともに開催数の多い「西洋美術」。僅差で「仏像」が2位、そして「江戸絵画」「浮世絵」といった日本の歴史と文化を堪能できるジャンルが上位につけているのはサライ世代ならではかもしれませんね。

今回ご紹介したなかで、あなたの行ってみたい美術展はあったでしょうか? また、全く興味のなかったジャンルのアートでも、いざ目の当たりにするとその魅力の虜にされるなど、美術展には多くの発見があります。開催情報をチェックして、気軽に訪れてみてはいかがでしょうか?

文/編集部

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. サライ読者に聞いた「作りたい保存食」ランキング
  2. サライ読者座談会【第1回】「サライ世代の書斎事情」|あなたの家に…
  3. サライ世代に聞いた「どの電子マネー使ってますか」ランキング|ダン…
  4. サライ世代に聞いた「読み直したい古典」ランキング
  5. 長財布?二つ折り?サライ世代に聞いた「使っている財布」ランキング…
PAGE TOP