新着記事

越後亀田縞ハンチング|伝統織物で仕立てた小粋な木綿ハンチング帽

失敗を恐れずに進むことが特効薬|『「感情の老化」を防ぐ本』

40代から始まる「感情の老化」を食い止める方法|『「感情の老化」を防ぐ本』

春の体調管理の鍵を握るのは免疫力を上げる「たんぱく質」!

春の体調管理の鍵を握るのは免疫力を上げる「たんぱく質」!

「褒められると伸びるタイプなんです」と言う部下への接し方

【ビジネスの極意】「褒められると伸びるタイプなんです」と言う部下への接し方

ペーパーグラス|眼鏡作りの聖地が生んだ驚異の薄型軽量読書眼鏡

仏像曼荼羅イメージ 東寺蔵

空海発案の立体曼荼羅21体のうち、15体が集合【特別展「国宝 東寺―空海と仏像曼荼羅」】

災害時に愛猫がPTSDに陥ったら!|知っておきたい「猫のPTSD」治療法

竹製のスタンドにヤシの葉のうちわを常備。和室はエアコンを設置せずに、うちわや扇風機で涼をとります。網戸がなく、窓を開けっ放しにしているため、家中のいたるところに置いている蚊取り線香入れは、バリ島でつくられたもの。

春過ぎて夏を待つ日に葉山の家へ【桐島かれん『KAREN’s』】

50代夫婦1000名に聞いた定年対策 実態調査!|「定年退職後も夫には外で働いてほしい」は9割近く!!

妻の9割は「定年退職後も夫には外で働いてほしい」|50代夫婦1000名に聞いた「定年後のライフスタイル」

SIWA長財布|障子紙の里から生まれた優しい手触りの軽量財布

サライ本誌最新号

住宅特集アンケート実施中です!

別冊付録「大人の逸品カタログ」商品はこちらから

ピックアップ記事

  1. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。
  2. アウトサイド・ジャパン展

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

健康

就寝前の「スマホでニュース」は睡眠に影響なし!?|「仕事上の悩み」がビジネスパーソンの眠りを妨げる

ビジネスパーソンの健康意識と睡眠に関する調査|働く人の眠りを阻害する要因1位は「仕事の悩み」

昨年9月に、大手寝具メーカー「西川」が1万人の睡眠事情をまとめた「睡眠白書2018」を発表した。それによると、高齢者よりも30~40代のいわゆる現役世代の方が、睡眠満足度が低かったという。働く人の眠りを阻害しているものとは? ビジネスパーソン男女500名を対象に行なった調査結果を基に、働き盛りの睡眠事情について深掘りする。

ビジネスパーソンの約6割が睡眠に満足していない

「睡眠に満足していますか?」との問いに対し、約6割が「満足していない(あまり満足していない・全く満足していない)」と回答。満足な睡眠を得られていないと感じているビジネスパーソンは多いようだ。

睡眠に満足していますか?

健康に対する意識の差が睡眠満足度にも影響?

日常的に運動や食生活に気を付けている「運動・ケア」グループと、健康に関するあらゆることをあきらめ、何もしていない「健康あきらめ」グループに絞り結果を比較してみると、前者の「睡眠に満足していない人」が約5割なのに対して、「健康あきらめ」グループでは約7割に上った。健康に対する意識の差が、睡眠の満足度にも関連することが浮き彫りとなった。

睡眠に満足していますか?

「仕事上の悩み」が睡眠の質を下げる傾向に

続いて、ビジネスパーソンに「悩み」について聞いている。すると「職場での人間関係の悩み」や「仕事の内容についての悩み」が「家庭の悩み」や「健康の悩み」よりも多く、働く人にとって仕事がストレスの原因になっている様子が伺える。

仕事や家庭で悩んでいること

「睡眠満足度」と「悩み」の関係

睡眠満足度と現在抱えている悩みの関係を調べてみると、睡眠満足群では「悩みがない」と答えた人が多いのに対し、睡眠不満足群では「悩みはない」と答える人が少なくなり、「仕事に関する悩み」を持つ人が増えている。仕事関係の悩みが睡眠の満足度に大きく影響することが伺い知れる。

睡眠満足度と現在抱えている悩みの関係

「西川」の社内研究機関である「日本睡眠科学研究所」は、以下のような見解を示している。

ビジネスパーソンは仕事に関する悩みを多く抱えていることが分かった。悩みやストレスは交感神経活動を優位にさせ睡眠の質を低下させる可能性がある。睡眠の質が低下するとイライラや不安、落ち込みの要因になるため、心身共に健康な状態を保つには悩みを睡眠に持ち込まないことが重要である。また、仕事に関する悩みの内訳をみてみると、仕事時間(残業過多など)よりも、職場での人間関係や仕事内容について悩む人が多かった。睡眠満足度を高めるためには、仕事時間の改善だけでなく、活力ある職場環境を整えることが重要であると考えられる。

終業後、リラックスした過ごし方をしている人は睡眠満足度が高い

ビジネスパーソンの「終業後の過ごし方」について聞いてみると、「疲れて何もできない」が突出して高く、仕事による肉体的・精神的疲労が大きいことが伺えた。2位以降は「特に何もせずリラックス」「スマホ・ネット」「外食」と続いた。

終業後の過ごし方

 

「終業後の過ごし方」と「睡眠時間」の関係

終業後の過ごし方について、「スポーツジム」「運動・アウトドア等の趣味」「外食」「散歩」をアクティブ関連、「読書」「TV」「スマホ・ネット」「音楽鑑賞」「特に何もせずリラックス」をリラックス関連、「疲れて何もできない」をネガティブにクラス分けすると、睡眠満足度が高い人はリラックス関連を選択している人が総じて多く、睡眠満足度が低い人はネガティブを選択する人が多かった。

「終業後の過ごし方」と「睡眠時間」の関係

ビジネスパーソンが夜寝る前にチェックするのは「スマホでニュース」

眠りを妨げる要因になるため、就寝前は強い光を発するスマートフォン等の操作は控えた方が良いとされているが、スマートフォンでチェックする内容に睡眠との関係性がみられるか調査している。就寝前の過ごし方について聞いたところ、「ニュースサイト」をチェックしている人が最も多く、次いで「LINE等のチャットアプリでやりとり」「動画サイト閲覧」が多かった。ただし、これらの行動と睡眠満足度との関係は見られなかったという。

就寝前の過ごし方

 

睡眠不足や睡眠の質の低下は、仕事のパフォーマンスを下げるだけでなく健康リスクも増大させる。終業後は「疲れて何もできない・したくない」というのも理解できる。しかし、今回の調査で「何もしない」よりも、「読書」「TV」「スマホ・ネット」「音楽鑑賞」や“何もしないけどリラックスして過ごしている”という人の方が、睡眠の満足度が高いことがわかった。睡眠の質向上のためにも、終業後は積極的にリフレッシュやリラックスできる環境を整えることが重要なようだ。

文/鳥居優美

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 快眠セラピスト直伝、睡眠負債を週末にうまく返してスッキリするコツ 快眠セラピスト直伝! 睡眠負債を週末にうまく返してスッキリするコ…
  2. 快眠セラピスト直伝、快適に眠るための4つの習慣
  3. 平均睡眠時間は約6時間!朝目覚めたとき、8割以上が睡眠不足と感じ…
  4. 眠気はどうしてやってくる?人に教えたくなる「睡眠」7つの真実
  5. それでも貴方は寝ないのか?「睡眠不足」の危険すぎる悪影響5つ
PAGE TOP