新着記事

川中島にある信玄と謙信像。川中島合戦はお互いにとって不毛な戦いだった。

大河ドラマ『麒麟がくる』満喫リポート|【戦国史のおさらい(1)】「桶狭間合戦」のきっかけを作った 武田×今川×北条の「三国軍事同盟」

乾燥シーズンに増える手指のお悩み…「あかぎれ」「さかむけ」「切りキズ」に悩む人が多い都道府県はどこ?

既婚女性 4,700名に聞いた「あかぎれ」「さかむけ」「切りキズ」に悩む人が多い都道府県はどこ?

【夫婦の距離】定年まで我慢してきたのは自分。妻に離婚を切り出した~その2~

【夫婦の距離】定年まで我慢してきたのは自分。退職した翌日、妻に離婚を切り出した~その2~

【夫婦の距離】定年まで我慢してきたのは自分。妻に離婚を切り出した~その1~

【夫婦の距離】定年まで我慢してきたのは自分。退職した翌日、妻に離婚を切り出した~その1~

塾に通う小学生・中学生の子どもをもつ保護者に聞いた「塾への満足度調査」

塾に通う小学生・中学生の保護者に聞いた「退塾の原因」

リードが外れた!いざという時のために今しておくこと

ペットのリードが外れた!いざという時のために今しておくこと

特製おせち三段重

「サライ・オリジナル 特製おせち」試食会で大好評!|お酒とともに味わう大人の味覚が満載 ご注文受付中

【インタビュー】保科正(家具会社顧問、デザイナー・77歳)「一日一日を思いっ切り生きてきたのでいつ最期を迎えても悔いはありません」

親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじまった【後編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじまった【後編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじまった【前編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじまった【前編】

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局
  2. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  3. 鴨鍋

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

住まい

60代で京都に住みかえ!絶好の立地で京文化にふれる日々を謳歌する|ライフハウス京都醒ヶ井[PR]

京都駅から北へ約2㎞。大路・堀川通を東に一筋入ると、古い町並みが残る醒ヶ井通がある。この2つの通りに面して佇むのが、長谷工シニアホールディングスの住宅型有料老人ホーム『ライフハウス京都醒ヶ井(さめがい)』である。ここに入居して約10年の岩永さん夫妻を訪ねた。

京都御苑は観光客が少なく、いつでも入れるので、通り抜けにもよく使う場所だそうだ。広く抜ける空を眺めながら歩くのが好きという啓子さんと、木立の中を歩くのが心地よいという征之さん。

岩永征之さん啓子さん夫妻が、神奈川県の葉山から京都市の中心部、下京区の『ライフハウス京都醒ヶ井』に移り住んできたのは2008年のこと。60代半ば過ぎでの有料老人ホームへの入居は、一般的にはかなり早い。

祖母、実母、姑の高齢期の生活を目の当たりにしてきた啓子さんは、ホームは「元気なうちに自分で選ぶ」と心に決め、50代の頃からあちこち見学していたという。

夫の征之さんがリタイア後は、夫婦で本格的にホーム探しをスタート。そこで出会ったのが『ライフハウス京都醒ヶ井』だった。

醒ヶ井通に面したエントランスには格子戸を配して、京都の町並みに溶け込む佇まいに。

書斎のような談話室は、小さな図書室。入居者の皆さんと一緒に引っ越してきた思い出の本が並んでいる。

自分で選ぶことの大切さ

若い頃から年に一度は必ず京都を訪れていたという岩永さん夫妻。とはいえ、住むとなると、京都はなかなか敷居が高い。「葉山はとてもいいところでしたが、車がないと不便。この先、葉山の戸建てに住み続ければ、行動エリアは限られ、世間が狭くなると感じていたものの、住みかえとなると、大きなエネルギーが必要。まだ60代で、自立型のライフハウスという住まい方だからできた決断だったと思います」と征之さん。「日本の歴史や文化を大切に守り継いできた京都は、日本人の故郷のような街。高齢者にも住みやすいこの街で老後を過ごせる幸せに感謝しつつ暮らしています」と啓子さん。

自分で探し、自分で選んだからこそ、日々アクティブに過ごせる。それこそがシニアライフのひとつの極意なのかもしれない。

ひとつ屋根の下で、自由に

岩永さん夫妻は同じフロアに住居を分けて生活している。二人一緒に暮らすには居室が狭いというのが最大の理由だったそうだが、結果的にはよかったという。能楽やクラシック音楽など共通の趣味をもつ夫妻は、一緒に出かけることも多いが、各々の時間やハウス内外の交友関係も大切にしている。この思想は、ハウスにも通ずるものがある。

入居者の皆さんが気軽に集まり、くつろげるロビー。「いってらっしゃい」「おかえりなさい」の声が飛び交う。

長谷工シニアのライフハウスは、「共に暮らす」という発想を大切に、ハウス内はもちろん、地域にも開かれたコミュニティづくりを目指して運営されている。ハウス内で生活が完結するようなプールや大ホールなどの豪華な施設はつくらない。外出することで、地域に住むことを実感し、地域と関わる暮らしをしてほしいと願うからだ。

入居者自らハウス内でサークルを立ち上げ、活動内容を計画する。スタッフはそれをサポートするだけ。必要以上に手を出さず、見守ることが、やるべき仕事という考えが徹底されている。「自由に自分の生活を楽しみながら、一つの大きな家に暮らしているような絆もあり、必要になったらサポートも受けられる。そんな心地よい距離感と安心感がうれしいですね」という啓子さんの言葉が印象的だった。

左/会長を務める『下京区格致学区格寿クラブ』のサロンで、地域の皆さんに囲碁の手ほどきをする岩永征之さん。その腕前はなんと6段。右/1週間のスケジュール表は予定でびっしり。アクティブな啓子さん。「錦市場はお散歩感覚で…。コンサートホールも能楽堂も南座も、無料の交通乗車証を使って行きます」

長谷工シニアでは、自立型から介護型居室へ、移行できるシステムがあり、介護が必要になっても安心が保証されている。

【物件概要】
●名称/ライフハウス京都醒ヶ井(さめがい)
●類型/住宅型有料老人ホーム
●居住の権利形態/利用権方式
●利用料の支払い方式/選択方式
●入居時の要件/入居時自立・要支援
●介護保険/在宅サービス利用可
●居室区分/全室個室
●その他/提携ホーム移行型
●住所/京都府京都市下京区醒ヶ井通高辻下ル住吉町504
●事業主体/生活科学運営

三大都市圏にある長谷工シニアグループのシニア向け住宅

【自立型・介護型】
神奈川県藤沢市

ライフ&シニアハウス湘南辻堂
事業主体:㈱生活科学運営
「辻堂」駅徒歩約13分(約1000m)

【自立型・介護型】
東京都北区

センチュリーシティ王子
事業主体:㈱センチュリーライフ
「王子神谷」駅徒歩約6分(約480m)
 「東十条」駅徒歩約7分(約530m)

【自立型】
埼玉県所沢市
ライフハウス新所沢
事業主体:㈱生活科学運営
「新所沢」駅徒歩約13分(約1000m)

【自立型】
愛知県名古屋市
ライフハウス鶴舞公園
事業主体:㈱生活科学運営
「鶴舞」駅徒歩約10分(約760m)

【自立型・介護型】 
兵庫県神戸市
ライフ&シニアハウス神戸北野
事業主体:㈱生活科学運営
「三ノ宮」駅徒歩約10分(約800m)

●問い合わせ先/長谷工シニアホールディングス
フリーコール 0120-784-177
http://www.haseko-senior.co.jp/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

PAGE TOP