新着記事

越後亀田縞ハンチング|伝統織物で仕立てた小粋な木綿ハンチング帽

失敗を恐れずに進むことが特効薬|『「感情の老化」を防ぐ本』

40代から始まる「感情の老化」を食い止める方法|『「感情の老化」を防ぐ本』

春の体調管理の鍵を握るのは免疫力を上げる「たんぱく質」!

春の体調管理の鍵を握るのは免疫力を上げる「たんぱく質」!

「褒められると伸びるタイプなんです」と言う部下への接し方

【ビジネスの極意】「褒められると伸びるタイプなんです」と言う部下への接し方

ペーパーグラス|眼鏡作りの聖地が生んだ驚異の薄型軽量読書眼鏡

仏像曼荼羅イメージ 東寺蔵

空海発案の立体曼荼羅21体のうち、15体が集合【特別展「国宝 東寺―空海と仏像曼荼羅」】

災害時に愛猫がPTSDに陥ったら!|知っておきたい「猫のPTSD」治療法

竹製のスタンドにヤシの葉のうちわを常備。和室はエアコンを設置せずに、うちわや扇風機で涼をとります。網戸がなく、窓を開けっ放しにしているため、家中のいたるところに置いている蚊取り線香入れは、バリ島でつくられたもの。

春過ぎて夏を待つ日に葉山の家へ【桐島かれん『KAREN’s』】

50代夫婦1000名に聞いた定年対策 実態調査!|「定年退職後も夫には外で働いてほしい」は9割近く!!

妻の9割は「定年退職後も夫には外で働いてほしい」|50代夫婦1000名に聞いた「定年後のライフスタイル」

SIWA長財布|障子紙の里から生まれた優しい手触りの軽量財布

サライ本誌最新号

住宅特集アンケート実施中です!

別冊付録「大人の逸品カタログ」商品はこちらから

ピックアップ記事

  1. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。
  2. アウトサイド・ジャパン展

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

健康

【管理栄養士が教える減塩レシピ】たっぷり根菜と鮭のあら汁|寒暖差の激しい季節に食べたい、具だくさん汁

写真・文/矢崎海里

【管理栄養士が教える減塩レシピ】寒暖差の激しい季節に食べたい、具だくさん汁
多くの地域で桜の季節も過ぎましたが、まだまだ朝晩は冷え込みますね。
日中との寒暖差で体調を崩しやすいこの時期、衣類だけではなく食事にも気をつかって体調管理をしっかりすることが大切です。

今回ご紹介するのは、具だくさん汁。
まるで食べるスープのよう、立派なおかずの一品となる具だくさんの汁で、体の中からあたためましょう。

たっぷり根菜と鮭のあら汁

たっぷり根菜と鮭のあら汁

【材料】(1人分)

鮭のあら 2きれ
長葱 10cm
大根 2cm
長芋 5cm
ごぼう 5cm
だし入り味噌 大さじ1/2
水(またはだし汁) 100cc
サラダ油 小さじ1

【作り方】

1.鮭のあらの下処理をします。ボウルにあらを入れ、90度~95度くらいの熱湯をかけます。箸でかき混ぜながら差し水をし、水を替えながら軽く洗います。
この作業をすることで魚の臭みを取り除くことができます(霜降り)。
2.長葱は1cm程度の小口切りに、大根と長芋は1cm程度のいちょう切りに、ごぼうは乱切りにします。
3.鍋に油を熱し、鮭のあらを軽く焼く。

たっぷり根菜と鮭のあら汁

 

4.鮭を一度取り出し、切った野菜を入れ軽く炒める。

たっぷり根菜と鮭のあら汁

 

5.野菜に油がまわったら鮭を鍋に戻し、水を入れ、あくを取りながら野菜が煮えるまで加熱する。

たっぷり根菜と鮭のあら汁

6.だし入り味噌を溶き味を調節し、器に盛り完成。

今回使用した大根、長芋、ごぼうは土の中で育つ食材です。土の中で育つ食材は、体を温める効果があるとされています。

また、長葱の辛味成分にも体を温める効果があり、あわせておすすめです。

具だくさんにすることで野菜や鮭の旨味を生かし、また、水分を少なくすることで少ない調味料でも満足のいく味に。

香味野菜である長葱や、独特の風味があるごぼうも減塩の手助けをする食材です。

食塩相当量:1.2g(豚汁と比較し、約25%減塩)

 

さつま汁

さつま汁

【材料】(1人分)

鶏もも肉 50g
人参 20g
さつまいも 50g
大根 2cm
油揚げ 1/3枚
だし汁 100cc
醤油 大さじ1/2

【作り方】

1.鶏肉は食べやすい大きさに切る。
2.人参とさつまいもは1cm程度の半月切りに、大根は1cm程度のいちょう切りにする。
3.油揚げは熱湯をかけ油抜きをし、短冊切りにする。
4.鍋を熱し、鶏肉を皮目から軽く焦げ目が付くまで焼き、裏返す。
5.人参・さつまいも・大根・油揚げを入れ、さらに炒める。
6.野菜に軽く火が通ったらだし汁を加え、具材に火が通るまで煮込む。
7.醤油で味付けをし、器に盛り完成。

鶏肉と、さつまいもなどの野菜を煮込んださつま汁は、鹿児島の郷土料理です。
さつまいもの甘さを生かした素朴な汁物は麦味噌などが用いられますが、今回は醤油で味付けをしました。

このレシピもさつまいも、人参、大根と土の中で育つ野菜をたくさん使っています。

食塩相当量:1.4g(けんちん汁と比較し、約20%減塩)

* * *

具だくさんのおかず汁で、体を温め、お腹もいっぱい。体調を崩しやすいこの時期、ぜひ食卓に取り入れてみて下さいね。

文/矢崎海里(やざき・かいり)
管理栄養士やフードスペシャリストなどの資格を生かし、企業で働く傍ら、Webメディアでも活動。おいしく食べて健康になれるごはんを研究中。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【管理栄養士が教える減塩レシピ】今が旬!そらまめとかぶを食べよう 【管理栄養士が教える減塩レシピ】「そらまめと新じゃがのチーズ焼き…
  2. 【管理栄養士が教える減塩レシピ】旬の山菜、ふきのとうでふきみそを作ろう! 【管理栄養士が教える減塩レシピ】旬の山菜、ふきのとうで「ふき味噌…
  3. 鶏だしチャプチェ 【管理栄養士が教える減塩レシピ】鶏だしチャプチェ|鶏肉でだしを取…
  4. さきいかと菜の花の炊き込みご飯 【管理栄養士が教える減塩レシピ】さきいかと菜の花の炊き込みご飯|…
  5. 野菜たっぷり干し貝柱の中華丼 【管理栄養士が教える減塩レシピ】野菜たっぷり干し貝柱の中華丼|干…
PAGE TOP