新着記事

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(9/23~9/29)

生活は口のなかに表れる|『口がきれいだと、健康で長生きできる』

唾液が少ない人は要注意!口がきれいでない人は、長生きできない

招福 健康パートナー|健康と幸福を願って握る福の神のツボ押し

起業

定年後の起業が増加傾向!?|シニア層の4人に1人が「起業に関心あり」

【最後の恋】「うちでお昼はいかが?」高級マンションでひとり暮らしをする4歳年下の未亡人の誘惑~その2~

【最後の恋】偶然入った昼間のカラオケスナック。「いい声ね」と言われ、人生初のモテ期が始まり……~その1~

認知症になるのを予防して“もの忘れ”程度に留める方法とは

認知症になるのを予防して“もの忘れ”程度に留める方法とは?

秋の長雨シーズン到来。あなたの知らない、部屋干しの新事実

秋の長雨シーズン到来。あなたの知らない「部屋干し」の新事実

オーギュスト・ルノワール《ピアノを弾く少女たち》1892年頃 Photo (c) RMN-Grand Palais(musée de l' Oangerie) / Franck Raux / distributed by AMF

ヨーロッパ屈指の絵画作品が21年振りに日本で公開【オランジュリー美術館コレクション ルノワールとパリに恋した12人の画家たち】

江戸切子 蓋ちょこ|伝統と現代の趣向を合わせたモダンな切子グラス

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. 東寺
  2. 世界遺産の構成資産内にある旧五輪教会。傘を開いたようなコウモリ天井の下、イエスを抱いた聖ヨセフ(イエスの養父)が佇む。手前の聖体拝領台(柵)の意匠は大浦天主堂(長崎市・世界遺産)と共通。鳥の声と波の音が堂内にこだまする。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

健康

【管理栄養士が教える減塩レシピ】たっぷり根菜と鮭のあら汁|寒暖差の激しい季節に食べたい、具だくさん汁

写真・文/矢崎海里

【管理栄養士が教える減塩レシピ】寒暖差の激しい季節に食べたい、具だくさん汁
多くの地域で桜の季節も過ぎましたが、まだまだ朝晩は冷え込みますね。
日中との寒暖差で体調を崩しやすいこの時期、衣類だけではなく食事にも気をつかって体調管理をしっかりすることが大切です。

今回ご紹介するのは、具だくさん汁。
まるで食べるスープのよう、立派なおかずの一品となる具だくさんの汁で、体の中からあたためましょう。

たっぷり根菜と鮭のあら汁

たっぷり根菜と鮭のあら汁

【材料】(1人分)

鮭のあら 2きれ
長葱 10cm
大根 2cm
長芋 5cm
ごぼう 5cm
だし入り味噌 大さじ1/2
水(またはだし汁) 100cc
サラダ油 小さじ1

【作り方】

1.鮭のあらの下処理をします。ボウルにあらを入れ、90度~95度くらいの熱湯をかけます。箸でかき混ぜながら差し水をし、水を替えながら軽く洗います。
この作業をすることで魚の臭みを取り除くことができます(霜降り)。
2.長葱は1cm程度の小口切りに、大根と長芋は1cm程度のいちょう切りに、ごぼうは乱切りにします。
3.鍋に油を熱し、鮭のあらを軽く焼く。

たっぷり根菜と鮭のあら汁

 

4.鮭を一度取り出し、切った野菜を入れ軽く炒める。

たっぷり根菜と鮭のあら汁

 

5.野菜に油がまわったら鮭を鍋に戻し、水を入れ、あくを取りながら野菜が煮えるまで加熱する。

たっぷり根菜と鮭のあら汁

6.だし入り味噌を溶き味を調節し、器に盛り完成。

今回使用した大根、長芋、ごぼうは土の中で育つ食材です。土の中で育つ食材は、体を温める効果があるとされています。

また、長葱の辛味成分にも体を温める効果があり、あわせておすすめです。

具だくさんにすることで野菜や鮭の旨味を生かし、また、水分を少なくすることで少ない調味料でも満足のいく味に。

香味野菜である長葱や、独特の風味があるごぼうも減塩の手助けをする食材です。

食塩相当量:1.2g(豚汁と比較し、約25%減塩)

 

さつま汁

さつま汁

【材料】(1人分)

鶏もも肉 50g
人参 20g
さつまいも 50g
大根 2cm
油揚げ 1/3枚
だし汁 100cc
醤油 大さじ1/2

【作り方】

1.鶏肉は食べやすい大きさに切る。
2.人参とさつまいもは1cm程度の半月切りに、大根は1cm程度のいちょう切りにする。
3.油揚げは熱湯をかけ油抜きをし、短冊切りにする。
4.鍋を熱し、鶏肉を皮目から軽く焦げ目が付くまで焼き、裏返す。
5.人参・さつまいも・大根・油揚げを入れ、さらに炒める。
6.野菜に軽く火が通ったらだし汁を加え、具材に火が通るまで煮込む。
7.醤油で味付けをし、器に盛り完成。

鶏肉と、さつまいもなどの野菜を煮込んださつま汁は、鹿児島の郷土料理です。
さつまいもの甘さを生かした素朴な汁物は麦味噌などが用いられますが、今回は醤油で味付けをしました。

このレシピもさつまいも、人参、大根と土の中で育つ野菜をたくさん使っています。

食塩相当量:1.4g(けんちん汁と比較し、約20%減塩)

* * *

具だくさんのおかず汁で、体を温め、お腹もいっぱい。体調を崩しやすいこの時期、ぜひ食卓に取り入れてみて下さいね。

文/矢崎海里(やざき・かいり)
管理栄養士やフードスペシャリストなどの資格を生かし、企業で働く傍ら、Webメディアでも活動。おいしく食べて健康になれるごはんを研究中。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【管理栄養士が教える減塩レシピ】|旬のさんまを使った炊き込みご飯と蒲焼きレシピ 【管理栄養士が教える減塩レシピ】旬のさんまを使った炊き込みご飯と…
  2. 【管理栄養士が教える減塩レシピ】|9月9日は重陽の節句。茄子を食べて無病息災を願おう 【管理栄養士が教える減塩レシピ】9月9日は重陽の節句。茄子を食べ…
  3. 【管理栄養士が教える減塩レシピ】|夏バテを引きずらない!豚肉で効率よく栄養補給をしよう 【管理栄養士が教える減塩レシピ】夏バテを引きずらない!「豚肉」で…
  4. 【管理栄養士が教える減塩レシピ】|夏野菜の定番!旬のトマトの甘みと旨味を生かして減塩 【管理栄養士が教える減塩レシピ】夏野菜の定番!甘みと旨味を生かし…
  5. 【管理栄養士が教える減塩レシピ】|これひとつで味が決まる!だしの効いた「煎り酒」で減塩に挑戦 【管理栄養士が教える減塩レシピ】これひとつで味が決まる!だしの効…
PAGE TOP