新着記事

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|香ばしいくるみを生かして上手に減塩!

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|良質な脂質で健康に良い「クルミ」料理2品

ポストカード

ボロボロの野良猫から人気者に!「おぷうのきょうだい」が明かす今後の構想|大ヒット猫マンガ『俺、つしま』作者が語る舞台裏【その3】

【ビジネスの極意】「社内新聞」「社員食堂」「社員研修」|社員のコミュニケーションを活性化する方法

【ビジネスの極意】「社内新聞」「社員食堂」「社員研修」|社員のコミュニケーションを活性化する方法

【京都人のお墨付き】綴織職人 伝統工芸士・平野喜久夫さんおすすめ|24時間営業でいつでもくつろげる「ハーバーカフェ北野白梅町店」

二巻-俺、つしま

「猫ってかわいいよね!」それだけでこの物語が生まれた!|大ヒット猫マンガ『俺、つしま』作者が語る舞台裏【その2】

応永12年(1405)、尾張国守護職であった斯波義重が建てたのが清須城の始まり

出世か左遷か? 三英傑に仕え「全国転勤」した武将とゆかりの城 【福島正則編】

人生の節目で人とモノとの関係を考える『定年後の断捨離~モノを減らして、愉快に生きる』

「断捨離」の生みの親が考える「人生100年時代」のシンプルな生き方|『定年後の断捨離~モノを減らして、愉快に生きる』

国宝「十一面観音菩薩立像」平安時代・9世紀 奈良・室生寺蔵 撮影・三好和義

大和の古刹四寺から国宝・重文の仏像が一堂に【特別企画 大和奈良四寺のみほとけ】

【娘のきもち】離婚した両親のどちらかに味方する必要なんてなかった。そのことに気づくまで10年父親と会わなかった~その2~

【娘のきもち】離婚した両親のどちらかに味方する必要なんてなかった。そのことに気づくまで10年間父親と会わなかった~その2~

【娘のきもち】門限は夏18時に、冬は17時。友人と遊ぶ時間も制限され、窮屈さを感じていた父の愛情~その1~

【娘のきもち】門限は夏18時で、冬は17時。友人と遊ぶ時間も制限され、窮屈さを感じていた父の愛情~その1~

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。
  2. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

健康

【管理栄養士が教える減塩レシピ】さきいかと菜の花の炊き込みご飯|さきいかでだしを取ろう

写真・文/矢崎海里

【管理栄養士が教える減塩レシピ】だしを楽しむ料理|さきいかでだしを取ろう

前回、干し貝柱を使っただしのレシピをご紹介しました。

今回は、お酒のアテとしても重宝されるさきいかに着目。
コンビニやスーパーでも手軽に買える、乾き物の定番ですよね。
今日は、このおつまみの定番を使ったレシピを紹介していきます。

さきいかと菜の花の炊き込みご飯

さきいかと菜の花の炊き込みご飯

【材料】(1合分)

精白米 1合
水 180cc
さきいか 15g
★うすくち醤油 小さじ1/2
★塩 小さじ1/4
★みりん 小さじ1
生姜 1かけ
菜の花 1/2束

【作り方】

1.さきいかは1cm幅に切り、分量の水に30分程度漬けておく(キッチンばさみで切るとやりやすい)
2.米はとぎ、浸水させておく。
3.菜の花は沸騰したお湯で茎の方から固ゆでし、冷水に取り、水気を切ったら1cm幅に刻んでおく。
4.生姜は千切りにする。
5.水を切った米を炊飯器に入れ、分量のだし汁、★の調味料を入れ、炊飯する(刻んださきいかも一緒に入れてOK)
※うすくち醤油は、なければ濃口醤油でも問題ありません。

 さきいかと菜の花の炊き込みご飯

6.ご飯が炊けたら、菜の花を入れ、10分ほど保温する。
7.具材を混ぜ合わせ、器に盛り、完成。

さきいかは特にだしを取る手順はありません。
お吸い物や浅漬けなどにも使用され、旨味を引き出すことで、調味料を減らす手助けをしてくれます。
今回は生姜を入れることで、風味をつけ、さきいかの臭みも軽減。
菜の花はあらかじめ茹でておき、後から入れることで火が入りすぎず、色鮮やかに春らしい仕上がりに。

 さきいかと菜の花の炊き込みご飯

今回、私は炊飯器ではなくIH用の鍋で炊きました。
炊飯器に比べ早く炊くことができ、このようにおこげもしっかりとできるのでおすすめです。

火加減は、やや強火で加熱し、沸騰したら弱火で10分。最後に1分強火にし、香ばしい香りとパチパチと音がしてきたら火を止めます。
ここで蓋を開け、素早く菜の花を入れ10分蒸らせば完成。
お弁当用のおにぎりにしたり、たくさん作って冷凍するのもおすすめです。

仕事で有名な料理家の先生とご一緒したことがあるのですが、そこで炊き込みご飯について

「春先は塩やうすくち醤油で薄色に、秋が深まるにつれて濃口醤油で深みのある濃い色に仕上げるのよ」

と教えて頂きました。

しっかりとだしを使えば、余分な調味料を入れることもなく、食材本来の色を引き出し、鮮やかに上品に仕上がると。
その教えは、今でも炊き込みご飯を作る度に思い出す、私の中で大切な言葉となっています。

食塩相当量:1.4g(コンビニの炊き込みご飯おにぎりに比べ、約30%の減塩)

* * *

乾き物の定番があらびっくり、上品な和食の一品に変身しました。
食卓から季節の訪れを感じるのも、素敵な時間になりますね。

文/矢崎海里(やざき・かいり)
管理栄養士やフードスペシャリストなどの資格を生かし、企業で働く傍ら、Webメディアでも活動。おいしく食べて健康になれるごはんを研究中。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【管理栄養士が教える減塩レシピ】|香ばしいくるみを生かして上手に減塩! 【管理栄養士が教える減塩レシピ】|良質な脂質で健康に良い「クルミ…
  2. 【管理栄養士が教える減塩レシピ】|みずみずしい新生姜を使った甘酢漬け&豚バラ巻き 【管理栄養士が教える減塩レシピ】|みずみずしい新生姜を使った甘酢…
  3. 【管理栄養士が教える減塩レシピ】|肉派?魚派?気取らない父の日減塩レシピ 【管理栄養士が教える減塩レシピ】お父さんの健康を気遣う「父の日」…
  4. 【管理栄養士が教える減塩レシピ】これからの季節に食べたい旬のみょうが 【管理栄養士が教える減塩レシピ】初夏に食べたい旬のみょうが|「チ…
  5. 【管理栄養士が教える減塩レシピ】新茶の季節、料理にも緑茶を活用しよう 【管理栄養士が教える減塩レシピ】新茶の季節、茶葉を使って緑茶の風…
PAGE TOP