新着記事

ココロとカラダの健康のために! 意識すべき3つの「ホルモン」

ココロとカラダの健康のために! 意識すべき3つの「ホルモン」

越後亀田縞ハンチング|伝統織物で仕立てた小粋な木綿ハンチング帽

失敗を恐れずに進むことが特効薬|『「感情の老化」を防ぐ本』

40代から始まる「感情の老化」を食い止める方法|『「感情の老化」を防ぐ本』

春の体調管理の鍵を握るのは免疫力を上げる「たんぱく質」!

春の体調管理の鍵を握るのは免疫力を上げる「たんぱく質」!

「褒められると伸びるタイプなんです」と言う部下への接し方

【ビジネスの極意】「褒められると伸びるタイプなんです」と言う部下への接し方

ペーパーグラス|眼鏡作りの聖地が生んだ驚異の薄型軽量読書眼鏡

仏像曼荼羅イメージ 東寺蔵

空海発案の立体曼荼羅21体のうち、15体が集合【特別展「国宝 東寺―空海と仏像曼荼羅」】

災害時に愛猫がPTSDに陥ったら!|知っておきたい「猫のPTSD」治療法

竹製のスタンドにヤシの葉のうちわを常備。和室はエアコンを設置せずに、うちわや扇風機で涼をとります。網戸がなく、窓を開けっ放しにしているため、家中のいたるところに置いている蚊取り線香入れは、バリ島でつくられたもの。

春過ぎて夏を待つ日に葉山の家へ【桐島かれん『KAREN’s』】

50代夫婦1000名に聞いた定年対策 実態調査!|「定年退職後も夫には外で働いてほしい」は9割近く!!

妻の9割は「定年退職後も夫には外で働いてほしい」|50代夫婦1000名に聞いた「定年後のライフスタイル」

サライ本誌最新号

住宅特集アンケート実施中です!

別冊付録「大人の逸品カタログ」商品はこちらから

ピックアップ記事

  1. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。
  2. アウトサイド・ジャパン展

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

リメイクで見たい80年代刑事・警察ものドラマランキング|3位 Gメン’82、2位は噂の刑事トミーとマツ、1位はやっぱり?

リメイクで見たい80年代刑事・警察ものドラマランキング|3位 Gメン'82、2位は噂の刑事トミーとマツ、1位はやっぱり?
最近の刑事・警察ものドラマはリアリティ重視で、それはそれでかなり緊迫感があり、面白いのだが、時々破天荒だった昔の警察ものを懐かしく思う方も多いのではないだろうか。株式会社CMサイトのランキングサイト「ランキングー!」(https://rankingoo.net/ )が10~60代の男女2,984名に聞いた「リメイクで見たい80年代刑事・警察ものドラマは?」というアンケートの結果をご紹介しよう。

 

* * *

■リメイクで見たい80年代刑事・警察ものドラマランキング

第1位:西部警察

「今の技術なら、もっと激しいアクションシーンが再現できそうだから」
「カースタントがド派手で好きだったよ」
「とにかくスケール感が異常。
今のテレビでは考えられないほど、派手で過激な爆破シーンがとても強く残っているので」
「歴代のスカイラインに憧れてました。いまリメイクすると何になるかワクワクします」
「今ではできないであろう派手なアクションや爆発シーンが見てみたい」

今では考えられないほどの大迫力のアクションシーンで大人気だった刑事・警察ドラマ。凄まじいカーチェイスや銃撃戦、大量の火薬を使った大爆破、と当時でも視聴者の度肝を抜く演出は今見ても驚きである。

第2位:噂の刑事トミーとマツ

「コミカルな掛け合いが楽しかった」
「国広富之が最後に全部持って行くコメディドラマが印象的で毎週見てました」
「トミーとマツの二人のやりとりが面白くて毎週見ていた」
「トミーとマツが相模警視にバカと何度も怒鳴られるシーンが印象的」

国広富之扮する岡野富夫、通称「トミー」と、松崎しげる(!)扮する松山進、通称「マツ」の2人の刑事が活躍するバディものの先駆けとなった刑事ドラマ。当時放送されていた刑事・警察ドラマとは趣が異なり、コメディタッチの演出にファンも多かった。

第3位:Gメン’82

「子供の時に見てました」
「アクション満載の刑事ドラマ観たいです」

「Gメン’75」の続編。Gメン’82は1年で終了しているが、Gメン’75の時代から数えると7年に渡り放送されていた刑事ドラマ。丹波哲郎の黒木警視の存在感が凄い。滑走路を並んで歩くオープニングは、「Gメン歩き」として真似をした子供も多いはず。

 

第4位:非情のライセンス

「天知茂さんのシブさと主題歌の「昭和ブルース」が光ってました」
「子供ながら天地茂の苦み走った男らしい顔が好きだった。もう一度見たい」
「劇画タッチの雰囲気が今となっては懐かしいから」

苦み走ったいい男の代名詞、天知茂主演のハードボイルド刑事ドラマ。昭和テイスト溢れる画面に懐かしさを覚える世代多数。主題歌も「昭和ブルース」も天知茂が歌っている。 ちなみに、タイトルと同名の「非情のライセンス」という曲もあるが、これは「キイハンター」の主題歌。歌は野際陽子。

第5位:刑事犬カール

「美人婦警と犬。時代を超えて、誰が演じても癒されるドラマになる」
「カールの活躍がみたい」
「子供の頃に観ていたので、あの犬をみるとカールと名付けたい」

婦警役に当時アイドルの木ノ内みどりが扮した30分ドラマ。「刑事犬」はこのドラマでの呼称である。刑事犬カール役のジャーマンシェパードは実際には複数の犬が担当していたらしい。

【6位以下はこちら】
6位 ザ・ハングマン
7位 私鉄沿線97分署
8位 爆走!ドーベルマン刑事
9位 青春はみだし刑事
10位 警視庁殺人課

* * *

いかがだっただろうか。1位の西部警察は今ならCGでこのくらい…、と思われるアクションシーンもあるかもしれないが、当時実際に行っている迫力は今の最先端技術でも敵わないのではないだろうか。

調査方法:10~60代の男女を対象に、株式会社CMサイトが行ったインターネットリサーチ結果を集計(複数回答)。
有効回答者数:2,984名
調査日:2018年7月15日

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 『さすらい温泉 遠藤憲一 極上温泉ガイド』 「行きたくてたまらない温泉」を見つける|『さすらい温泉 遠藤憲一…
  2. 日本リメイク版『24』ジャック・バウアー役を演じてほしい俳優ランキング|3位 は 岡田准一 、2位は ディーン・フジオカ 、1位は? 日本リメイク版『24』ジャック・バウアーを演じてほしい俳優ランキ…
  3. 面白かった80年代の洋画ランキング|3位スター・ウォーズ、2位はターミネーター、では1位は? 面白かった80年代の洋画ランキング|3位スター・ウォーズ、2位は…
  4. 思わず涙ぐんでしまう懐かしのTVドラマ|面白かった80年代のTVドラマランキング 面白かった80年代のTVドラマランキング|第1位は、あの人気シリ…
PAGE TOP