新着記事

西京漬けは焼いて食す。魚の旨みと味噌床の旨みが溶け合う。手前は食用菊の酢漬け。西京焼きには、酸味のあるあしらいが合う。

「鯛の西京漬け」と「鯛の松前漬け」の作り方【プロ直伝の技とコツ】

40代から70代男女6,511名の運動意識に対する実態調査結果|梅雨明けにおすすめのスポーツは“ウオーキング

「ロコモティブシンドローム」対策していますか?|100歳まで楽しく歩くためにすべきこと

世界のミニマリストな宿泊施設7選|「ミニマリストの美学」がわかる宿

世界のミニマリストな宿泊施設7選|「ミニマリズム」なライフスタイルを体験できる宿

エラ・フィッツジェラルド『シングス・ザ・アイラ・アンド・ジョージ・ガーシュウィン・ソング・ブック』

ジョージ・ガーシュウィンが残した「メロディ」よりも大切なもの【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道12】

人生100年時代、ボーッと生きてたら老後はピンチ!?|50代会社員夫婦の定年対策

今から準備しないと年金生活はピンチ!?|50代会社員夫婦1000人が考える定年退職後

毛もないが、前臼歯もない不思議な犬種

身体にあてると痛みが止まった! 犬の特殊な能力を信じた人々

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|香ばしいくるみを生かして上手に減塩!

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|良質な脂質で健康に良い「クルミ」料理2品

ポストカード

ボロボロの野良猫から人気者に!「おぷうのきょうだい」が明かす今後の構想|大ヒット猫マンガ『俺、つしま』作者が語る舞台裏【その3】

【ビジネスの極意】「社内新聞」「社員食堂」「社員研修」|社員のコミュニケーションを活性化する方法

【ビジネスの極意】「社内新聞」「社員食堂」「社員研修」|社員のコミュニケーションを活性化する方法

【京都人のお墨付き】綴織職人 伝統工芸士・平野喜久夫さんおすすめ|24時間営業でいつでもくつろげる「ハーバーカフェ北野白梅町店」

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。
  2. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

リメイクで見たい80年代刑事・警察ものドラマランキング|3位 Gメン’82、2位は噂の刑事トミーとマツ、1位はやっぱり?

リメイクで見たい80年代刑事・警察ものドラマランキング|3位 Gメン'82、2位は噂の刑事トミーとマツ、1位はやっぱり?
最近の刑事・警察ものドラマはリアリティ重視で、それはそれでかなり緊迫感があり、面白いのだが、時々破天荒だった昔の警察ものを懐かしく思う方も多いのではないだろうか。株式会社CMサイトのランキングサイト「ランキングー!」(https://rankingoo.net/ )が10~60代の男女2,984名に聞いた「リメイクで見たい80年代刑事・警察ものドラマは?」というアンケートの結果をご紹介しよう。

 

* * *

■リメイクで見たい80年代刑事・警察ものドラマランキング

第1位:西部警察

「今の技術なら、もっと激しいアクションシーンが再現できそうだから」
「カースタントがド派手で好きだったよ」
「とにかくスケール感が異常。
今のテレビでは考えられないほど、派手で過激な爆破シーンがとても強く残っているので」
「歴代のスカイラインに憧れてました。いまリメイクすると何になるかワクワクします」
「今ではできないであろう派手なアクションや爆発シーンが見てみたい」

今では考えられないほどの大迫力のアクションシーンで大人気だった刑事・警察ドラマ。凄まじいカーチェイスや銃撃戦、大量の火薬を使った大爆破、と当時でも視聴者の度肝を抜く演出は今見ても驚きである。

第2位:噂の刑事トミーとマツ

「コミカルな掛け合いが楽しかった」
「国広富之が最後に全部持って行くコメディドラマが印象的で毎週見てました」
「トミーとマツの二人のやりとりが面白くて毎週見ていた」
「トミーとマツが相模警視にバカと何度も怒鳴られるシーンが印象的」

国広富之扮する岡野富夫、通称「トミー」と、松崎しげる(!)扮する松山進、通称「マツ」の2人の刑事が活躍するバディものの先駆けとなった刑事ドラマ。当時放送されていた刑事・警察ドラマとは趣が異なり、コメディタッチの演出にファンも多かった。

第3位:Gメン’82

「子供の時に見てました」
「アクション満載の刑事ドラマ観たいです」

「Gメン’75」の続編。Gメン’82は1年で終了しているが、Gメン’75の時代から数えると7年に渡り放送されていた刑事ドラマ。丹波哲郎の黒木警視の存在感が凄い。滑走路を並んで歩くオープニングは、「Gメン歩き」として真似をした子供も多いはず。

 

第4位:非情のライセンス

「天知茂さんのシブさと主題歌の「昭和ブルース」が光ってました」
「子供ながら天地茂の苦み走った男らしい顔が好きだった。もう一度見たい」
「劇画タッチの雰囲気が今となっては懐かしいから」

苦み走ったいい男の代名詞、天知茂主演のハードボイルド刑事ドラマ。昭和テイスト溢れる画面に懐かしさを覚える世代多数。主題歌も「昭和ブルース」も天知茂が歌っている。 ちなみに、タイトルと同名の「非情のライセンス」という曲もあるが、これは「キイハンター」の主題歌。歌は野際陽子。

第5位:刑事犬カール

「美人婦警と犬。時代を超えて、誰が演じても癒されるドラマになる」
「カールの活躍がみたい」
「子供の頃に観ていたので、あの犬をみるとカールと名付けたい」

婦警役に当時アイドルの木ノ内みどりが扮した30分ドラマ。「刑事犬」はこのドラマでの呼称である。刑事犬カール役のジャーマンシェパードは実際には複数の犬が担当していたらしい。

【6位以下はこちら】
6位 ザ・ハングマン
7位 私鉄沿線97分署
8位 爆走!ドーベルマン刑事
9位 青春はみだし刑事
10位 警視庁殺人課

* * *

いかがだっただろうか。1位の西部警察は今ならCGでこのくらい…、と思われるアクションシーンもあるかもしれないが、当時実際に行っている迫力は今の最先端技術でも敵わないのではないだろうか。

調査方法:10~60代の男女を対象に、株式会社CMサイトが行ったインターネットリサーチ結果を集計(複数回答)。
有効回答者数:2,984名
調査日:2018年7月15日

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 『さすらい温泉 遠藤憲一 極上温泉ガイド』 「行きたくてたまらない温泉」を見つける|『さすらい温泉 遠藤憲一…
  2. 日本リメイク版『24』ジャック・バウアー役を演じてほしい俳優ランキング|3位 は 岡田准一 、2位は ディーン・フジオカ 、1位は? 日本リメイク版『24』ジャック・バウアーを演じてほしい俳優ランキ…
  3. 面白かった80年代の洋画ランキング|3位スター・ウォーズ、2位はターミネーター、では1位は? 面白かった80年代の洋画ランキング|3位スター・ウォーズ、2位は…
  4. 思わず涙ぐんでしまう懐かしのTVドラマ|面白かった80年代のTVドラマランキング 面白かった80年代のTVドラマランキング|第1位は、あの人気シリ…
PAGE TOP