新着記事

年収1000万円以上の保護者が子どもにしている「マネー教育」の中身

PTA活動はみんなやりたくない? 年齢別にみると明らかな結果が。生の声をそのまま公開します!

ボスママ、マウント、利権争い、「PTA活動」参加したくない意外な理由

マスク焼けが気になる今年。「日焼け止め」を塗るべきか、塗らざるべきか|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第27回】

マスク焼けが気になる今年。「日焼け止め」を塗るべきか、塗らざるべきか|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第27回】

『Norman Granz' Jazz At The Philharmonic Vol.6』

「好き勝手」を楽しむ ジャム・セッションの聴き方【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道56】

“ながら視聴”でBGM化したテレビ。2人に1人が“聞き逃し”でストレス

新型コロナウイルスの影響で進路が変わる受験生多数!?|受験生への新型コロナウイルスの影響に関する調査

新型コロナの影響で進路が変わる? 入試を控える高校3年生の不安

ポークソテーシャリアピンソース

【管理栄養士が教える減塩レシピ】みじん切り、すりおろしで活性化! 旬のにんにくの栄養を逃さない調理法

サンブロックアンブレラ|遮光、遮熱に優れたアウトドア仕様の日傘

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(6/1~6/7)射手座~魚座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(6/1~6/7)獅子座~蠍座編

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 大開口窓は開放感が得られると同時に、季節ごとの光と風を取り込むことができる。芝生は建物周辺の温度を下げることが期待でき、庭木は夏の日差しを和らげる効果がある。
  2. 勾配天井により天井高は最高4mを実現。1階と1.5階がゆるく繋がることで、人の気配を感じながら、個室で過ごす感覚が楽しめる。
  3. 居室は35~75平方メートル、と広めに設定され、多彩なタイプが用意される。高齢者の暮らしやすさに配慮した設計が特徴だ。写真は66平方メートルの部屋。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

健康

無理なく運動習慣が身につく!|『医師に「運動しなさい」と言われたら最初に読む本』

文/印南敦史

無理なく運動習慣が!|『医師に「運動しなさい」と言われたら最初に読む本』

「運動しなければ……」と思いつつ、なかなか行動に移せないという方は決して珍しくないことだろう。『医師に「運動しなさい」と言われたら最初に読む本』(中野ジェームズ修一/著、田畑尚吾/監修、日経BP社)の著者も、本書の冒頭でまずはそのことを指摘している。

厚生労働省の「国民健康・栄養調査」によると、20〜64歳で運動習慣のある人はわずか21%でしかないというのだ(2016年)。この結果から、いかに運動している人が少ないかが推測できるわけである。

そして本書も、そのような現実を踏まえたうえで書かれている。著者は、アスリートから一般の人までの幅広い層に対し、身体機能を向上させるトレーニングの指導をしている「フィジカルトレーナー」である。

 この本は、「運動したほうがいいと分かっていたけれども、どうしても一歩を踏み出せない」という人に向けて書きました。
医師に「運動しましょう」と言われた経験がある方は、このままだと病気になる可能性があったり、すでに何らかの症状が出ていたりする状態にあります。
そのような人には、運動を始めるハードルをなるべく下げつつも、やればきちんと成果が出るメニューが必要です。
これまで運動をしたことがなかった人、運動が苦手だと思っていた人でも取り組みやすく、時間がなくても続けられて、成果が得られるようなメニューを、この本のために考案しました。(本書「はじめに」より引用)

つまり解説に沿ってエクササイズに取り組めば、無理なく運動習慣を身につけられるということだ。今回は、素朴な疑問に答えてくれている第9章「Q&Aで学ぶ『効果的な運動』とは?」のなかから、3つのQ&Aを抜き出してみたい。

Q:ウエストから下についた余分な脂肪を落とすために、1日1万歩弱、早足で、姿勢を気にしながら歩いていますが、なかなか落ちません。(40代後半女性)

A:スクワットと運動強度の高い有酸素運動で下半身の脂肪を落としましょう。
(本書204〜2-5ページより)

余分な脂肪を落とすために運動するのはいいことだが、成果が出ないということには理由があると著者は指摘している。この程度のウォーキングでは運動強度が低く、脂肪の燃焼効率が悪いと推測されるというのである。歩くときに姿勢に気をつけたとしても、それで運動強度が上がるわけではないということだ。

人は誰でも20代をピークに筋肉量が年に1%程度の割合で減っていきます。特に下半身の大きな筋肉群が減ってくると、基礎代謝が下がってきます。それで下半身の脂肪がつきやすくなってきたと考えると、大殿筋から大腿部の大きな筋肉群を鍛えて基礎代謝を上げるような運動を行ったほうがいいですね。(本書204ページより)

そのためには、簡単で手早くできるスクワットなどのエクササイズがいいそうだ。また、併せて強度の高い有酸素運動を行うと、効率的に脂肪を落とすことが可能。具体的には、時間が短くてすむので、ジョギングをするのも効果的だという。

食事に関していえば、「ランニングはやりたくない、ウォーキングがいい」という人は、運動強度が低いため、摂取カロリーのコントロールが必要。筋肉を作るための栄養バランスが整った食事にしなければならないので、筋肉を作る材料である「たんぱく質」もしっかりとって運動するように心がけるといい。

Q:一念発起し、シックスパックを目指して筋トレを始めました。仕事の都合でジムには週に1回しか通えません。これで腹筋は割れますか?(50代前半男性)

A:皮下脂肪を落として腹直筋を浮かび上がらせましょう。
(本書210〜211ページより)

男性にとって憧れのシックスパック(腹直筋が6つに割れた状態)になることは、50代になってからでも可能だと著者は言う。男性は腹部の皮下脂肪を落としていけば、腹直筋が浮き上がってくる可能性が高くなるというのだ。

懸命に腹筋を鍛えているのにシックスパックができないという人は、腹筋の上に体脂肪という座布団が乗っていることが多いのだとも著者は指摘している。

だとすれば必要なのは、体脂肪を落とすためのアプローチ。そこで必要になるのは、筋トレよりも、摂取カロリーのコントロールと有酸素運動だ。そうして皮下脂肪を落とした状態になったら、腹直筋を隆起させるために、高負荷をかけるトレーニングを行えば、きれいなシックスパックができることになる。

ただしジムに週1回しか通えないということなのであれば、その他に家で自重トレーニングもしないと難しいそうだ。

Q:「筋トレ後、すぐに有酸素運動をすると、体脂肪を減らすのに効果がある」と思っていました。ところが、あるお医者さんが、「筋トレ後の有酸素運動は体脂肪を減らすのにあまり効果がない」と言っている記事を読みました。本当はどちらなのでしょうか?(50代後半男性)

A:諸説あるなら、自分の好みを優先して選んでもOK。
(本書212〜213ページより)

いろいろな説があるので一概には言えないものの、たしかに現在のトレーナー業界においては、「筋トレ後の有酸素運動は脂肪を減らすために有効だ」という考え方が一般的。しかし諸説あるのなら、自分でそれぞれの方法を2〜3カ月ずつ続けてみて、どちらの方が効果的なのか試してみるのもひとつの手だという。

なお、著者自身はランニングをしてから筋トレをしているのだと明かしている。しかも、それは科学的、運動生理学的な理由によるものではなく、「そのほうがやる気が出るから」という個人的な理由からだというのだ。

だとすれば効果が下がることも考えられるが、そのほうがモチベーションが高まるというのである。

筋トレをして疲れてから走るよりも、疲れていない状態で気持ちよく走りたいという考え方。なるほど「継続」することが大切なのだから、モチベーションを高めるためには順番にこだわらなくてもいいということなのだろう。

* * *

具体的なエクササイズのみならず、運動の効果をより高めるために、病気や体の仕組みから解説し、「なぜ運動することで改善されるのか」ということにもページが割かれている。しかも内容の正確性を高めるため、慶應義塾大学医学部スポーツ医学総合センターの意志である田畑尚吾氏に監修を委ねている。

そのため、さまざまな角度から運動や健康に関する知識を身につけることができるというわけだ。

『医師に「運動しなさい」と言われたら最初に読む本』

中野ジェームズ修一/著、田畑尚吾/監修

日経BP社

 定価:1,404円(税込)

2018年10月発売
『医師に「運動しなさい」と言われたら最初に読む本』

文/印南敦史
作家、書評家、編集者。株式会社アンビエンス代表取締役。1962年東京生まれ。音楽雑誌の編集長を経て独立。複数のウェブ媒体で書評欄を担当。著書に『遅読家のための読書術』(ダイヤモンド社)、『プロ書評家が教える 伝わる文章を書く技術』(KADOKAWA)、『世界一やさしい読書習慣定着メソッド』(大和書房)、『人と会っても疲れない コミュ障のための聴き方・話し方』などがある。新刊は『読んでも読んでも忘れてしまう人のための読書術』(星海社新書)。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【働く女性500人のトレーニング事情】運動を怠ってしまう冬の方が…
  2. 運動 「メタボ」「疲れやすい」は、筋肉の衰えのシグナル
  3. 『首都圏「道の駅」 ぶらり半日旅』 1000駅走破した達人が推奨する「道の駅めぐり」という愉しみ|『…
  4. 子どものような純粋な心で『万葉集』の本質に近づく|『中西進の万葉みらい塾』 小学生にもわかる『万葉集』の魅力|『中西進の万葉みらい塾』
  5. 『心を整えルー―ティーが教えてくれた人生で大切なこと』 ルー大柴が説く、奥深いティー(茶)道の世界|『心を整えルー──テ…
PAGE TOP