新着記事

日常生活に必須の「7つの力」を無理なく向上させるエクササイズ|『カラダのおくすり体操』

加齢で衰えた「転ばない力」を回復させるエクササイズ|『カラダのおくすり体操』

この一体化した金属を外せ!脳活パズル『はずる』にハマる人続出

ザルツブルクの町

門をくぐれば巡礼の道。モーツァルト生誕の地「ザルツブルク」の知られざる絶景ポイントを歩く(オーストリア)

お子さんが自立したこともあり、ロードスターを購入してからは奥様と2人で出かける機会が増えたそう。

【私のクルマ遍歴】事故でフロントが破損した『NCロードスター』。奥様の理解と後押しでより魅力的なフォルムに生まれ変わる(後編)

茂幸さんの愛車は、ブラックのボディカラーが希少なオープンカー。その出会いと物語は【後編】にて語ります。

【私のクルマ遍歴】仕事や家庭に翻弄され、『カリーナ』『チェイサー』『ミラージュ』『ギャラン』と、何台も乗り換えた青春時代(前編)

横瀬浦公園(長崎県西海市)にあるルイス・フロイス像。

なぜイエズス会は長崎で多くの信者を獲得できたのか?【半島をゆく 歴史解説編 西彼杵・島原半島3】

拾った猫の扱いや地域猫活動は法律的にどうなのか?|『ねこの法律とお金』

拾った猫をそのまま飼ったらどうなる?|『ねこの法律とお金』

ものぐさでもOK!後ろからでも前からでも履ける画期的スリッパ

死絵展・八代目市川団十郎安政元年(1854)頃①

有名人の訃報を知らせる錦絵|もっとも多く死絵の題材となったのは八代目市川団十郎【企画展「死絵 ~明るく笑ってさようなら~」】

【家族のかたち】姉が離婚後に独身を貫く理由。子供の頃の記憶は大人になっても忘れることはない~その2~

【家族のかたち】姉が離婚後に独身を貫く理由。子供の頃の記憶は大人になっても忘れることはない~その2~

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号

シニア住宅特集アンケート実施中です!

別冊付録「大人の逸品カタログ」商品はこちらから

ピックアップ記事

  1. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

健康

ため息のススメ|イライラ・不調を上手に逃がす秘訣は「ため息」だった

文/中村康宏

ヨガ、太極拳、禅など、「呼吸」を意識した健康増進法はあまた存在します。呼吸に変化をつける事でなぜ気持ちを落ち着かせたり、体を健康したりできるのでしょうか?

近年の研究で、そのメカニズムが明らかにされ、注目が集まっています。そこで今回は自律神経と呼吸法について解説します。

自律神経の働き

まず、神経は「体性神経」と「自律神経」に大別されます。

体性神経は感覚や運動を司る神経です。一方、自律神経は内臓の動きをコントロールする神経系で、体を活動させる働きを持つ《交感神経》と、体を休ませる働きがある《副交感神経》の二種類の神経で構成されます。この相反する神経が「バランス」を保って臓器の働きを調整しています。(※ただし消化管など一部の臓器は、副交感神経に紐づいています)。

自律神経は、カラダが安定するように全身をコントロールする働きを持つため、バランスが崩れると全身にいろんな支障をきたしてしまうのです。例えば、不眠、動悸、心身症、神経症、高血圧、メニエール病、肩こり、眼精疲労、疲れやすさ、便秘などは自律神経の機能異常を疑わせる症状です。

年齢とともに自律神経機能は落ちる

そんな自律神経ですが、年齢とともに不安定になり、バランスが崩れやすくなると報告されています(*1)。自律神経の機能は30歳代までは比較的変化がありませんが、40歳代以降で顕著になるものと考えられています。この原因は、年齢自体が自律神経機能に影響を与えることの他に、加齢と密接な相関を有する高血圧や脳血管障害などの「病気」が自律神経機能に重大な影響を与えることが挙げられます。また、安静状態で高齢者は交感神経系が優位の状態となっていることが多いと言われています(*2)

自律神経は「呼吸」でコントロールできる

心臓や大腸などの内臓は意識的にその働きをコントロールできません。一方、呼吸は無意識的になされるものですが、同時に意識的に呼吸をコントロールすることも可能です。呼吸のもつこうした性質を活かし、ヨガや太極拳、自己制御の方法として「呼吸法」が重視されてきました。

英語の「take a deep breath」には「落ち着いて」という意味もあり、深呼吸が落ち着きをもたらすことは昔から経験的にわかっていたのです。実際、不安感情は交感神経を活性化させ副交感神経を不活性化させ、普段より早く浅い呼吸になることが判明しています(*3)。それを意識的にコントロールすることができるのは「呼吸」であり、呼吸の科学的研究が注目を集めています。

様々な呼吸法が自律神経に及ぼす影響

呼吸法がリラクゼーション効果や副交感神経の働きを高めるメカニズムは次のように考えられています。

腹式呼吸では、ゆっくりと大きな呼吸を行うことで、副交感神経系の「迷走神経(心臓や大腸などの内臓を動かす神経)」が刺激され過度な圧受容器反射(血圧の値を一定の範囲に保持するための反射システム)を抑制します。

呼吸状態の変化は心臓に戻る血液の量にも影響し、その結果、副交感神経優位の状態がもたらされると考えられています。さらに、循環反応でみると「ストレスホルモン」と言われているアドレナリン、ノルアドレナリン、コルチゾール濃度が減少し、全身的にストレス負荷の少ない状態が作り出されます(*4)

太極拳、ヨガ、瞑想の呼吸法の特徴

太極拳やヨガでも呼吸が健康効果をもたらすという研究報告が多く見受けられます。実際、これらの呼吸により脳波のα波(落ち着いている時に出る脳波)成分の変化と脳内の幸せ物質「セロトニン」が活性化することで、大脳皮質が活動的になり、リラックス効果や副交感神経優位な状態をもたらすと報告されています(*5)

太極拳:平均年齢 57 歳の壮年期にある健常者が「太極拳式呼吸」を行うと、ストレス解消や副交感神経機能の亢進が起こり、リラクゼーション効果があったと報告されています(*4)

*太極拳式呼吸:腹式呼吸ですが、息を吐くときに腹部を張り出させず、さらに動きと一体化して行う方法

ヨガ呼吸法:呼息を意識的に長くし、心臓迷走神経機能を亢進状態に導く方法。
ヨガ呼吸をおこなうことで副交感神経機能評価指標が何もしない時よりも35%上昇したという報告があります。また腹式呼吸併用のヨガ式体操は、仰臥位ではリラクゼーション効果を、立位ではリラクゼーション効果に加え活力を誘発したという報告があります(*6)

副交感神経を高める(自律神経を整える)呼吸法のやり方

副交感神経優位な状態をもたらすのは「意識的腹式呼吸」です。意識的腹式呼吸は「吸気時間:呼気時間を約 1:2」とし、深くゆっくりとした呼吸で1分間に6回とします。

この意識的腹式呼吸に入る前に、腹式呼吸の練習として、腹部に手を当て、吸気のときはその手を押し上げるように空気を吸入すること、また、呼気のときは口をすぼめてゆっくり吐き、腹部の手には抵抗がない状態になるようにします(*7)

意識的腹式呼吸の継続時間は研究により一定ではありませんが、概して10~20分程度継続することが良いとされています。現実的に、会社や外出先で意識的腹式呼吸にそこまで時間を避けないという人も多いと思いますが、少ない時間でも効果を実感できるかもしれません。

以上、自律神経と呼吸法について解説しました。呼吸法の最大のメリットは誰でもいつでもどこでもできるということです。深呼吸は時に「ため息」と感じられるかもしれませんが、ため息を吐ききることがイライラ・不調を上手に逃がす秘訣かもしれません。

【参考文献】
1.J Appl Physiol 81: 743-750
2.Hypertension 1990: 21; 498-503
3.Biological Psychology 2010: 84; 394- 421
4.形態 ・ 機能 2011: 10; 8-16
5.自律神経 2004: 41; 338-42
6.体育の科学 1999: 49; 388-93
7.高齢社会白書


文/中村康宏
医師。虎の門中村康宏クリニック院長。アメリカ公衆衛生学修士。関西医科大学卒業後、虎の門病院で勤務。予防の必要性を痛感し、アメリカ・ニューヨークへ留学。予防サービスが充実したクリニック等での研修を通して予防医療の最前線を学ぶ。また、米大学院で予防医療の研究に従事。同公衆衛生修士課程修了。帰国後、日本初のアメリカ抗加齢学会施設認定を受けた「虎の門中村康宏クリニック」にて院長。未病治療・健康増進のための医療を提供している。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. ココロとカラダの健康のために! 意識すべき3つの「ホルモン」 ココロとカラダの健康のために! 意識すべき3つの「ホルモン」
  2. 「健康寿命を10年引き延ばす」呼吸を改善する生活習慣とは? 健康寿命を10年引き延ばす|呼吸を改善する生活習慣とは?
  3. 夜起きてのトイレは「寿命が縮まるサイン」?! 快尿を実現する方法とは? 夜中のトイレは「寿命が縮まるサイン」!?|快尿を実現する方法
  4. ついつい飲みすぎてしまう年末年始! 体をいたわるお酒の飲み方 医学部教授が指南!体をいたわるお酒の飲み方
  5. もし「ガン」と診断されたら、手術前にこれだけはやっておきたい もし「ガン」と診断されたら、手術前にこれだけはやっておきたい
PAGE TOP