新着記事

西京漬けは焼いて食す。魚の旨みと味噌床の旨みが溶け合う。手前は食用菊の酢漬け。西京焼きには、酸味のあるあしらいが合う。

「鯛の西京漬け」と「鯛の松前漬け」の作り方【プロ直伝の技とコツ】

40代から70代男女6,511名の運動意識に対する実態調査結果|梅雨明けにおすすめのスポーツは“ウオーキング

「ロコモティブシンドローム」対策していますか?|100歳まで楽しく歩くためにすべきこと

世界のミニマリストな宿泊施設7選|「ミニマリストの美学」がわかる宿

世界のミニマリストな宿泊施設7選|「ミニマリズム」なライフスタイルを体験できる宿

エラ・フィッツジェラルド『シングス・ザ・アイラ・アンド・ジョージ・ガーシュウィン・ソング・ブック』

ジョージ・ガーシュウィンが残した「メロディ」よりも大切なもの【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道12】

人生100年時代、ボーッと生きてたら老後はピンチ!?|50代会社員夫婦の定年対策

今から準備しないと年金生活はピンチ!?|50代会社員夫婦1000人が考える定年退職後

毛もないが、前臼歯もない不思議な犬種

身体にあてると痛みが止まった! 犬の特殊な能力を信じた人々

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|香ばしいくるみを生かして上手に減塩!

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|良質な脂質で健康に良い「クルミ」料理2品

ポストカード

ボロボロの野良猫から人気者に!「おぷうのきょうだい」が明かす今後の構想|大ヒット猫マンガ『俺、つしま』作者が語る舞台裏【その3】

【ビジネスの極意】「社内新聞」「社員食堂」「社員研修」|社員のコミュニケーションを活性化する方法

【ビジネスの極意】「社内新聞」「社員食堂」「社員研修」|社員のコミュニケーションを活性化する方法

【京都人のお墨付き】綴織職人 伝統工芸士・平野喜久夫さんおすすめ|24時間営業でいつでもくつろげる「ハーバーカフェ北野白梅町店」

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。
  2. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

健康

予め知っておきたい「がんになると降りかかってくる4つの負担」とは?

文/中村康宏

がんは日本人の死因トップで、3人に1人はがんで死にます。つまり、あなたの家族のうち1人は、がんで亡くなる可能性があるということです。

現実がそうである以上、「自分もしくは自分の家族が、がんになったら?」と考えておくことは大切です。病気の発見は突然やってきますが、自分や家族がそれぞれにどう生きていかなければならないか、と向き合うのには時間がかかるものだからです。

万が一のとき「想定していなかった……」と動揺しないために、これからお話する「がん患者に起こりうる“4つの負担”」について、予めぜひ知っておいてください。

そのとき、あなたはどう生き、どう支えたいと思いますか?

がん患者に降りかかる「4つの負担」

がんになると、心理的・身体的なダメージのみならず、経済的・社会的な影響も同時に伴うものです。これらを順に解説していきましょう。

(1)心理的負担

がんと告げられるのは衝撃的なことで、心に大きなストレスをもたらします。病名を耳にした後の数日間は、「まさか自分が、がんになるはずがない」「何かの間違いに決まっている」などと、認めたくない気持ちが強くなる人がほとんどです(※1)

さらに、心理的ダメージは病気の経過中ずっとつきまとう問題です。がん体験者の悩みや負担に関する包括的調査によると「何も手につかない・何もできない」「こわい」「心残り」「情けない」「もどかしい」など、心の悩みと向き合わなければならなくなります(※2)

(2)身体的負担

がんの身体的症状は、[1]がんそのものが起こす症状、[2]がんに随伴する症状、[3]がんの治療によって起こる症状、の3種類があります。

[1]がんそのものが起こす症状・・・がんや転移・浸潤(しつじゅん)が存在するそれぞれの臓器の症状が生じます。例えば、食道がんで食道が細くなってしまうと、食べたものが胃に移動できなくなり、何を食べても吐いてしまう、という症状が起きます。

その他、肺がんであれば、がんにより肺の組織や血管が傷つけられ、血を吐いてしまうことがあります。

また、がんによって臓器の機能が破綻し、それによって新たな障害・病気が生じることがあります。例えば、膵がんができると、膵臓でインスリンを作る働きが悪くなり、結果として糖尿病を発症することがあります(※3)

[2]がんに随伴する症状・・・がんは正常細胞より増殖スピードが早いので、代謝のスピードが早まります。そうすると食事を今まで通りに取っていても急に体重が減ることがあります。

その他、がんまたは転移巣から離れた場所で起こる症状として「腫瘍随伴症候群」というものが存在します。腫瘍随伴症候群はがん患者全体の8%に生じるとされていて、原因不明の発熱、原因不明の神経症状(意識障害、麻痺、しびれ、脱力)、原因不明の筋痛・関節痛・浮腫などが生じます(※4)

[3]がんの治療によって起こる症状ある部分に起こる症状・・・がんの治療(抗がん剤・放射線治療・免疫治療など)は、がん細胞以外の正常な細胞も破壊されるため、全身に様々な症状がおきます。例えば、吐き気、だるさ、口内炎、脱毛、食欲低下、下痢、手足のしびれなどの症状の他に、肝臓・腎臓・骨髄への影響など症状を伴わない臓器障害などさまざまです。

最悪の場合、抗がん剤投与によるアレルギー反応や心筋障害による心不全、免疫力低下による感染症などで命を落とすこともあります(※5)

次ページへ続きます。

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. AIは乳がんの見逃しを防げる? これからの乳がん画像診断の未来 AIは乳がんの見逃しを防げる?| 乳がん画像診断の未来
  2. がん克服に必要な「体力」と「免疫力」のつけ方は?|『がんが治る人 治らない人』 がん克服に必要な「体力」と「免疫力」のつけ方|『がんが治る人 治…
  3. 自分の身は自分で守る!|乳がん検診はどれを選ぶべき? 自分の身は自分で守る!|「乳がん検診」はどれを選ぶべき?
  4. 我が闘病|大島康徳 我が闘病|大島康徳「今や、誰もがいつ癌になってもおかしくない時代…
  5. 我が闘病|大島康徳 我が闘病|大島康徳「癌を宣告された時、真っ先に電話をした相手は、…
PAGE TOP