新着記事

【夕刊サライ/パラダイス山元】メキシコ:片道7000マイル、半径100メートルの極端にピンポイントの旅(パラダイス山元の旅行コラム 第11回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木曜日…

べっ甲の耳かき|職人が丹精込めて作った至高の耳かき

伝統工芸のべっ甲細工で作り上げた、耳かきの逸品。べっ甲細工に使われる「タイマイ」(海亀の一種…

まさに「手付かずの自然」!カムチャツカで優美な「高山植物」と「ヒグマ」の聖地を巡る

文/印南敦史北海道沖の千島列島から北へと連なるカムチャツカ半島(ロシア)といえば、雄大な自然…

写真家エバレット・ブラウンが撮り続ける「失われゆく日本」のかたち

幕末に来航したペリー提督の随行写真家の一族で、日本をテーマに写真を撮り続けている写真家のエバレット・…

作家・遠藤周作を終生見守った母の形見のマリア像【文士の逸品No.34】

◎No.34:遠藤周作のマリア像(撮影/高橋昌嗣)文/矢島裕紀彦いくつもの顔…

【夕刊サライ/横山剣】「フォード・コルチナ・ロータスMk1」“クルマは見た目じゃ分からない?!”(横山剣のクルマコラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。水…

プリマロフトの軽量ケット|通気性に優れ蒸れにくい夏の快眠肌掛け

寝苦しい熱帯夜にエアコンをつけて眠ると、薄い肌掛け1枚では寒く感じることがある。そんなときは…

「ローマの休日」が田んぼに! 奥深き「田んぼアート」の世界

取材・文/鈴木拓也白や赤の葉の稲や、赤褐色や紫の穂の稲などを組み合わせて水田に植え、高い所か…

大人も楽しめる「字のない絵本」92歳にして現役の絵本作家、安野光雅の世界

取材・文/池田充枝国内外に多くのファンをもつ安野光雅(あんの・み…

【夕刊サライ/川合俊一】川合流「出来高」チェックの投資術に必要なのは根気と早起き(川合俊一の暮らし・家計コラム 第11回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。火…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

健康

認知症予防のマインド食で推奨される「オリーブオイル」の賢い摂り方

取材・文/わたなべあや

認知症予防には、脳トレなどさまざまな方法が試みられていますが、なかでも一番効果があると考えられているのが食事による予防法です。

認知症リスクを減らせると話題のマインド食には“推奨される食材”がいくつかあるのですが、今回はそのひとつ「オリーブオイル」について、より良い摂取法を国立循環器病研究センター脳神経内科部長の猪原匡史先生に教えていただきました。

■認知症予防にオリーブオイル

マインド食は、地中海式ダイエットとDASH食という食事法を組み合わせたもので、日本式にアレンジした食事法も提案されています。緑黄色野菜や鶏肉など、“推奨される食材”があり、それぞれの食材には、認知症に良いとされる科学的根拠があります。

推奨される食材のひとつ、「オリーブオイル」は、マーサ・クレア・モリスというアメリカの研究者が、4年間に渡って65歳以上、約7,000人を対象に調査、研究した結果、認知症を予防する効果が認められた食材です。

マインド食では、オリーブオイルを上手に摂取するコツとして以下の5つを提唱しています。

(1)摂取量は、1日大さじ2杯程度(目安量)
(2)エキストラバージンオリーブオイルを使用する。
(3)加熱調理とドレッシングなど加熱しない調理、両方に使用する
(4)オリーブオイルを使用しても、揚げ物は控える(週1回未満)
(5)バターやサラダオイルは極力控え、オリーブオイルを使用する

■オリーブオイルの調理法3つのポイント

オリーブオイルには「オレオカンタール」という高い抗酸化力がある成分が豊富で、血管を若々しく保つ効果に優れています。油は高カロリーなので、たくさん摂取すればいいというものではありませんが、認知症予防のために積極的に使ってみてはいかがでしょうか。摂取量の目安は、1日大さじ2杯です。

家庭で気軽にできるオリーブオイルの使い方を3つご紹介します。

(1)自家製ドレッシングやソースに


さまざまなドレッシングが市販されていますが、減塩のことも考えると、自家製ドレッシングを作るのがおすすめです。

オリーブオイルに酢、調味料を混ぜたらドレッシングのできあがり。グリーンサラダはもちろん、魚介類との相性も良く、シーフードサラダにも使えます。オリーブオイルを使ったソースは、サーモンなど魚介類のカルパッチョ(洋風の刺し身)にも使えます。

ところで、オリーブオイルと言ってもさまざまなオイルがありますが、ドレッシングやソースのように生で食べる場合は、味や香りの強いものを使うのも楽しみのひとつ。好みのエキストラヴァージンオリーブオイルを探してみるのもいいでしょう。

(2)炒めものに


オリーブオイルは、ドレッシングや冷菜のソースに使う以外に、炒めものなど加熱する料理にも使えます。いままでサラダオイルを使って炒めていた方は、オリーブオイルに置き換えてみてください。

オリーブオイルは、しょうゆや味噌とも味のなじみがいいので、鶏のつくねなど和食に使うのもおすすめです。生食に適したエクストラバージンオリーブオイルと加熱調理用のエキストラヴァージンオリーブオイルを使い分けてください。加熱調理する場合は、香りや味わいのクセが少ないものがおすすめです。

(3)トーストやバケットにもバターの代わりに


バターやマーガリンは、マインド食の避けるべき食材に含まれています。エクストラバージンオリーブオイルをトーストやバケットに塗って食べると、オリーブオイルの香りや味わいの違いも楽しむことができます。

バケットは、さっと表面を水で濡らしてから、アルミホイルでくるんでオーブンで温めると、外はカリッと、中はふんわりした食感になります。オイルを小皿に入れて、温めたバケットにつけながら食べましょう。

*  *  *

以上、今回は認知症のリスクを減らせるマインド食で重視されている食材「オリーブオイル」について、より良い摂取方法をご紹介しました。無理なく続けられる「マインド食」を取り入れたレシピは『続々国循の認知症リスク減!かるしおレシピ』(セブン&アイ出版)にたくさん紹介されています。

オリーブオイルを積極的に摂取するために、まずは、サラダオイルやバターなどの食用油の使用量を減らし、オリーブオイルに置き換えてみましょう。指導してくれた猪原先生は、パスタはもちろん、卵焼きを作る時もオリーブオイルを使われているそうです。皆さんも、ぜひ実践してみてください。


談/猪原匡史(いはらまさふみ)
平成7年京都大学医学部卒業。京大病院、西神戸医療センターで内科研修を行い、京都大学博士(医学)取得後、認知症の研究のために英国ニューカッスル大学に留学。帰国後に京大病院等を経て平成25年より国立循環器病研究センター脳神経内科医長、平成28年より同部長。患者さんの生涯健康脳を目指し、「循環器病予防が一番の認知症予防!」を合言葉に日々診療と研究に従事。国循脳神経内科の活動はこちら(https://www.facebook.com/neurology.ncvc/

取材・文/わたなべあや
1964年、大阪生まれ。大阪芸術大学文芸学科卒業。2015年からフリーランスライター。最新の医療情報からQOL(Quality of life)を高めるための予防医療情報まで幅広くお届けします。趣味と実益を兼ねて、お取り寄せ&手土産グルメも執筆。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 豚肉は健康のもと!83歳の医大名誉教授が教える「長寿式食べ方の習…
  2. 脳梗塞や心筋梗塞、高血圧予防にも!オリーブオイルを賢く使って健康…
  3. 高血圧の効果的な対処法は?気づかないうちに進行する「サイレントキ…
  4. 50代ヘルニア患者の腰痛の原因は「体幹インナーマッスル」の衰えだ…
  5. 軽症うつ病の治療にも効果的な「不眠解消」の具体的方法【名医に聞く…
PAGE TOP