新着記事

【日本ワイン生産者の肖像4】近藤良介さん(KONDOヴィンヤード)北海道・空知でジョージアの古式グベヴェヴリ製法に挑む

取材・文/鳥海美奈子そのワインには、スケール感がある。伸びやかで、ダイナミックで、香気が漂う…

【夕刊サライ/川合俊一】株を始めると時事ネタに強くなる、話題がデカくなる!(川合俊一の暮らし・家計コラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。火…

唯一無二の音楽集団ピンク・マティーニが5年ぶりに来日公演@ブルーノート東京

20世紀のあらゆる時代や国のポピュラー・ソングを、ハリウッド映画黄金時代のジャズ・バンドを思…

サカナイフ|魚をさばくために生まれた特別なナイフ

魚の一尾ぐらいは手際よくおろせるようになりたい。そう思ってはみても、なかなか実践に踏み出せず…

知っていればちょっと威張れる!プロサッカー面白トリビア5連発

文/鈴木拓也いよいよ開幕した2018 FIFAワールドカップ ロシア大会。日本代表の…

【夕刊サライ/神取忍】毎日の心がけ、目線を上げて体を動かせば気持ちも前向きに!(神取忍の健康・スポーツコラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。月…

ボルガ河クルーズ、ロシアの原風景を堪能する魅惑の船旅

文/印南敦史古くからヨーロッパ諸国と肩を並べ、日本の45倍もの国土を持つ「北の大国」として君…

災害時、愛するペットと避難するため用意しておくもの

6月18日の朝、大阪北部を震源とする最大震度6弱の地震が近畿地方一円を襲いました。事態は予断を許さな…

大人のデニムキャップ|経年変化が楽しめる落ち着いたデニムの帽子

デニムのキャップというと子ども用のイメージもあるが、本品は、年齢を重ねた大人にお薦めすべく、…

なんとそんな効果も!あなたが知らないビタミンCの7つの働き

文/緒方文大昨今の「アンチエイジングブーム」により、老化を防ぐ作用のある「抗酸化物質…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

健康

認知症予防のマインド食で推奨される「オリーブオイル」の賢い摂り方

取材・文/わたなべあや

認知症予防には、脳トレなどさまざまな方法が試みられていますが、なかでも一番効果があると考えられているのが食事による予防法です。

認知症リスクを減らせると話題のマインド食には“推奨される食材”がいくつかあるのですが、今回はそのひとつ「オリーブオイル」について、より良い摂取法を国立循環器病研究センター脳神経内科部長の猪原匡史先生に教えていただきました。

■認知症予防にオリーブオイル

マインド食は、地中海式ダイエットとDASH食という食事法を組み合わせたもので、日本式にアレンジした食事法も提案されています。緑黄色野菜や鶏肉など、“推奨される食材”があり、それぞれの食材には、認知症に良いとされる科学的根拠があります。

推奨される食材のひとつ、「オリーブオイル」は、マーサ・クレア・モリスというアメリカの研究者が、4年間に渡って65歳以上、約7,000人を対象に調査、研究した結果、認知症を予防する効果が認められた食材です。

マインド食では、オリーブオイルを上手に摂取するコツとして以下の5つを提唱しています。

(1)摂取量は、1日大さじ2杯程度(目安量)
(2)エキストラバージンオリーブオイルを使用する。
(3)加熱調理とドレッシングなど加熱しない調理、両方に使用する
(4)オリーブオイルを使用しても、揚げ物は控える(週1回未満)
(5)バターやサラダオイルは極力控え、オリーブオイルを使用する

■オリーブオイルの調理法3つのポイント

オリーブオイルには「オレオカンタール」という高い抗酸化力がある成分が豊富で、血管を若々しく保つ効果に優れています。油は高カロリーなので、たくさん摂取すればいいというものではありませんが、認知症予防のために積極的に使ってみてはいかがでしょうか。摂取量の目安は、1日大さじ2杯です。

家庭で気軽にできるオリーブオイルの使い方を3つご紹介します。

(1)自家製ドレッシングやソースに


さまざまなドレッシングが市販されていますが、減塩のことも考えると、自家製ドレッシングを作るのがおすすめです。

オリーブオイルに酢、調味料を混ぜたらドレッシングのできあがり。グリーンサラダはもちろん、魚介類との相性も良く、シーフードサラダにも使えます。オリーブオイルを使ったソースは、サーモンなど魚介類のカルパッチョ(洋風の刺し身)にも使えます。

ところで、オリーブオイルと言ってもさまざまなオイルがありますが、ドレッシングやソースのように生で食べる場合は、味や香りの強いものを使うのも楽しみのひとつ。好みのエキストラヴァージンオリーブオイルを探してみるのもいいでしょう。

(2)炒めものに


オリーブオイルは、ドレッシングや冷菜のソースに使う以外に、炒めものなど加熱する料理にも使えます。いままでサラダオイルを使って炒めていた方は、オリーブオイルに置き換えてみてください。

オリーブオイルは、しょうゆや味噌とも味のなじみがいいので、鶏のつくねなど和食に使うのもおすすめです。生食に適したエクストラバージンオリーブオイルと加熱調理用のエキストラヴァージンオリーブオイルを使い分けてください。加熱調理する場合は、香りや味わいのクセが少ないものがおすすめです。

(3)トーストやバケットにもバターの代わりに


バターやマーガリンは、マインド食の避けるべき食材に含まれています。エクストラバージンオリーブオイルをトーストやバケットに塗って食べると、オリーブオイルの香りや味わいの違いも楽しむことができます。

バケットは、さっと表面を水で濡らしてから、アルミホイルでくるんでオーブンで温めると、外はカリッと、中はふんわりした食感になります。オイルを小皿に入れて、温めたバケットにつけながら食べましょう。

*  *  *

以上、今回は認知症のリスクを減らせるマインド食で重視されている食材「オリーブオイル」について、より良い摂取方法をご紹介しました。無理なく続けられる「マインド食」を取り入れたレシピは『続々国循の認知症リスク減!かるしおレシピ』(セブン&アイ出版)にたくさん紹介されています。

オリーブオイルを積極的に摂取するために、まずは、サラダオイルやバターなどの食用油の使用量を減らし、オリーブオイルに置き換えてみましょう。指導してくれた猪原先生は、パスタはもちろん、卵焼きを作る時もオリーブオイルを使われているそうです。皆さんも、ぜひ実践してみてください。


談/猪原匡史(いはらまさふみ)
平成7年京都大学医学部卒業。京大病院、西神戸医療センターで内科研修を行い、京都大学博士(医学)取得後、認知症の研究のために英国ニューカッスル大学に留学。帰国後に京大病院等を経て平成25年より国立循環器病研究センター脳神経内科医長、平成28年より同部長。患者さんの生涯健康脳を目指し、「循環器病予防が一番の認知症予防!」を合言葉に日々診療と研究に従事。国循脳神経内科の活動はこちら(https://www.facebook.com/neurology.ncvc/

取材・文/わたなべあや
1964年、大阪生まれ。大阪芸術大学文芸学科卒業。2015年からフリーランスライター。最新の医療情報からQOL(Quality of life)を高めるための予防医療情報まで幅広くお届けします。趣味と実益を兼ねて、お取り寄せ&手土産グルメも執筆。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 50代男性ヘルニア患者の腰痛の原因「トリガーポイント」はどこ?【…
  2. 最適な歩幅は65センチ!認知症予防に「ソーシャル・ウォーキング」…
  3. 歳だから…とあきらめない!専門医が教える「ひざ痛」解消運動
  4. 北欧発のスポーツ「ノルディック・ウォーク」健康効果と上達のコツ
  5. 認知症の早期発見に有効!脳ドックの画像検査でわかること【名医に聞…
PAGE TOP