新着記事

世界遺産リドー運河と水門を巡る水路クルーズ 【カナダ・オンタリオ州の旅2】

写真・文/石津祐介カナダの首都オタワと、古都キングストンをつなぐリドー運河。その全長は202…

家事代行サービスは、50代の既婚女性が一番利用している!

「家事代行サービス」とは、その名の通り、家主に代わり、水回りの掃除や食事の用意などを行なって…

森茉莉が可愛がっていた犬のぬいぐるみ【文士の逸品No.39】

◎No.39:森茉莉のぬいぐるみ(撮影/高橋昌嗣)文/矢島裕紀彦文豪・森鴎外…

カナリア諸島の真っ白な砂浜、真っ青な空……|地球のエネルギーを感じる火山の島ランサローテ

文・写真/バレンタ愛(海外書き人クラブ/元オーストリア在住、現カナダ在住ライター)7つの島か…

人生の楽園探し|地方移住を考えたら、まず最初にすること

主人公は人事異動を機に早期退職・転職しての地方移住を検討し始めた東京の51歳会社員。情報収集…

【まんがでわかる地方移住2】地方移住をするために最初にすること

主人公は人事異動を機に早期退職・転職しての地方移住を検討し始めた東京の51歳会社員。情報収集…

定年世代に注目の新しいキャリア 「顧問」という働き方

文/鈴木拓也企業の「顧問」と聞いて、どんなイメージが思い浮かぶだろうか?多く…

中古品買取で最も人気なのは、やはりあのブランド!?

最近では、整理するための断捨離の一つの手段として、使わないものを単に捨てるのではなく現金化する!…

【学年誌が伝えた子ども文化史】人類、月へ・2|アポロが見せた月生活の夢

学年誌記事で振り返る昭和のニュースと流行!1922年(大正11年)、当時の出版界では初となる…

喜ばれるお持たせは高級デパ地下で!「GINZA SIX」 秋の「手土産スイーツ」10選

実りの秋がやってきた。デパ地下には、旬の食材をふんだんに使ったフードやスイーツが勢ぞろいだ。…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

住まい

サ高住ってどんな住まい?今さら聞けない「サ高住」の基礎知識

取材・文/坂口鈴香

「サービス付き高齢者向け住宅(以下、サ高住・さこうじゅう)」という名称を耳にしたことのあるサライ世代は多いだろう。しかし、具体的にどんな住まいなのかよくわからないという声もよく聞く。

サ高住とはどんな住まいなのか。「サービス付き」とあるが、どんなサービスが付いているのだろうか。今回は、意外と知らない「サ高住」の基本を学ぼう。

そもそもサ高住とは何か?

サ高住とは、バリアフリー仕様で、「安否確認サービス」と「生活相談サービス」が付いた賃貸住宅だ。介護施設ではなく賃貸住宅なので、自宅にいるのと同じように自由な生活を送ることができる。

高齢者が安心して生活できる住まいづくりを推進するため、国土交通省と厚生労働省の管轄のもと、2011年10月から始まった制度だ。2018年3月時点で約7千棟、約23万戸が登録されている。

サ高住の登録基準は以下のとおりとなっている。

〈ハード面〉
●床面積:原則各戸25平方メートル以上。ただし居間、食堂、台所そのほかの住宅の部分が共同で利用するため十分な面積がある場合は18平方メートル以上。

●各専用部分に台所、トイレ、収納設備、洗面設備、浴室を備えていること。ただし、共用部分に共同で利用するための台所、収納設備、浴室を備えることで居住環境が確保される場合は、各戸に台所、収納設備、浴室は備えなくても良い

●バリアフリー構造

〈サービス面〉
●ケアの専門家(※)が少なくとも日中建物に常駐し、安否確認サービスと生活相談サービスを提供する
※養成研修修了者、介護福祉士、社会福祉士、介護支援専門員、医師、看護師、社会福祉法人・医療法人・指定居宅サービス事業所等の職員など

〈契約内容〉
●長期入院を理由に事業者から一方的に解約できないこととしているなど、居住の安定が図られた契約であること
●敷金、家賃、サービス対価以外の金銭を徴収しないこと

サ高住の入居要件とは

サ高住の入居要件は、60歳以上の人、または要支援・要介護と認定された人だ。

サ高住で提供されるサービスとは

登録要件にもあるように、サ高住には「安否確認サービス」「生活相談サービス」は必須だ。

安否確認はおおむね1日に1回から2回。居室訪問などの直接的な方法によることが多いが、外出や食事によるチェックや生活リズムセンサーの活用などの間接的な方法も行われている。

また居室には緊急通報装置がついているので、何か起こればスタッフを呼び出すことができる。ただしスタッフは日中常駐しているが、夜間は職員を配置していないところもある。またこのスタッフも「登録要件」で注記したように、社会福祉法人・医療法人・指定居宅サービス事業所等の職員でも認められているため、必ずしも介護資格のあるスタッフというわけではない。

そのほかに掃除、洗濯などの生活支援サービス、買い物代行、病院への送迎などがオプションでついている。食事提供サービスは約96%のサ高住で、健康の維持増進サービスは約60%、入浴等の介護サービスは約48%のサ高住で提供されている(2017年8月時点)。このように、安否確認・生活相談サービス以外の介護や医療、生活支援サービスの提供や連携方法はサ高住によってさまざまだ。

なお、各サ高住のサービス情報については「サービス付き高齢者向け住宅情報提供システム」のサイトから閲覧できるようになっている。職員の資格や夜間の人員配置、対応可能なサービス、オプションサービスなど詳細な情報が公開されている。

入居中に介護が必要になったらどうする?

サ高住は賃貸住宅なので、自宅にいるのと同じ扱いとなる。だから介護が必要になると、入居者が介護サービス事業所と契約し、訪問介護を受けたり、デイサービスに行ったりすることになる。これが、24時間介護スタッフが常駐し、介護サービスを提供する介護付き有料老人ホームとの一番の違いだ。

同じ建物に介護サービス事業所が入っているサ高住もあるが、これはテナントとして入っているのであって、いつでも介護サービスが受けられるというわけではない。あくまでも契約した時間だけしか介護サービスを受けることはできないので注意が必要だ。

サ高住にかかる費用は?

一般的な賃貸住宅と同じように、敷金2か月と家賃がかかる。ただし礼金と更新料は不要だ。サ高住の運営会社によっては仲介手数料が必要なところもある。

入居費用は、家賃、共益費、生活相談・見守りサービス費で、全国平均で月額約10万円前後。そのほか食事代(食事をした場合)、オプションサービスを利用する場合はその利用料金が、介護が必要になれば介護費用もかかる。

サ高住を探すには?

「サービス付き高齢者向け住宅情報システム」で検索することができる。都道府県から検索できるほか、家賃や提供サービスなどの詳細条件からも検索できる。
↓↓↓
https://www.satsuki-jutaku.jp/

*  *  *

以上、今回は「サ高住(サービス付き高齢者向け住宅)」の基本的なところを解説した。

サ高住は初期費用が比較的安く済むことから、前払い金が高額になることの多い有料老人ホームなどと比べると入居しやすく、退居しやすい。これはサ高住のメリットだと言えるだろう。

終の棲家として自宅を処分して入居するといった大きな決断をしたくないと、自宅をそのままにしてサ高住に住み替えている人もいる。介護が必要になって施設や介護付き有料老人ホームに入る前段階として、あるいは退院後自宅に戻る自信がないときなどにサ高住を利用するという方法もある。

サ高住のメリットを生かした住み替えは、老後の住まいとして検討に値すると言えるだろう。

取材・文/坂口鈴香
終の棲家や高齢の親と家族の関係などに関する記事を中心に執筆する“終活ライター”。訪問した施設は100か所以上。20年ほど前に親を呼び寄せ、母を見送った経験から、人生の終末期や家族の思いなどについて探求している。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 老人ホーム、グループホーム、サ高住…一番食事がおいしいのはどこ?…
  2. 元国税調査官が教える「やってはいけない老後対策」とは
  3. 入居契約前にしっかり確認!失敗しない「サ高住」の見極めポイント
  4. 複雑でわかりにくい「介護付き有料老人ホーム」料金の仕組み基礎知識…
  5. 老後を自宅で過ごしたいなら「地域包括支援センター」知っておきたい…
PAGE TOP