新着記事

第82回人形町らくだ亭[1月29日開催]志ん生に捧ぐ孫弟子競演会! ミゼットにブルーバード ミゼットにブルーバードに小松崎茂の原画も!|松戸郊外でみつけた懐かしヴィークルのワンダーランド『昭和の杜博物館』 東・西日本で異なる“おにぎり事情”|日本人なら皆んな知っている「おにぎり」ってどんな形? 東・西で形が違う?|日本人なら知っておきたい“おにぎり”の話 常備したい冬の定番「味の浜藤」のおでんセット【サライのお取り寄せ】 オタワからキングストンまでを結ぶ202kmの運河 カナダ最大のアツモリソウ群生地と世界遺産リドー運河の終着地・首都オタワ 【カナダ・オンタリオ州の旅3】 顎関節症はこうして改善!|原因と予防・対策 スマホの使いすぎ、ストレス過多は要注意!|顎関節症の原因と対策 トヨタ センチュリー|匠の技が磨き上げた美と品格をまとう国産車【石川真禧照の名車を利く】 マカオ往復航空券が当たる!Twitterキャンペーンのお知らせ マジック 街を歩けばカフェに当たる!? コーヒーの街メルボルンで極上の一杯を堪能。 マカオ美味紀行|東西文明の出合いが生んだ比類なき味覚を旅する[PR]

サライ本誌最新号

ピックアップ記事

  1. 徳川園/名古屋市

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

全国の美味がお取り寄せいただけます

通販

牛革ショルダーバッグ|熟練の鞄職人が作ったちょうどいいサイズの本革バッグ

熟練の鞄職人が作った牛革ショルダーバッグ

左からダークブラウン、ブラック
上質な牛革製。革色は3色をご用意。

日本の鞄の一大産地、兵庫県豊岡市から、街歩きにちょうどいい革製ショルダーが届いた。製造元のウノフクは、大正10年(1921)創業の豊岡でも老舗のメーカー。手練れの鞄職人が作るバッグにはファンが多い。

紹介する品は、柔らかな牛革が使われ、斜め掛けにすると快適な着用感が得られる。端正な外見ながら主室のポケットが充実、スマートフォンや財布などを入れておけるサイドポケットが付く。容量ではリュックに負けるが、気ままな外出にはちょうどいいサイズだ。

熟練の鞄職人が作った牛革ショルダーバッグ

写真=ネイビー
サイドに独立したファスナーポケットが付き、これがなにかと便利。スマートフォンは幅7.5×高さ15.5cmの大きさまで入る。

熟練の鞄職人が作った牛革ショルダーバッグ
メーカー名/ウノフク(日本)
価 格(消費税8%込み)/10,584円

buttonB

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 楽々ドクターサンダル|足裏の形を記憶し究極の履き心地を実現
  2. ダチョウの毛バタキ|軽く払えば埃がきれいに取れる天然素材のハタキ…
  3. けやきの大きなめん鉢と箸|麺が食べやすい山中漆器の薄く軽いめん鉢…
  4. アルパカストール|なめらかな肌ざわりで暖かい上質な襟巻き
  5. 久留米織りの作務衣|先染め織りで仕立てた風合い豊かな万能着
PAGE TOP