新着記事

インカ帝国悲劇の舞台!ペルーの古都「カハマルカ」を歴史散歩する

文・写真/原田慶子(ペルー在住ライター)米CNNが「2018年に訪れるべき18の場所」の1つに選…

【日本ワイン生産者の肖像4】近藤良介さん(KONDOヴィンヤード)北海道・空知でジョージアの古式グベヴェヴリ製法に挑む

取材・文/鳥海美奈子そのワインには、スケール感がある。伸びやかで、ダイナミックで、香気が漂う…

【夕刊サライ/川合俊一】株を始めると時事ネタに強くなる、話題がデカくなる!(川合俊一の暮らし・家計コラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。火…

唯一無二の音楽集団ピンク・マティーニが5年ぶりに来日公演@ブルーノート東京

20世紀のあらゆる時代や国のポピュラー・ソングを、ハリウッド映画黄金時代のジャズ・バンドを思…

サカナイフ|魚をさばくために生まれた特別なナイフ

魚の一尾ぐらいは手際よくおろせるようになりたい。そう思ってはみても、なかなか実践に踏み出せず…

知っていればちょっと威張れる!プロサッカー面白トリビア5連発

文/鈴木拓也いよいよ開幕した2018 FIFAワールドカップ ロシア大会。日本代表の…

【夕刊サライ/神取忍】毎日の心がけ、目線を上げて体を動かせば気持ちも前向きに!(神取忍の健康・スポーツコラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。月…

ボルガ河クルーズ、ロシアの原風景を堪能する魅惑の船旅

文/印南敦史古くからヨーロッパ諸国と肩を並べ、日本の45倍もの国土を持つ「北の大国」として君…

災害時、愛するペットと避難するため用意しておくもの

6月18日の朝、大阪北部を震源とする最大震度6弱の地震が近畿地方一円を襲いました。事態は予断を許さな…

大人のデニムキャップ|経年変化が楽しめる落ち着いたデニムの帽子

デニムのキャップというと子ども用のイメージもあるが、本品は、年齢を重ねた大人にお薦めすべく、…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

健康

【朝めし自慢】宇田左近さん「知人から届く季節の恵みを時間をかけ味わいます」(ビジネス・ブレークスルー大学副学長)

取材・文/出井邦子 撮影/馬場隆

これからは“人生100年”時代だという。“人生50年”といわれた昭和20年代初めに比べ、倍近くを生きることになる。ならば、後半生をどう過ごせばいいのか。

「人生100年時代は、生涯教育の時代。今、学びの形は多様化しており、60歳からでも学び直すことができるのです」というのは、「ビジネス・ブレークスルー(BBT)大学」副学長の宇田左近さんである。

「朝食は時間をかけて、ゆっくりとがモットー。朝食といえども、食べすぎないように心がけています」と宇田左近さん。季節によって内容は変わるが、少量多種が基本だ。

BBT大学とは、時間や場所に縛られず、いつでも、どこでも学べる、文部科学省認可のオンライン大学だ。学長は大前研一さん。現在、大学・大学院を合わせて18歳~67歳の800人余りが学んでいるという。

「BBTもそうですが、今、学びの場は広がっている。50代を迎えてからの豊かな人生の第一歩は、生涯学び続けること。それも社内研修などではなく、もっと他流試合ができる刺激のある場所に身を置き続けることです」

「BBT」はオンライン学習が基本だが、スクーリングを始め、直接教授から講義を受ける機会もある。スクーリングで講義をする宇田さん。学生と対面できる貴重な時間だ。

昭和30年、東京生まれ。東京大学工学部建築学科卒業後、同大学院修士課程修了。日本鋼管に入社し、東京湾開発プロジェクトチームなどに身を置くが、外を見たくてアメリカ・シカゴ大学に留学。MBA(経営学修士)を取得する。

その後、「マッキンゼー・アンド・カンパニー」に転職し、郵政民営化をサポートした他、独立してからは国会事故調(東電福島原子力発電所事故調査委員会)の調査統括としても奔走した仕事人だ。

「私は、いわば組織の変革請負人。膠着した組織を動くようにしていくのが仕事です」

現在は、都政改革本部の特別顧問も務めている。

食べすぎ、飲みすぎを慎む

16年在籍したマッキンゼー時代から、朝は早い。午前4時起床。まずメールをチェックし、その後、オンラインでBBT大学の学生に講義。朝食は6時頃だ。献立は下の写真の通りだが、その内容は季節ごとに変わる。

【宇田左近さんの定番・朝めし自慢】

前列中央から時計回りに、パン(胡桃パン・ブリオッシュ)、アプリコットとレーズン、殻付きアーモンド、ヨーグルト、サラダ(フリルレタス・アンディーブ・ラディッシュ・アボカド・トマト・ブロッコリー・オリーブ塩漬け・ゆで卵)、チーズ(カマンベール・ブリーチーズ・ミモレット)、ラ・フランスと生ハム、ソーセージ、ブルーベリー(冷凍)、苺、野菜スープ(人参・キャベツ・じゃがいも・南瓜・玉葱・あさつき)、オリーブオイル、コーヒー、橙スライス、炭酸水。サラダやパンにはオリーブオイルをかけて、ヨーグルトにはブルーベリーをのせて食す。野菜スープはコンソメ味。炭酸水には橙のスライスを浮かべる。炭酸水のグラスは江戸切子で、宇田さんのお気に入りだ。

「友人や知人がその土地で採れた旨いものを送ってくれる。昼は外食で、夜も半分くらいは外で摂ることになりますから、朝食にはそれら到来物が登場することが多い」

たとえば、ブルーベリーは群馬から、オリーブの塩漬けや橙(だいだい)は香川・小豆島から、ラ・フランスは山形から、といった具合だ。

食生活では、塩分控えめと野菜摂取が鉄則。加えて、食べすぎないことで、20数年来体重は変わらないという。

宇田さんの“2分の1の流儀”。食卓のパン皿には最初からパン半枚ずつ、カップにはコーヒー半量を注いでセッティング。食べすぎ、飲みすぎを防ぐために編み出した流儀だ。

「水より炭酸水のほうが飲みやすい」と、水代わりに炭酸水を愛飲。炭酸水はウイルキンソンやイタリアのサンペレグリノを常備。冬季は香川県・小豆島しまの知人から届く橙のスライスを浮かべて、その香りを楽しむ。

サラダに重宝するオリーブの塩漬け。これも小豆島から届き、この塩分とオリーブ油だけでドレッシング代わりにする。

米・サンフランシスコ在住の姉が送ってくれる殻付きアーモンド。塩をまぶしていないので、塩分の摂りすぎを防げる。

マッキンゼー時代から、“ややこしい”ことがあれば飛び込む主義。そんな宇田さんの語録の中からその一部を紹介しよう。

〈火中の栗を拾う〉のではなく、〈食え。意外と旨い〉〈紆余曲折はドリフトで駆け抜けろ〉〈エスカレーターを逆走せよ〉。これらは強制的に刺激の中に身を置くことを意味し、従来の価値観にとらわれるな、ということでもある。また〈健全なる差し出がましさ〉の重要性を説く。これは異論を伝える時の枕詞でもある。

今も多忙な毎日だが、健康法は腹七分目の食事と運動だ。運動は10年以上通っているスポーツクラブでのトレーニングと散歩である。

「スポーツクラブに通いだした頃は週に3回のことも。ですが、今は週1回のペースです。それと散歩も欠かせない。マッキンゼー時代から睡眠時間は4時間ほどですが、お陰で40代~50代の体力を維持できています」

健康維持のためにスポーツジムにも通っているが、時間が許す限り歩くことにしている。速歩で1日6000~8000歩が目標だ。「自宅周辺は坂が多く、僕は坂道を歩くのが大好きです」と宇田さん。

50代半ばから、ひとつの組織に縛られない生き方を選んできた。そんな自分を、しがらみのない“脱藩浪人”と、自虐を込めて呼ぶ。だからこそ、できることがある。組織の変革請負人は恬淡と、どこまでも自然体だ。

著書に『なぜ、「異論」の出ない組織は間違うのか』(PHP研究所)がある。組織の変革請負人が組織に蔓延する思い込みの罠と、その脱却法を説く。次世代への応援歌である。

取材・文/出井邦子 撮影/馬場隆

※この記事は『サライ』本誌2018年4月号より転載しました。年齢・肩書き等は掲載当時のものです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【朝めし自慢】山口香代子さん(画家)「料理好きな夫が調える白粥が…
  2. 【インタビュー】横山はる江さん(青森「はるえ食堂」店主)名物焼き…
  3. 【朝めし自慢】西 高志(ジャズシンガー)「朝のヴィシソワーズは僕…
  4. 作家・町田康さんと歩いた北九州市・小倉の「旨いもの」巡り
  5. ボルボ XC60|群雄割拠のSUV市場で精彩放つボルボの主力車種…
PAGE TOP