新着記事

【学年誌が伝えた子ども文化史】人類、月へ・1|アポロ、挑戦の軌跡

学年誌記事で振り返る昭和のニュースと流行!1922年(大正11年)、当時の出版界では初となる…

南部鉄器のごはん鍋|蓄熱性と気密性の高い鉄器で新米をおいしく炊き上げる

昭和50年(1975)、国から伝統工芸品第1号の指定を受けたのが、岩手県の南部鉄器だ。17世…

【娘のきもち】娘の離婚にも気丈に振る舞う父。辛い経験を過去のものにできたのは父の言葉だった~その2~

取材・文/ふじのあやこ家族との関係を娘目線で振り返る本連載。幼少期、思春期を経て、親…

【娘のきもち】今まで放任だったのに、専門学校に進みたい私を許さなかった父。父親は会話が成立しない人なんだと認識した学生時代を過ごし~その1~

取材・文/ふじのあやこ 近いようでどこか遠い、娘と家族との距離感。小さい頃から一緒に過ごす中…

ゴルゴ13のすべてが今、明かされる!|連載50周年記念特別展「さいとう・たかを ゴルゴ13」用件を聞こうか…

取材・文/池田充枝孤高の超A級スナイパーとして圧倒的な存在感を放つゴルゴ13。本名、…

5分でわかる!いまさら聞けない「年金制度」基本のキ

文/中村康宏日本の社会保障制度の中核をなす「医療」と「年金」。医療費増加が社会問題になる…

大音楽家バーンスタインの破天荒でカラフルな祈りの音楽を聴く【林田直樹の音盤ナビ】

選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)今年はレナード・バーンスタインの生誕100年である。20…

江戸城4代天守はなぜ再建されなかったのか|幻となった不遇の城をCGで再現

家綱の叔父・保科正之が天守無用論を唱えて中止3代将軍家光が没し、嫡男家綱…

純銀製の玉盃|酒を注ぐと球体の中に餅つきうさぎが浮かぶ盃

酒を注ぐと銀盃の真ん中に、レンズのような「玉」が浮かび上がる。玉の中には、餅つきをするうさぎ…

腰痛改善は「お尻」の筋肉から!簡単ストレッチを紹介【川口陽海の腰痛改善教室 第1回】

文/川口陽海人生で誰もが一度は悩まされるという腰痛。もしあなたがなかなか治ら…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

健康

風邪を根本から早く治せる「漢方薬」の正しい飲み方【名医に聞く健康の秘訣】

取材・文/わたなべあや

もし風邪をひいてしまったら、まず総合感冒薬に手が伸びるかもしれませんが、実は漢方薬のほうが早く治ることが分かっています。

西洋医学の総合感冒薬と、東洋医学の漢方薬の違い。傷寒(しょうかん)と温病(おんびょう)とは、風邪薬としてよく知られている漢方薬の葛根湯(かっこんとう)はどのように飲めばいいのかなど、東洋医学がご専門の西本クリニック院長、西本隆先生に伺いました。

西本クリニック院長、西本隆先生

■漢方薬は症状や体質で使い分ける

そもそも風邪とは、インフルエンザウイルスやRSウイルス、ライノウイルスなどの微生物が原因の病気です。

「あれ? 風邪とインフルエンザは違う病気なのでは」と思われるかもしれませんが、いずれも「ウイルス感染症によって引き起こされる感冒様症状」という点では共通しています。一般に、インフルエンザのほうが症状が強く出ることが多く、インフルエンザ脳症などの重症例も知られていますが、インフルエンザウイルスに感染していても症状がまったく出ない人もいますし、軽い風邪だと思ってすんでしまうこともあるのです。

逆に、一般の風邪から肺炎などを引き起こす可能性もあるので、風邪だからといって軽んじることもできません。

■西洋薬と漢方薬のアプローチの違い

総合感冒薬などの西洋薬は「症状を緩和する」ことはできますが、それは風邪を根本から「治す」薬ではありません。インフルエンザの方に処方される抗ウイルス薬も、ウイルスを殺すことはできませんし、服用したからといって死亡率が下がるわけではないのです。また、無理に解熱鎮痛剤で熱を下げることで免疫力が低下するため、ウイルスが長生きして風邪がなかなか治らないこともよくあります。

しかし、漢方薬の場合は、風邪だからこの薬、インフルエンザだからこの薬という処方はしません。風邪に使える漢方薬はたくさんあるので、症状や体質によって細かく使い分け、病気の根本から治す治療を行うのです。

根本から治すというのは、いったん熱を一定の高さまで上げてウイルスを撃退し、熱を下げるということなのですが、多くの漢方薬は、そうした考え方に基づいています。発汗を促して熱を上げることで、白血球の活動を活発にして、ウイルスを退治するのです。

普通に体力のある方であれば、2~3日熱が出たほうが風邪は早く治ります。実際に、総合感冒薬と「麻黄附子細辛湯(まおうぶしさいしんとう)」の治療効果を比較したデータがあるのですが、麻黄附子細辛湯のほうがいろいろな症状が早く治まることが分かっています。

■2つの風邪――傷寒と温病

東洋医学では、風邪は大きく分けて2種類、「傷寒」と、「温病」があると考えます。その違いは以下のとおりです。

【傷寒】=寒気がするが、熱はあまり出ない。節々が痛む。発汗がある。毛穴がぐーっと縮んでいる。

【温病】=寒気はしない。熱が出て、喉が痛む。頭痛もする。風邪のひき始めから発汗が少しある。毛穴が緩んでいる。

東洋医学では、患者の風邪が傷寒なのか温病なのかを見極め、ひき始めの症状や悪寒や発汗の有無や程度、その他の症状や日頃の体質や体調を加味して薬を処方します。

たとえば「傷寒」には、「麻黄附子細辛湯」や「葛根湯」「麻黄湯」「小青竜湯(しょうせいりゅうとう)」「桂枝湯(けいしとう)」などを用います。

一方で、「温病」の方には、「清熱薬」といって炎症を取り除く薬を処方します。「銀翹散(ぎんぎょうさん)」「駆風解毒湯(くふうげどくとう)」「カッコウ正気散」なども用います(カッコウ正気散は、下痢や吐き気などの胃腸症状がある夏の風邪によく使う薬です)。また「参蘇飲」(じんそいん)は、子供や高齢者、虚弱体質や妊婦の方で、咳や痰が多い場合に適しています。

■葛根湯の正しい飲み方

よく知られている漢方薬のひとつに「葛根湯(かっこんとう)」があります。ここでは、葛根湯の正しい使い方をご紹介しましょう。

まず、葛根湯は風邪のひき始めだけに飲む、いわば最初が勝負の薬です。また葛根湯は傷寒の方に使う薬であり、悪寒が強く、肩から背中のこりが顕著で、発汗がない方に用います。

中国の古典医学書『傷寒論(しょうかんろん)』に葛根湯の飲み方が書いてあるのですが、散剤であればお湯にといて飲み、その後おかゆや温かいスープを少し食べて体を温めます。厚着をして発汗を促すのですが、一回汗が出たら、それで治るので服用をやめましょう。何回も汗を出しては、体が弱ってしまうからです。

治らなければもう一度同じことを繰り返しますが、何度もそれを続けるのではなく、1回~3回くらいまでにしてください。汗が出ない、汗は出たけど喉の痛みが残るという場合は、薬を変える必要があります。

*  *  *

あえて一定の熱を出すことで免疫力を上げてウイルスを撃退する漢方薬は、風邪を根本から早く治すことができます。薬局で売っているものもありますが、薬の種類が多く、症状や体質によって細かく使い分けする必要があるので、できるだけ知見豊かなお近くの漢方医に処方してもらいましょう。

指導/西本隆(にしもと・たかし)
昭和56年神戸大学医学部卒業、同年神戸大学医学部第1内科入局。その後、市立加西病院、兵庫県立尼崎病院内科東洋医学科、兵庫県立柏原病院内科、兵庫県立東洋医学研究所、阪神漢方研究所付属クリニックなどを経て平成8年兵庫県西宮市にて西本クリニック開院。(http://www.nishimotoclinic.jp/

取材・文/わたなべあや
1964年、大阪生まれ。大阪芸術大学文芸学科卒業。2015年からフリーランスライター。最新の医療情報からQOL(Quality of life)を高めるための予防医療情報まで幅広くお届けします。趣味と実益を兼ねて、お取り寄せ&手土産グルメも執筆。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 梅干し、塩おにぎり、味噌汁で熱中症対策【名医に聞く健康の秘訣】
  2. 脳梗塞や心筋梗塞、高血圧予防にも!オリーブオイルを賢く使って健康…
  3. 高血圧の効果的な対処法は?気づかないうちに進行する「サイレントキ…
  4. アルツハイマー病だけじゃない!治せる認知症・治らない認知症【名医…
  5. がん治療でも注目!免疫療法と腸内フローラとの意外な関係【名医に聞…
PAGE TOP