新着記事

作家・石牟礼道子さんが問いかけた「食」の本来あるべき姿とは

文・撮影/大沼聡子私たちは日々、食べて生きている。昔とは違い、現代の暮らしは…

性欲減少だけじゃない!「男の更年期」が起こす体の不調あれこれ

文/緒方文大「生涯若々しくありたい!」と願う人は多いでしょう。しかし、男性は50代を…

国宝指定の縄文土器・土偶が勢揃い!特別展「縄文―1万年の美の鼓動」

取材・文/藤田麻希今からおよそ1万3000年前から約1万年つづいた縄文時代。氷期が終わり、安…

天然の鰻はどうして「狐うなぎ」と呼ばれるのか?【食いしん坊の作法 第7回】

文/山本益博夏の土用丑の日が近くなると、「鰻の蒲焼」が必ず話題に上ります。「蒲焼」の焼けるに…

あのドレッシング発祥の地!カナダのサウザンアイランド紀行【カナダ・オンタリオ州の旅1】キングストン市内とサウザンアイランドクルーズ

写真・文/石津祐介カナダの中東部に位置し、トロントやオタワといった主要都市を要するオンタリオ…

それでも貴方は寝ないのか?「睡眠不足」の危険すぎる悪影響5つ

文/中村康宏睡眠、足りてますか?睡眠には、身体の状態を一定に保つ(恒常性を維…

戦国の光と影~前田利家のライバル・佐々成政の悲話【にっぽん歴史夜話6】

 文/砂原浩太朗(小説家)武田信玄と上杉謙信、宮本武蔵と佐々木小次郎など、歴史上には…

【夕刊サライ/福澤朗】講演後のビールとつまみが最高!(福澤朗の美味・料理コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

もし有名高校の野球ユニフォームの文字がこんなだったら…【イシグロ妄想研究所 vol.6】

構想・文・イラスト/石黒謙吾(分類王)画像作成/澤田洋佑高校野球、甲子園の100…

作家・田中英光が自殺前に遺書を書いた太宰治の本【文士の逸品No.29】

◎No.29:田中英光の本文/矢島裕紀彦東京・駒場の日本近代文学館に蔵される…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

健康

漢方薬の処方とあわせて「社会的処方」が必要となる理由【名医に聞く健康の秘訣】

談/三谷和男先生(三谷ファミリークリニック院長 )

退職後、あるいは退職を間近に控え、第2の人生について思いを巡らせる時、時を同じくして肝臓や血圧、コレステロール値の異常など、健康上の問題も気になるという方が多いのではないでしょうか。

そんなとき、なんとなく「副作用が少ない」というイメージで、漢方薬による治療を求めて来院される方が多いのですが、ここで本来あるべき漢方医療の姿と、その意義についてお伝えしておきましょう。

■本当に漢方薬は副作用が少ないのか

風邪の時に飲む「葛根湯(かっこんとう)」をはじめ、漢方薬のエキス製剤がいろいろと市販されていますが、漢方薬にも副作用はあります。確かに、西洋薬に比べ比較的副作用が少ないものが多いですが、一方で、服用のタイミングや方法によっては顕著な効果が期待できない場合もあるというのも事実です。そこに、どのような手段を講ずるかというのが漢方医の手腕であり、期待されるところなのです。

たとえば、何らかの精神的不安などによって不眠に悩む方の場合、西洋薬を処方すれば即効性や一定の効果は期待できます。一方、漢方薬を使う場合、副作用は西洋薬に比べ少ないですが、患者さんが「本当に良くなったなあ」と効果を実感できるようにするには、医師が手を差し伸べる必要があります。

家庭環境や職業など、不眠には裏に隠れている問題があることが多いため、そこに介入することも必要です。また、ある患者さんには「抑肝散」という薬を使って効果を上げることができても、同じ症状を訴える別の患者さんにも「抑肝散」が効くとは限りません。患者さんの体調や診察した医師によって、薬は変わることがあるのです。

■葛根湯はすべての風邪に効くのか

患者によって処方が変わるということを分かりやすく説明するために、風邪の時の市販薬としてよく知られている葛根湯を例にあげましょう。

葛根湯は短期間のうちに解熱など風邪の症状を緩和するための漢方薬ですが、そのため少し身体に負担がかかるのも事実です。その負担に対して耐えられるだけの体力が備わっていなければ、葛根湯を処方してはならないのです。

また、既に熱を下げるための治癒反応、発汗作用が始まっている場合は、葛根湯でなくそこから麻黄(まおう)と葛根(かっこん)を除いた桂枝湯(けいしとう)を処方するのが好ましいです。いずれにしても熱湯に溶かして服用しないと効果はありません。同じ風邪のように見えても、その人の身体や心の状態に合った薬を処方し、きめ細やかな治療ができるのが漢方薬のいいところでもあります。

ただ、漢方薬を処方する、漢方薬を飲むだけでは、漢方医療は成立しません。

■西洋薬も排除しない

高血圧やコレステロール値の問題を抱えている場合は、西洋薬と漢方薬の併用を促します。というのも、患者さんが「安全に幸せな生活を送る」ためには、洋の東西を問わず、どのような処方が最も好ましいのかという基準で診断するからです。十把一からげに西洋薬に対して嫌悪感を持つというのは、患者さんに不利益をもたらすことがあるのです。

特に男性の患者さんには、東洋医学における心身の健康状態を指し示す「気・血・水」の状態をスコア化して見せるようにしています。東洋医学の場合、気と血、水のバランスが良いことが健康の指標になり、それを一目瞭然にしたものがスコアです。

では、その気・血・水のバランスをとのように改善させるかというと、漢方薬の処方は治療におけるごく一部分です。そこでいわゆる「社会的処方」を実践した時に始めて漢方診療の効果が発揮できるのです。

■社会的処方による人生の充実感が必要

近年問題となっているのが、定年退職後、夫が家にひきこもり、挙句の果てに妻が夫在宅症候群になり、体調不良を訴えることです。この場合、夫も心身の不調を訴える場合があります。

薬の処方以外に、いかにして社会貢献しているという実感を持っていただき、日常生活を充実させられるかどうかが、解決策の鍵となります。そして、医師がそこまで導くために手を差し出すのが、「社会的処方」なのです。

私たちのクリニックは商店街の中にあります。その商店街の一角にコミュニティスペースを作り、ちぐさのもりと名づけました。そこでの取り組みの一つが「男会(おとこかい)」です。

いま、地域と密接な関係にある神社の森(そこが本当の千種の森です)にプロムナードを作る活動をしています。メンバーの一人に牧師さんがおられ、教会に平均年齢80歳の男性たちのカルテットを招き、演奏会を何回か開催しておられます。何も大きな活動である必要はないのですが、ご本人が充実感や自己肯定感を持てることが大切です。

このような「行動変容」をもたらすのは、なかなか自分の力だけでは困難なので、誰かの助けが必要となります。数は少ないですが、ひとを生物学的な存在としてだけではなく、社会的な存在とみる立場で漢方医療を実践している医師であれば、単に薬を処方するだけでなく、人生を幸せに送るための何らかの社会的処方ももたらしてくれるはずです。

談/三谷和男先生
三谷ファミリークリニック院長。鳥取大学医学部卒業、大阪大学大学院医学研究科博士課程。和歌山県立医科大学神経病研究部、同神経病研究部(現・神経内科) 博士研究員を経て、1992年より木津川厚生会加賀屋病院に勤務(1998年より院長・理事長)、2003年に京都府立医科大学東洋医学講座助教授(2007年より准教授)、2007年に三谷ファミリークリニックを開設。2016年3月、奈良県立医科大学の大和漢方医学薬学センター特任教授。日本東洋医学会監事・代議員、日本女性心身医学会評議員、日本抗加齢医学会評議員。

取材・文/わたなべあや
1964年10月生まれ、大阪府出身。大阪芸術大学文芸学科卒業。料理学校で講師をしていた母と医師の叔父に影響を受け、幼い頃より食べることと健康に高い関心を持つ。グルメ、
医療関係を中心に執筆中。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 高血圧の効果的な対処法は?気づかないうちに進行する「サイレントキ…
  2. アルツハイマー病だけじゃない!治せる認知症・治らない認知症【名医…
  3. がん治療でも注目!免疫療法と腸内フローラとの意外な関係【名医に聞…
  4. 70代の半数が悩む「老人性難聴」にはどう対策すべきか【名医に聞く…
  5. ウォーキングを快適・安全に楽しむためのコツ5つ
PAGE TOP