新着記事

大音楽家バーンスタインの破天荒でカラフルな祈りの音楽を聴く【林田直樹の音盤ナビ】

選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)今年はレナード・バーンスタインの生誕100年である。20…

江戸城4代天守はなぜ再建されなかったのか|幻となった不遇の城をCGで再現

家綱の叔父・保科正之が天守無用論を唱えて中止3代将軍家光が没し、嫡男家綱…

純銀製の玉盃|酒を注ぐと球体の中に餅つきうさぎが浮かぶ盃

酒を注ぐと銀盃の真ん中に、レンズのような「玉」が浮かび上がる。玉の中には、餅つきをするうさぎ…

腰痛改善は「お尻」の筋肉から!簡単ストレッチを紹介【川口陽海の腰痛改善教室 第1回】

文/川口陽海人生で誰もが一度は悩まされるという腰痛。もしあなたがなかなか治ら…

缶詰そのままはもう古い|「サバ缶」ブームを支える新しい食べ方

サバの缶詰、通称「サバ缶」の人気がすごい。2年ほど前からサバの人気が高まり始め、同時に手軽で安く…

知れば知るほど奥が深い。今輝く、神秘の国・ミャンマーを訪ねる【3】インレー湖

取材・文/関屋淳子インドシナ半島西部、タイ、ラオス、中国、インド、バングラデシュと国境を接するミ…

籐の脱衣カゴ|ベテラン職人が銭湯向けに編み上げた軽くて丈夫なカゴ

どこか懐かしい銭湯の脱衣カゴをご紹介。この道60年の籐工芸士・尾崎英幸さん(東京都豊島区)が…

牧野伸顕――大久保利通と吉田茂をつなぐ、忘れられた大政治家【にっぽん歴史夜話 8】

文/砂原浩太朗(小説家)牧野伸顕(まきの・のぶあき 1861~1949)と聞いてすぐ…

医学部教授が考案!長生きするための簡単みそレシピ3選

文/鈴木拓也自律神経と腸の研究者として知られ、日本初の便秘外来を立ち上げた順天堂大学…

クラフト・ジンによく合う本場スコットランドのつまみ5選

文・写真/石橋貴子(スコットランド在住ライター/海外書き人クラブ)スコットランドでは近年、手…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

健康

がん治療でも注目!免疫療法と腸内フローラとの意外な関係【名医に聞く健康の秘訣】

取材・文/わたなべあや

「がんの免疫療法」は、いままで本当に効くのかどうか疑問視されてきました。しかし最近、肺がんに効果を発揮する「免疫チェックポイント阻害剤」が登場したのです。さらに、免疫は「腸内フローラ」と深く関係していることが解明されつつあります。近畿大学医学部外科の奥野清隆教授に詳しいお話を伺いました。

■免疫療法にはバランスが肝心

「免疫を上げる」というと、単純に免疫を上げれば健康になれるような、非常に心地良い響きがしますが、免疫は上げればいいというものではありません。免疫は、ブレーキとアクセル、両方がバランス良く働いて初めて理想的な効果を発揮するものなのです。

アクセルだけをふかして暴走しては、潰瘍性大腸炎やクローン病、Ⅰ型糖尿病など、重大な自己免疫疾患を引き起こす可能性もあります。裏を返せば、さして副作用のない免疫療法には、ほとんど効果が期待できないとも言えます。

たとえば、がんを攻撃するキラーT細胞という免疫細胞があるのですが、これも多ければいいというものではありません。キラーT細胞もアクセルとブレーキのバランスが肝心です。暴走してもいけませんし、ブレーキが効きすぎても、キラーT細胞が十分に働かなくなってしまうのです。

最近、「抗PD-1抗体療法」という、キラーT細胞のブレーキが効きすぎるのを抑制する抗体療法が登場して、その治療で約20%の肺がん患者に効果があることがわかりました。そのため、いままであまり期待されていなかった免疫療法が、にわかに注目を集めています。

抗体療法とは、狙ったがん細胞だけを攻撃して、正常な細胞は温存できる新しい治療法です。抗がん剤はパッと効いて、その後耐性ができると効果がなくなるのですが、免疫療法は時間の経過とともにはっきり効果が現れてくるというのも大きな違いです。

しかもそれだけではありません。免疫療法の効果は「腸内細菌」と密接に関係する、という論文が発表されたのです。

■がんや生活習慣病にも腸内フローラが影響する

腸内細菌は1,000種類以上あり、トータルで100兆個以上、総重量にしたら1.5~2kgもあります。これらの腸内細菌が免疫を活性化することは以前からわかっていましたが、免疫療法の効果がこの腸内細菌の集団である「腸内細菌叢(ちょうないさいきんそう)」に左右されることが、初めて証明されたのです。(腸内細菌叢は、まるでお花畑のように美しいので、通称「腸内フローラ」とも呼ばれています

肺がんだけではなく、大腸がんやNASH(ナッシュ)と呼ばれる非アルコール性の肝炎が原因の肝臓がん、糖尿病、生活習慣病、さらには性格にも影響すると考えられ、治療に役立てるような研究が進められています。

具体的には、健康な人の腸内細菌を移植する「便移植」も試みられていて、製剤したものを口から飲んだり、大腸カメラの技術を利用して腸内に菌をばらまいたりしています。状態の良い便から集めた腸内細菌を保管する「便銀行」のようなものまであるのです。

また、肥満体の人にはファーミキューティスという“デブ菌”と呼ばれる菌が多く、痩せ型の人には“ヤセ菌”と呼ぼれるバクテロイデテスという菌が多いこともわかっていて、その応用についても関心が高まっています。

■大腸細菌叢と免疫はバランスが要

さまざまな病気に関連する腸内フローラ。しかし、腸細細菌のコンディションを整えれば病気の治療や予防ができるのかというと、実際にはそう簡単ではありません。善玉菌だと思っていても、それを過剰に摂取すると炎症が起こり、がんやクローン病や潰瘍性大腸炎などの自己免疫疾患になる可能性もあります。

多量に摂取すればいいというものではありませんが、乳酸菌のように腸の壁にバリアを作ったり、腸内細菌のエサ、つまりエネルギー源になったりする細菌もあります。そうした有用な細菌は発酵食品に多く含まれているのですが、実用化に向けて現在、急速に研究開発が進められているところです。

腸内フローラも免疫と同じくバランスが肝心なので、単純に善玉菌を増やして悪玉菌を減らせばいいという問題ではありません。しかし、免疫に深く関係していることは明らかで、この研究の成果は、がんや生活習慣病をはじめ、さまざまな病気の予防や治療に今後大きな影響を及ぼすと考えられています。

談/奥野清隆先生
近畿大学医学部外科学 主任教授、近畿大学ライフサイエンス研究所 所長。大阪府生まれ、1971年府立岸和田高校卒、1977年和歌山県立医科大学卒、近畿大学第1外科研修医、1979年大阪大学医学部癌研究施設、1986年米国ワシントン大学(シアトル)、フレッドハッチンソン癌研究センター上席研究員(senior fellow)1988年近畿大学第1外科講師、助教授を経て2003年教授(下部消化管部門)現在に至る。この間2014~2016年近畿大学医学部附属病院 病院長(兼任)、2016~現在 近畿大学ライフサイエンス研究所 所長(兼任)

取材・文/わたなべあや
1964年、大阪生まれ。大阪芸術大学文芸学科卒業。2015年からフリーランスライター。最新の医療情報からQOL(Quality of life)を高めるための予防医療情報まで幅広くお届けします。趣味と実益を兼ねて、お取り寄せ&手土産グルメも執筆。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 梅干し、塩おにぎり、味噌汁で熱中症対策【名医に聞く健康の秘訣】
  2. 脳梗塞や心筋梗塞、高血圧予防にも!オリーブオイルを賢く使って健康…
  3. 高血圧の効果的な対処法は?気づかないうちに進行する「サイレントキ…
  4. アルツハイマー病だけじゃない!治せる認知症・治らない認知症【名医…
  5. 70代の半数が悩む「老人性難聴」にはどう対策すべきか【名医に聞く…
PAGE TOP