新着記事

快眠セラピスト直伝、快適に眠るための4つの習慣

取材・文/渡辺陽毎日、快適に眠れていますか。厚生労働省の「健康づくりのための睡眠指針…

世界遺産リドー運河と水門を巡る水路クルーズ 【カナダ・オンタリオ州の旅2】

写真・文/石津祐介カナダの首都オタワと、古都キングストンをつなぐリドー運河。その全長は202…

家事代行サービスは、50代の既婚女性が一番利用している!

「家事代行サービス」とは、その名の通り、家主に代わり、水回りの掃除や食事の用意などを行なって…

森茉莉が可愛がっていた犬のぬいぐるみ【文士の逸品No.39】

◎No.39:森茉莉のぬいぐるみ(撮影/高橋昌嗣)文/矢島裕紀彦文豪・森鴎外…

カナリア諸島の真っ白な砂浜、真っ青な空……|地球のエネルギーを感じる火山の島ランサローテ

文・写真/バレンタ愛(海外書き人クラブ/元オーストリア在住、現カナダ在住ライター)7つの島か…

人生の楽園探し|地方移住を考えたら、まず最初にすること

主人公は人事異動を機に早期退職・転職しての地方移住を検討し始めた東京の51歳会社員。情報収集…

【まんがでわかる地方移住2】地方移住をするために最初にすること

主人公は人事異動を機に早期退職・転職しての地方移住を検討し始めた東京の51歳会社員。情報収集…

定年世代に注目の新しいキャリア 「顧問」という働き方

文/鈴木拓也企業の「顧問」と聞いて、どんなイメージが思い浮かぶだろうか?多く…

中古品買取で最も人気なのは、やはりあのブランド!?

最近では、整理するための断捨離の一つの手段として、使わないものを単に捨てるのではなく現金化する!…

【学年誌が伝えた子ども文化史】人類、月へ・2|アポロが見せた月生活の夢

学年誌記事で振り返る昭和のニュースと流行!1922年(大正11年)、当時の出版界では初となる…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

健康

【朝めし自慢】眞賀里文子さん(人形アニメーション作家)「20数年来、朝食はコーヒーとチョコレートです」

取材・文/出井邦子 撮影/馬場隆

昨2017年、日本に国産アニメーション映画が誕生して100年を迎えた。そんな中で、人形アニメーション(立体アニメーション)という新分野を切り開いたのが持永只仁(1919~99)である。

人形アニメーションとは人形を少しずつ動かし、コマ撮りすることによって生まれる映像作品。現在、その第一人者といわれるのが眞賀里文子さんである。

スタジオにセットを作り、『かんぽ生命』の「かんぽくん」の人形を操る。1秒の映像を作るのに30回人形を動かし、1時間ほどかかる。気の遠くなるような、地道な作業だ。

眞賀里さんと人形アニメーションとの出会いは、学生時代のアルバイト。持永只仁率いる『人形映画製作所』に、美術スタッフとして入ったのがきっかけだ。

「ある日、持永さんの撮影を見学する機会があり、後日、完成した動画も見せてもらった。すると撮影の時はじっと止まって見えた人形が、まるで人間のように動いている。“これだ!”と思いました」

その頃、持永の元にアメリカからテレビシリーズの制作依頼が舞い込む。持永に認められて早々に“眞賀里班”ができた。これが幸運だった。人形アニメーションの基本を学ぶことができたのである。

以来、『コンタック』や『ドコモダケ』『液キャベ』など、手がけたCMは1000本以上。『コメットさん』『帝都物語』『遣唐使ものがたり』『ミス・ビードル号の大冒険』などテレビ、映画、展示映像とその活動分野は幅広い。

駆け出しの昭和42年、アメリカから届いたテレビ作品『スモーキー・ベアの唄』の絵コンテ。「人や動物が動いて見え、イメージが膨らんだ。私のアニメーションの根っこはこの時にできたと思っています」と眞賀里さん。

50年以上、人形に命を吹き込み、喜怒哀楽を演じさせてきたが、今は人形アニメーション風のCG(コンピュータ・グラフィック)が台頭しつつあるのが現状だ。

「けれど、CGでは人形の匂いが伝わらない。私は生の人間の気持ちが十指から人形に伝わったほうが、絶対面白いと思っています」

同じ釜の飯を食う

長きにわたってヒット作品を生みだしてきた秘訣は、好きだったことはもちろん、元気だったことだという。とはいえ、特別な健康法があるわけではない。朝食は、いたって簡素。カカオ含有量の多いチョコレートとコーヒーのみ。スタジオで、スタッフと打ち合わせをしながら摂るのが習慣だ。

右から、ブラックコーヒー、チョコレート。かつては甘くない普通の板チョコだったが、最近はカカオ72%のチョコレートを愛食。コーヒーカップは、平成15年、青森県立三沢航空科学館開館を祝して作られた人形アニメーション『ミス・ビードル号の大冒険』の記念品。太平洋無着陸横断飛行の物語だ。

午前10時頃、スタッフの上野啓太さん、小中紗洋子さんらと打ち合わせをしながら朝食を摂る。「皆でコーヒーを飲みながら、その日の段取りを決めます」と眞賀里文子さん。

昼食は皆で手分けして作り、一緒に食卓を囲む。

「ご飯と味噌汁の和食が定番。出汁は鰹節で取ります。それと年齢の割に骨密度が高いのは、よく登場するカルシウム豊富な小松菜お陰かも……」

“同じ釜の飯を食う”のが、『マガリスタジオ』の流儀である。

昼食は、スタッフと一緒に摂るのが決まり。この日の献立はご飯、味噌汁(大根・小松菜の葉)、焼き魚(鮭)、人参しりしり(大根・胡麻・鰹節・岩塩)、こんにゃく・厚揚げ・小松菜の軸の炒め物(鰹節)、納豆、梅干し。野菜を多く摂ることを心がけている。

後継者を育て、彼らが活躍できる場を作りたい

平成19年、東京・阿佐谷に『アート・アニメーションのちいさな学校』が開校した。日本で唯一の人形アニメーションのコースがあり、眞賀里さんが学校長を務める。

『アート・アニメーションのちいさな学校』で、3月の上映会に向けて、生徒が作った人形の最終点検をする眞賀里さん。1年間の集大成である、2017年度修了作品上映会は今年3月31日(土)、4月1日(日)に開催予定。

「期間は1年ですが、5年目を迎える生徒もいます。テーマから人形制作、コマの練習、撮影と、初心者でもゼロから学べます。大事なのはテーマで、2~3人のチームに分かれて何を表現したいかを話し合いながら決めます」

テーマは絵本からヒントを得たり、独自に創作することもあるが、必読を課しているのが『今昔物語集』。この説話集は、想像力を刺激される物語の宝庫だという。

24時間いつでも使える教室が2か所あり、この教室では眞賀里さんの助言を受けながら、撮影手法を学ぶ。眞賀里さんに憧あこがれ、教えを請う生徒たちが全国から集まっている。

生徒は美術系の大学を卒業した若者から50~60代の人まで幅広い。年齢、性別、学歴不問。興味があれば、誰でも入学できる。チームごとに1年で1作品を完成。年度末には上映会が開催される。

「夜間コースは週2回ですが、1年で皆が育ってくれるから面白い」

日本の人形アニメーションの父・持永只仁の最後の弟子として、後継者を育て、彼らに発表の場を提供するのが使命である。

取材・文/出井邦子 撮影/馬場隆

※この記事は『サライ』本誌2018年1月号より転載しました。年齢・肩書き等は掲載当時のものです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【朝めし自慢】江上栄子(江上料理学院院長・82歳)「カフェオレは…
  2. 名指揮者・飯守泰次郎さんの朝めし自慢「パンなら全粒粉100%、ご…
  3. 【朝めし自慢】大江英樹さん(経済コラムニスト)「週末は洋風献立。…
  4. 【朝めし自慢】山口香代子さん(画家)「料理好きな夫が調える白粥が…
  5. 【朝めし自慢】宇田左近さん(ビジネス・ブレークスルー大学副学長)…
PAGE TOP