皆さんは、漢方薬と聞くとどんな印象がありますか? 「苦いけど体によさそう」「葛根湯は知っているけど……」など、「そもそも漢方ってどんなもの?」と思っている方も多いのではないでしょうか。

そんな基本的な漢方に関する疑問や基礎知識を、漢方の専門家にわかりやすく解説してもらいます。 第46回のテーマは、「髪に効く漢方薬」です。あんしん漢方(オンラインAI漢方)の薬剤師、竹田由子さんに教えてもらいました。

こんな髪のお悩みには漢方薬がおすすめ

髪トラブルが起きる原因は、人によって様々ですが、体質や症状に合った漢方薬を選ぶことで根本改善を目指せます。

まずは、代表的な髪のお悩みを紹介します。

1.薄毛

薄毛の原因は、主にヘアサイクルの乱れです。ヘアサイクルとは、髪が生えてから自然に抜けるまでの周期のことで、不規則な生活やストレス、加齢などで、頭皮に十分な栄養が届かなくなると乱れやすくなります。

ヘアサイクルの乱れは、通常は2〜6年ある髪の成長期を数か月〜1年ほどに短くします。髪が細く短い状態で成長が止まってしまうので、ボリュームがなくなり髪が薄くなったと感じるようになるのです。

2.抜け毛

抜け毛は、自律神経やホルモンバランスの乱れが関係していることが多くあります。加齢やストレスなどで、自律神経やホルモンバランスが乱れると、髪が抜けやすくなるのです。

なかには、鉄欠乏性貧血や甲状腺機能低下症など、ほかの病気が原因のこともあるので注意が必要です。

3. 白髪

白髪の原因で一番多いのは加齢です。年齢を重ねると、髪を黒くするメラニン色素を作り出す細胞も老化し、白髪になります。

また、体の冷えや自律神経の乱れによる血行不良、バランスの悪い食生活による栄養不足も白髪になる原因です。

髪のお悩みに効く漢方薬

ここからは「薄毛」「抜け毛」「白髪」におすすめの漢方薬をご紹介します。

髪のトラブルは、ホルモンバランスの乱れや頭皮、髪への血流不足、ストレス、睡眠不足などが原因となって、髪を作ったり、成長させたりする機能が低下して起こると考えられます。

髪のお悩みには、「ホルモンバランスの乱れを改善する」「血流をよくして頭皮や毛を作る細胞に栄養を届ける」「自律神経のバランスを整えて、ストレスを緩和し睡眠の質を改善する」といった作用のある漢方薬を選びます。

漢方薬は、髪や頭皮を根本から改善することを得意としているため、髪のトラブルが起きにくい体質を手に入れられます。

1.薄毛が気になる人に効く漢方薬

・人参養栄湯(にんじんようえいとう):手足の冷えや貧血に用いられる漢方薬です。体を温め、血流を促し、頭皮や髪に栄養を届けます。

・十全大補湯(じゅうぜんたいほとう):食欲不振や倦怠感、病後の体力回復に用いられる漢方薬です。血流をよくして気力・体力の回復をサポートし、頭皮や髪にも栄養を与えます。

2.抜け毛が気になる人に効く漢方薬

・当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん):月経時や更年期の諸症状に用いられる漢方薬です。血流をよくして冷えを改善し、ホルモンバランスの乱れに働きかけます。

・加味逍遙散(かみしょうようさん):ストレスやホルモンバランスの乱れによって、イライラしたり気分が落ち込んだりする方におすすめです。血流と自律神経を整える作用があります。

3.白髪が気になる人に効く漢方薬

・八味地黄丸(はちみじおうがん):冷えがあって、疲労や倦怠感、尿トラブルに用いられる漢方薬です。成長と老化に深く関わる「腎」を整えます。

・六味丸(ろくみがん):ほてりや口の渇き、排尿困難や頻尿、むくみに用いられる漢方薬です。尿トラブルや老化に関わる「腎」の機能を正します。

漢方は体質との相性で正しく選ぼう

漢方薬は、医薬品としての効果が認められています。また、自然由来の成分が体に優しく作用するため、 一般的に西洋薬よりも副作用が少ないといわれています。

しかし、上記のような効果は、漢方薬が体質と合っていることが前提です。合っていない場合、効果が出ないだけでなく、副作用が生じることもあります。購入時には、できる限り漢方に精通した医師や薬剤師に相談しましょう。

「漢方薬局や漢方外来に行くのはハードルが高い」という方には、スマホで気軽に相談できる「あんしん漢方」のようなオンラインサービスがおすすめです。

AI(人工知能)を活用した「オンライン個別相談」で、漢方のプロが体質に合った漢方薬を見極めてくれます。すべて在宅で完結し、漢方薬はお手頃価格で自宅まで郵送で届きます。漢方に興味がある方は、ぜひ一度チェックしてみてください。

●あんしん漢方:https://www.kamposupport.com/anshin1.0/lp/?tag=221432a9sera0121

髪の悩みを根本解決したいなら漢方薬!

髪のお悩みは、気分の落ち込みや自信の喪失などにつながりますよね。根本解決を目指すなら、専門家に相談のうえ漢方薬を使ってみるのもひとつの選択肢です。

生活習慣の改善や漢方薬の活用で悩みを解決して、いきいきとした毎日を送りましょう!

<この記事を書いた人>


あんしん漢方(オンラインAI漢方)薬剤師
竹田由子
元漢方・生薬認定薬剤師。大学院で臨床薬学を専攻、日米で病院研修を受ける。病院薬剤師として10年間入院患者を担当しながら、化学療法・医薬品情報担当としても活動する。
患者さんから「本音を話しやすい」と言われ関わるうちに、日常のセルフケアの大切さを痛感。転居後は薬局に勤務する傍ら、ライターとしても活動する。病院時代の上司が漢方好きで、漢方の凄さを体感し魅了され「日常の不調はまず漢方」と生活している。
現在は、漢方のプロがAIを活用して自分に適した漢方薬を選びお手頃価格で自宅に郵送してくれる「あんしん漢方」でも情報発信をしている。

●あんしん漢方(オンラインAI漢方):https://www.kamposupport.com/anshin1.0/lp/?tag=221432a9sera0121

関連記事

ランキング

サライ最新号
2023年
1月号

サライ最新号

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

小学館百貨店Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

花人日和(かじんびより)

おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店
おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店