サライ.jp

「こんなところに虫歯が! 」「最近口臭が気になる… 」このような経験はありませんか? 自分ではしっかり磨いているつもりでも、“磨き残し”があるかもしれません。

医療法人社団德昌会パラシオン歯科医院(https://parasion-dental.com/)が、全国20代~60代の男女を対象に「大人の歯磨き事情」に関する調査を実施しました。歯の悩み、歯医者に行く頻度、正しい歯磨きの仕方など、歯についてのアンケート結果を幅広くご紹介していきます。

■年代別で歯の悩みが明らかに? 

▶一番の悩みは虫歯 

はじめに、現在どのような歯の悩みを抱えている方が多いのかを聞いてみました。すると、「虫歯(25.7%)」と回答した方が最も多く、次いで「歯周病(25.4%)」「歯石(24.3%)」「口臭(23.7%)」「知覚過敏(14.4%)」と続きました。

年代別での歯の悩みには次の様な違いが出てきました。20代~30代の方が、虫歯や口臭に悩む一方で、40代以降の方は虫歯だけでなく、磨き残しが蓄積されることで起きる歯周病や歯石にも悩んでいる方が多いことが分かりました。

▶歯医者に行く頻度 定期的に通う人は少ない

それでは歯の定期健診にはどのくらいの頻度で行っているのでしょうか? 質問したところ、およそ半数の方が「何かない限り歯医者には行かない」と回答。次いで「3~4か月に1回程度」「半年に1回程度」「1年に1回程度」と歯医者に行く間隔が長い順に、徐々に割合は低くなりました。「月に1回程度」訪れる人は、7%とかなり低いようです。

何か異変がない限り行かないという方が多い結果となりました。初期の虫歯は痛みが少ないことが多いので、気づかないうちに虫歯が進行している可能性があり、注意が必要です。

■あなたは正しく磨けていますか? 正しい歯磨きの仕方を知らない人は3割も!

▶正しい歯磨きを教わった人は7割

多くの人の悩みの種である虫歯。その予防に大切な“歯磨き”の正しい仕方を知っている方はどのくらいいるのでしょうか?

「正しい歯磨きの仕方を教えてもらったことはありますか?」と質問したところ、およそ7割の方が「はい」と回答しました。親や保健の先生、歯医者など正しい歯磨きの仕方を教わる場面は多いようですね。

▶正しく歯を磨けていない人が4割

では、教えてもらったことがある方は、その通りにしっかりと磨けているのでしょうか?

質問したところ、なんと4割以上の方が「できていない」や「やり方を忘れてしまった」と回答。意識的に磨かないと、正しい歯磨きをするのは難しいようです。また、正しい歯磨きの仕方を教わったのにもかかわらず、そのやり方を忘れてしまったという方も…… 。

■歯磨き粉ってどれも同じ? もしかして… 値段で選んでいませんか?

▶歯磨きの他には?

確かに、たとえしっかりと歯磨きをしている方でも虫歯になってしまうことはあります。それでは、歯磨き以外にどんなケアで虫歯を防ぐことができるでしょうか?

「歯磨き以外に歯のケアとして何を行っていますか?」と質問したところ、「歯間ブラシ」「マウスウォッシュ」「デンタルフロス」「キシリトール入りのガムを噛む」「フッ素塗」などが挙げられました。歯間ブラシやマウスウォッシュなどは、歯磨きだけでは取れない汚れに有効ですよ。ただ、歯磨き以外のケアを特に何もしていないと答えた人も多くいました。

▶歯磨き粉のこだわりは?

歯磨きの際に、歯磨き粉を使うことは一般的。ではその歯磨き粉にも注目してみましょう。

「歯磨き粉を購入する際に重視するポイントは何ですか?」と質問したところ、「歯周病予防(22.7%)」と回答した方が最も多く、次いで「値段(19.5%)」「特に気にしない(19.2%)」「虫歯予防(15.0%)」「ブランド(10.7%)」「フッ素配合(8.3%)」「容量(0.8%))と続きました。

年代別に違いを見ていきましょう。20代~30代の方は、虫歯や口臭に悩む方が多かったものの、歯磨き粉においては悩みによるこだわりより「値段」にこだわっている方が多いことが分かりました。そのため虫歯や口臭のケアがしっかりとできず、それが蓄積され年を重ねるにつれて歯周病や歯石に悩んでしまう方が多いのではないでしょうか。

そのため、40代以降の方は歯周病に悩む方も多く、「歯周病予防」が期待できる歯磨き粉を選んで使っている方が多いのかもしれませんね。

■歯の悩みを放置した結果、起こった悲劇とは?

定期的に歯の検診に行かない限り、初期の虫歯など見逃してしまうことがあると思います。

さらに、虫歯に気づいていたとしても痛みがなかった場合、放置してしまうという方も多いのではないでしょうか?

そこで、「歯の悩みを放置して後悔したことはありますか?」と質問したところ、半数以上の方が『はい』と回答しました。具体的には、「口臭がひどくなった」「神経を抜いた」「歯を抜かないといけなくなった」「膿ができてしまった」などの事例が挙げられます。多くは虫歯を放置した結果、後から痛みが激しくなったり、最悪の場合抜歯をしなくてはいけなくなってしまったり、といった後悔です。歯の定期健診はもちろんですが、普段からしっかりケアして、健康な歯を保ちたいですね。

***

いかがでしたか? 歯の悩みや定期検査、正しい歯磨き、そして歯磨き粉についてと、幅広く「大人の歯磨き事情」を見ていきました。歯磨きを始めとする歯のケアは、身近なためおざなりになりやすいです。これを機に自分の歯磨き習慣を見直して、健康な歯を意識してみてはどうでしょうか。

【調査概要】
調査期間:2020年8月7日(金)~ 2020年8月8日(土)
調査方法:インターネット調査
調査人数:1,130人
調査対象:全国20代~60代の男女
モニター提供元:ゼネラルリサーチ

関連記事

ランキング

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

サライ最新号
2020年
11月号

サライ最新号

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア