新着記事

超合金魂|「超電磁マシーン ボルテスⅤ」「無敵鋼人ダイターン3」「闘将ダイモス」が新シリーズでついに登場!

文/安藤政弘ダイキャスト(亜鉛合金)を使った手にずっしりくる重量感、テレビから抜け出たかのよ…

豊臣秀吉の正室・北政所の謎を追う【にっぽん歴史夜話 7】

 文/砂原浩太朗(小説家)豊臣秀吉の正室・北政所(きたのまんどころ)。戦国女性のなか…

「太宰治記念館 斜陽館」と「太宰治疎開の家」 太宰治ゆかりの2大名所

写真・文/鈴木拓也奥津軽のJR五所川原駅で、1両編成の津軽鉄道に乗り換えて約20分。吉幾三に…

たてスラブ作務衣|肌ざわりよくサラリとした着心地の伝統ウェア

動きやすく体を締め付けず、作業着から部屋着まで万能に使えることから、サライ世代に人気の作務衣…

「糖質制限」は体を壊す?医学的見地から見た効果と副作用

文/中村康宏近年、ダイエットや糖尿病の治療法として「ケトジェニック・ダイエット」が注…

三菱/エクリプス クロス|ブランド復活を狙った、斬新な意匠が評判の高性能な小型SUV【石川真禧照の名車を利く】

文/石川真禧照(自動車生活探険家)荒地などでの走行性能に優れた車づくりに定評のある三菱自動車…

世界最大の陸の孤島!映画「フィツカラルド」誕生の地、ペルー・イキトス

文・写真/原田慶子(海外書き人クラブ/ペルー在住ライター)ドイツの巨匠ヴェルナー・ヘルツ…

かつのう3点セット|シンプルで奥深い木製パズルで脳を刺激

「かつのう」とは、脳へ適度な刺激を与えながら楽しく取り組めるパズルシリーズの名称だ。その中か…

【インタビュー】渡辺京二(思想史家・87歳)「イデオロギーは矛盾だらけ。だから歴史を学び直し人間の真実を追究するのです」

【サライ・インタビュー】渡辺京二さん(わたなべ・きょうじ、思想史家)――日本の近代論や思…

没後50年、藤田嗣治の足跡を辿る史上最大級の回顧展

取材・文/池田充枝没後50年の節目に、藤田嗣治の史上最大級の大回顧展が開かれています…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

旅行

残雪の乗鞍岳とレンゲツツジを撮る/一ノ瀬園地(長野県)【とっておきの花景色】

D15-005514-1

残雪の乗鞍岳とオレンジ色のレンゲツツジとのツーショット (長野県安曇村)撮影/市川 傳(f16 1/15 38mmシフトレンズ)

北アルプス・乗鞍岳の裾野に広がる乗鞍高原。その中央部にある約60万㎡の緑地が、「一ノ瀬園地」です。

松本から「上高地乗鞍スーパー林道」を経由して車で約1時間、緑の草原と白い白樺は、いかにも信州の高原らしい爽快感に溢れています。

起伏の少ない園地内には遊歩道がめぐらされ、トレッキングを楽しめるほか、水遊びができる小川やキャンプやバーベキューエリアなども揃っています。

春から秋にかけては、季節の花々で彩られますが、なかでも5月の水芭蕉と、6月のレンゲツツジの群落がよく知られています。

レンゲツツジは高さ1~2mほどの低木で、乾燥に弱く、冷涼な地域では湿地などにも群生します。可愛い花姿とは裏腹に、花や蜜、葉、根に有毒物質があり、馬や牛にとっても有毒なため、「ウマツツジ」「ベコツツジ」の別名もあるほどです。

一ノ瀬園地での撮影は、朝の光線がベストで、できれば午前中までに撮影するのがおすすめです。写真家のプロ・アマ問わず、大変人気のスポットですから、やはり朝早くに出かけたいものです。

レンゲツツジはこんもりとした株になっていますので、まずは花の咲き具合や姿かたちのいい株を見つけることがポイントです。

好みの株が見つかったら、次は構図です。青空と白い雪をかぶる乗鞍岳、白樺などの木々、そしてレンゲツツジ。これらをバランスよく額縁に納めます。青い空のボリュームやオレンジ色のレンゲツツジのボリュームのバランスを見ながら、高低や角度を変えてさまざまなアングルから撮ってみましょう。

乗鞍高原の爽やかな雰囲気も伝わるように撮影しましょう。レンゲツツジの見頃は6月中旬~下旬です。

一ノ瀬園地
住所/長野県南安曇郡安曇村乗鞍高原
アクセス/JR松本駅から上高地乗鞍スーパー林道経由約1時間
問い合わせ/乗鞍高原観光案内所TEL0263-93-2045

市川 傳(いちかわ・つたえ)
1945年、東京生まれ。ヨーロッパアルプス登山を機に写真の道に入り、東京写真専門学校卒業後、建築写真を主に撮影しながら、風景写真を学ぶ。北海道から沖縄の自然を四季にわたり撮影し、カレンダー、雑誌等に写真を提供。ライフワークとして、桜・城・花のある風景を撮り続ける。公益社団法人 日本写真家協会会員。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 林忠彦と土門拳、写真界の巨匠2人が作品対決!《昭和の目撃者 林忠…
  2. 満月の光で捉えた神秘的な光景に心洗われる!石川賢治写真展「月光浴…
  3. 寒さに見合う至高の一枚を!「純白の雪景色」を上手に撮影する3つの…
  4. 雨の日こそシャッターチャンス!「水滴」を利用して芸術的な写真を撮…
  5. 鎌倉・長谷寺、年末の美景3つ【風景写真家・原田寛の旬景散歩】
PAGE TOP