新着記事

ポータブル蓄電池|自然災害による停電に備える 電気を備蓄する大容量蓄電池

葛飾応為「吉原格子先之図」太田記念美術館蔵

この世に一枚の肉筆浮世絵の名品が勢ぞろい【肉筆浮世絵名品展 ―歌麿・北斎・応為】

圧巻のコショウコーナー。何とも言えない爽やかな香りがショップ内に立ち込めて居心地がいい。皆ここでしばし足をとめて、真剣な面持ちでボックス内をのぞき込む。

料理好きがふらり集う、ドイツグルメ王監修のスパイスショップ「シューベック」(ミュンヘン)

【義家族との間】8歳上の嫁は「出産タイムリミット」数年扱い。悪意のない過度な期待が一番辛い~その2~

【義家族との間】8歳上の嫁は「出産タイムリミット」数年扱い。悪意のない過度な期待が一番辛い~その1~

吾妻山の定番カット、菜の花と富士山

JR東海道線二宮駅から歩いて行ける!|湘南の絶景、菜の花満開の吾妻山から富士山を見る(神奈川県二宮町)

初めて大河ドラマの主人公になる明智光秀(長谷川博己)。脱「信長史観」のドラマの展開が気になってしょうがない。

【まだ始まらないのか!『麒麟がくる』リポート】明智光秀が主役の本格戦国大河 オープンセットに持ち込まれた岩の総量が半端ない

堀文子 太神楽柄ショール|孤高の日本画家、堀文子の代表作を描いたストール

『太平記』以来の大河登板の池端俊策さん。『麒麟がくる』も早くも「伝説の大河」の再来と期待が高まる。

【まだ始まらないのか!『麒麟がくる』リポート】脚本家・池端俊策氏インタビュー「描きたかったのは、従来のイメージとは異なる光秀と信長」

2020年「開運×絶景スポットランキング」|3位 箱根神社(神奈川県)、2位 高屋神社(香川県)、1位は?

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局
  2. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  3. 鴨鍋

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

美味

この冬に味わいたい富山『ふじ居』の熊肉入り氷見うどん

【ひと皿の歳時記~第119回】

富山『ふじ居』の熊肉入り氷見うどん

 

ふじ居2-1_s

富山市にある和食店『ふじ居』の外観。

 

昨年の3月に北陸新幹線が金沢まで開通し、石川や富山への旅がぐっと身近になりました。そんな北陸新幹線に乗って、先日、今年はじめての富山へ出かけました。富山市内に店を構える日本料理店『ふじ居』を訪ねるのが目的の旅です。

店舗はスーパーマーケットの駐車場の一角にあります。立地条件は決して恵まれているとはいえませんが、わざわざこの店を目指して出掛ける価値のある料理の数々を味わえます。

ふじ居2-3_s

 

地元・富山湾の新湊(しんみなと)、氷見(ひみ)などに水揚げされる「やり烏賊」や「鰤」をシンプルに調理し、素材の命をいつくしむような料理を生み出してくれます。

お椀の出汁の加減も出色の出来で、おそらく東京、関西の名店に匹敵する「薄味の出汁」といえるでしょう。今回は「本ずわい蟹のしんじょ椀」をいただきました。また、「鰤大根」は富山の郷土料理ですが、塩味だけで旨味を引き出した見事な出来栄えでした。

ふじ居2-9_s

ツキノワグマの肉入り氷見うどん。

ふじ居2-10_s

料理の最後は、ツキノワグマの肉を加えた氷見うどん。透明感のある熊の脂が出汁に滋味を添えて、冬のご馳走の醍醐味を堪能しました。

ふじ居2-11_s

『ふじ居』のご主人、藤井寛徳さん。

『ふじ居』のご主人、藤井寛徳さんはまだ40歳の精鋭。富山の日本料理界のリーダーになられる日も近いと思われます。今年の初夏(6月予定)には「ミシュランガイド富山・石川(金沢) 2016 特別版」が出るそうです。1回こっきりしか出版されない「ミシュランガイド」は「ミシュラン」とは呼べないのですが、そのガイドで『ふじ居』は間違いなく星がつくと思います。その料理は最上級の3つ星のレベルに達していると思いますが、もしも3つ星になってしまうと、その話題性だけで来店するお客さんたちで店がいっぱいになってしまうのではないかと心配です。ぜひとも、5月中に出かけていただきたい1軒です。

トリミング20151110_2

店舗情報

店名 御料理 ふじ居
住所 富山県富山市五福2区5385-5
TEL 076-471-5555
営業時間 お昼11:00~13:00 夜17:30~22:00(L.O.21:30)  ※要予約
定休日 月曜日、第3火曜日
URL http://www.oryouri-fujii.jp/

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. チキンライスの上に花が咲く!根津『タケル』のオムライス 【新ひと…
  2. 大人のグランメゾン『アピシウス』で小鴨料理に舌鼓 【新ひと皿の歳…
  3. 東京・初台『Anis』の肉料理が堪らない【新ひと皿の歳時記18】…
  4. 東京・神宮前『傳』の自由自在な新しい日本料理【新ひと皿の歳時記1…
  5. 街中華の隠れた名店を発見!東京・大井町の『萬来園』【山本益博の新…
PAGE TOP