新着記事

人情に厚くスジを通した生き方の役『仁義なき戦い』【面白すぎる日本映画 第38回】

人情に厚くスジを通した生き方の役柄が俳優・梅宮辰夫への信望に『仁義なき戦い』【面白すぎる日本映画 第38回】

家事代行件数20,854件の『家事のプロ』が選ぶ、“本当に使える”商品発表!

家事代行件数20,854件の『家事のプロ』だからわかる! 本当に買うべき「料理」「掃除」「整理収納」アイテム9選

インフルエンザ薬「ゾフルーザ」に早くも耐性ウイルス問題|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第13回】

インフルエンザ薬「ゾフルーザ」に早くも耐性ウイルス問題|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第13回】

ベニー・グッドマン・トリオ『ザ・コンプリート・トリオズ』

ピアノ・トリオは「ジャズの基本形」ではない。トリオ編成の元祖とは?【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道40】

タクシー乗車時、運転手と会話する人80.5%

タクシー乗車時、運転手と会話しますか? タクシー利用者のリアルな声

滑舌の低下、食べこぼし、飲食時の“むせ”|口の機能の衰えは「オーラルフレイル」の危険性あり!

切り餅を使った「中華おこわ」

【管理栄養士が教える減塩レシピ】余ったお餅をリメイク!切り餅を使った「餅グラタン」「中華おこわ」

バルミューダ ザ・ライト|明るくくっきりした視界を確保。正確な色が見え、影ができにくい

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(1/20~1/26)射手座~魚座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(1/20~1/26)獅子座~蠍座編

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局
  2. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  3. 鴨鍋

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

健康

そも漢方とは何か?~漢方にしかできない治療と、漢方の得意とする治療を知る

diagnosis

漢方の基礎知識をわかりやすく解説するシリーズ連載「そも漢方とは何か?」。前回は、具体的に漢方薬とは何かを紹介しました(https://serai.jp/health-2/kanpo/33079)。今回は、漢方独自の診断方法「四診」(ししん)と、漢方が得意とする具体的な治療法について、慶應義塾大学の渡辺賢治先生に具体例を挙げていただきながら紹介しましょう。

漢方の診断法「四診」とは?

漢方の診察法は、四診(ししん)という四つの診断方法があり、望診(ぼうしん)、聞診(ぶんしん)、問診(もんしん)、切診(せっしん)から成ります。聞き慣れない言葉も多いと思いますが、これら4つの漢方独自の診断方法で、個人個人に合った漢方薬を選んでいきます。渡辺教授に具体的にお話を伺いましょう。

「まず、望診というのは、単に患者さんの顔色・体格などを観察するのみならず、そのしぐさひとつひとつまで丹念に観察することです。じつは患者さんが診察室に入るところから望診は始まっているのです。望診の中でも漢方に特徴的なのは舌診(ぜっしん)です。舌の色はどうか、舌に苔がついていないか、歯形がついていないか、舌を裏返したら、静脈が腫れていないかなどをチェックするのです」

具体的にどのような舌だと問題なのでしょうか?

「例えば、自分で見てわかる印として『歯痕』があります。舌の縁に歯型がついているものです。これは「水毒」という状態を意味します。水毒とは、体の中にある水のバランスが崩れている状態を表し、むくみ、頭痛、嘔気、下痢などが起こります」

漢方では特別な問診をするのでしょうか?

「基本的には西洋医学的な問診項目と大差はないですが、漢方では『車酔いはしますか?』などの一風変わった質問をされることもあります。また、漢方の場合は主観を重視する医学であるため、問診は特に重要になってきます。例えば、頭痛で来院した場合、西洋医学では脳腫瘍がないかと、CTまたはMRIで脳内を調べます。
一方、漢方では、水毒という漢方のタイプによる頭痛なのか、それとも加齢による頭痛なのかを鑑別するために問診を重視します。また、治療効果も検査値などではなく、本人の自覚症状の変化を重視します。その意味でも、漢方の問診には丁寧に答えて欲しいですね。
その他、聞診(ぶんしん)、切診(せっしん)がありますが、聞診は字からすると“聞く”ことですが、声のトーンや声色を聞くだけでなく、においをかぐことも含まれます。例えば、胃酸のにおいが強いと胃炎を疑ったり、呼気のにおいから肺の感染症を疑ったりします。
切診は患者さんの体に触れる診断方法で、腹診とも言います。腹診は、日本独自に発展したものです」

具体的には、お腹を触って何がわかるのでしょうか?

「お腹の張りの程度を触って確かめるのですが、例えば肋骨の下が張っているとストレスを感じているとわかります。自覚症状はなくても、診察すると張りの程度はすぐにわかります。その程度によって選ぶ漢方薬も異なってきます。その他にも、お腹の動脈の様子や押さえた時の痛みなどを確かめます」

これらの四診によって、体全体を総合的に診断するのが漢方の特徴です。四診によって、病気を持つ人間の状態(もともとの体質および病気に対する体の反応)を分類する漢方独特の診断の物差し「証」(しょう)が決定され、その人に合った漢方薬が処方されます。

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. サライ9月号|今こそ読みたい「漫画」と夏バテに効く「漢方&薬膳」…
  2. 漢方薬の処方とあわせて「社会的処方」が必要となる理由【名医に聞く…
  3. 不眠治療に漢方薬が効果あり!でも根本解決には習慣の養生を【名医に…
  4. 実は水戸黄門の印籠はポータブル薬箱!漢方に関する10の驚きの事実…
  5. 長生きの秘訣!天下人・徳川家康の「長寿の極意」3か条
PAGE TOP