新着記事

【管理栄養士が教える減塩レシピ】フライパンで作る! おうちで燻製レシピ

【管理栄養士が教える減塩レシピ】フライパンで スモークチーズが作れる!カンタン「燻製」入門

【ビジネスの極意】「モチベーション」と「やる気」は違います

【ビジネスの極意】「モチベーション」と「やる気」は違います

日常生活に必須の「7つの力」を無理なく向上させるエクササイズ|『カラダのおくすり体操』

加齢で衰えた「転ばない力」を回復させるエクササイズ|『カラダのおくすり体操』

この一体化した金属を外せ!脳活パズル『はずる』にハマる人続出

ザルツブルクの町

門をくぐれば巡礼の道。モーツァルト生誕の地「ザルツブルク」の知られざる絶景ポイントを歩く(オーストリア)

お子さんが自立したこともあり、ロードスターを購入してからは奥様と2人で出かける機会が増えたそう。

【私のクルマ遍歴】事故でフロントが破損した『NCロードスター』。奥様の理解と後押しでより魅力的なフォルムに生まれ変わる(後編)

茂幸さんの愛車は、ブラックのボディカラーが希少なオープンカー。その出会いと物語は【後編】にて語ります。

【私のクルマ遍歴】仕事や家庭に翻弄され、『カリーナ』『チェイサー』『ミラージュ』『ギャラン』と、何台も乗り換えた青春時代(前編)

横瀬浦公園(長崎県西海市)にあるルイス・フロイス像。

なぜイエズス会は長崎で多くの信者を獲得できたのか?【半島をゆく 歴史解説編 西彼杵・島原半島3】

拾った猫の扱いや地域猫活動は法律的にどうなのか?|『ねこの法律とお金』

拾った猫をそのまま飼ったらどうなる?|『ねこの法律とお金』

ものぐさでもOK!後ろからでも前からでも履ける画期的スリッパ

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号

シニア住宅特集アンケート実施中です!

別冊付録「大人の逸品カタログ」商品はこちらから

ピックアップ記事

  1. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

健康

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|野菜不足を補える簡単おかず2選

写真・文/矢崎海里

減塩おかず2選

突然ですが皆さん、普段どのくらい野菜を食べているか、把握していますか?

厚生労働省が推奨している、一日の野菜の摂取量は350gと言われています。

しかし最近の調査で、成人は一日約50~60gほど不足しているという結果が出ており、この不足分は、小鉢ひとつ分ほどです。

そこで今回は、一日の不足分を補える、野菜がメインの減塩おかずを2つご紹介します。

ぱぱっと簡単、定番の野菜で作れるので、いつもの食卓にプラスしてみて下さいね。

ピーマンと小えびの塩昆布炒め

ピーマンと小えびの塩昆布炒め

【材料】(1人分)

ピーマンと小えびの塩昆布炒め

ピーマン 中2個
小えび 大さじ1
かつおぶし 一握り
塩昆布 3g
胡麻油 大さじ1/2

【作り方】

1.ピーマンは種を取り、縦に千切りにする
2.フライパンに胡麻油を入れ、小えびを入れ炒める
3.香りが立ったらピーマンを入れ、さらに炒める
4.ピーマンがしんなりしたら塩昆布、鰹節を入れさっと炒め、火を止め、器に盛り完成

減塩食材:小えび・塩昆布

おつまみにもぴったりなピーマンの炒め物。

はじめに小えびだけを炒め、しっかり香りを出すことがポイントです。

調味料代わりは塩昆布のみ。
鰹節の旨味や、胡麻油の香りも加わり薄味ながら満足できる一品となっています。

さばの味噌煮など濃いめの主菜や、とんかつなど揚げ物の箸休めにもおすすめです。

食塩相当量:0.5g 野菜量:60g

人参の甘酢生姜漬け

人参の甘酢生姜漬け

 

【材料】(1人分)

人参の甘酢生姜漬け

人参 中1/3本
甘酢生姜 25g(漬け汁抜き)

【作り方】

1.人参は皮をむき、千切りにする
※細めに切るとしんなりと、少し太めに切ると食感を楽しめる仕上がりになります
2.甘酢生姜をざく切りにする
※漬け汁も使うので捨てずに取っておきましょう
3.ビニール袋に人参、甘酢生姜、漬け汁を入れ軽く揉み、半日~一日冷蔵庫内で漬ける
4.器に盛りつけ、完成

減塩食材:生姜・甘酢

生姜は言わずと知れた減塩食材です。

さらに甘酢生姜を漬け汁ごと使うことで、なかなか加減が難しい甘酢をそのまま再利用。

ぴりっとアクセントの生姜と、甘酸っぱい味付けで物足りなさを感じさせません。

また材料はたったの2つ、切って漬けるだけなので、簡単な作りおきおかずとしてもおすすめです。

食塩相当量:0.4g 野菜量:80g

*  *  *

忙しいとパンやおにぎりのみ、丼や麺のみなど、どうしても野菜が不足しがちです。
一汁三菜の食生活はなかなかハードルが高いですが、毎日3食のどこかで野菜のおかずを意識して、日々の野菜不足を補いましょう。

文/矢崎海里(やざき・かいり)
管理栄養士やフードスペシャリストなどの資格を生かし、企業で働く傍ら、Webメディアでも活動。おいしく食べて健康になれるごはんを研究中。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【管理栄養士が教える減塩レシピ】フライパンで作る! おうちで燻製レシピ 【管理栄養士が教える減塩レシピ】フライパンで スモークチーズが作…
  2. 【管理栄養士が教える減塩レシピ】母の日メニューに!|料理初心者でもできる「和風カルボナーラ」「キャベツたっぷり豚玉」 【管理栄養士が教える減塩レシピ】母の日メニューに!|料理初心者で…
  3. 【管理栄養士が教える減塩レシピ】端午の節句にぶりを食べよう 【管理栄養士が教える減塩レシピ】端午の節句に出世魚「ぶり」でお祝…
  4. 【管理栄養士が教える減塩レシピ】今が旬!そらまめとかぶを食べよう 【管理栄養士が教える減塩レシピ】「そらまめと新じゃがのチーズ焼き…
  5. さつま汁 【管理栄養士が教える減塩レシピ】たっぷり根菜と鮭のあら汁|寒暖差…
PAGE TOP