新着記事

「9月入学、8月卒業」は本当? アメリカモデルから解く「秋に始まる学校」制度【異文化リテラシー レッスン10】

「9月入学、8月卒業」は本当? アメリカモデルから解く「秋に始まる学校」制度【異文化リテラシー レッスン10】

おこもり生活に役立つアプリ「radiko」の使い方【スマホ基本のき 第20回】

生活費が足りない、借金返済の場合は嘘をつく、親にお金を借りる理由

衝動的に東海道新幹線に飛び乗ってでかけたくなる、ニッチな一冊|『名古屋の酒場』

飲み屋が少ない、そもそも酒に弱い、知られざる「名古屋の酒場」事情

毎日出勤しても仕事が無い…「社内失業者」にならないために必要なこと

【ビジネスの極意】名門会社を失った、40代で働き盛りだった三代目の失敗から学ぶこと

【ビジネスの極意】名門会社を失った、40代で働き盛りだった三代目の失敗から学ぶこと

年収1000万円以上の保護者が子どもにしている「マネー教育」の中身

PTA活動はみんなやりたくない? 年齢別にみると明らかな結果が。生の声をそのまま公開します!

ボスママ、マウント、利権争い、「PTA活動」参加したくない意外な理由

マスク焼けが気になる今年。「日焼け止め」を塗るべきか、塗らざるべきか|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第27回】

マスク焼けが気になる今年。「日焼け止め」を塗るべきか、塗らざるべきか|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第27回】

『Norman Granz' Jazz At The Philharmonic Vol.6』

「好き勝手」を楽しむ ジャム・セッションの聴き方【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道56】

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 大開口窓は開放感が得られると同時に、季節ごとの光と風を取り込むことができる。芝生は建物周辺の温度を下げることが期待でき、庭木は夏の日差しを和らげる効果がある。
  2. 勾配天井により天井高は最高4mを実現。1階と1.5階がゆるく繋がることで、人の気配を感じながら、個室で過ごす感覚が楽しめる。
  3. 居室は35~75平方メートル、と広めに設定され、多彩なタイプが用意される。高齢者の暮らしやすさに配慮した設計が特徴だ。写真は66平方メートルの部屋。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

健康

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|野菜不足を補える簡単おかず2選

写真・文/矢崎海里

減塩おかず2選

突然ですが皆さん、普段どのくらい野菜を食べているか、把握していますか?

厚生労働省が推奨している、一日の野菜の摂取量は350gと言われています。

しかし最近の調査で、成人は一日約50~60gほど不足しているという結果が出ており、この不足分は、小鉢ひとつ分ほどです。

そこで今回は、一日の不足分を補える、野菜がメインの減塩おかずを2つご紹介します。

ぱぱっと簡単、定番の野菜で作れるので、いつもの食卓にプラスしてみて下さいね。

ピーマンと小えびの塩昆布炒め

ピーマンと小えびの塩昆布炒め

【材料】(1人分)

ピーマンと小えびの塩昆布炒め

ピーマン 中2個
小えび 大さじ1
かつおぶし 一握り
塩昆布 3g
胡麻油 大さじ1/2

【作り方】

1.ピーマンは種を取り、縦に千切りにする
2.フライパンに胡麻油を入れ、小えびを入れ炒める
3.香りが立ったらピーマンを入れ、さらに炒める
4.ピーマンがしんなりしたら塩昆布、鰹節を入れさっと炒め、火を止め、器に盛り完成

減塩食材:小えび・塩昆布

おつまみにもぴったりなピーマンの炒め物。

はじめに小えびだけを炒め、しっかり香りを出すことがポイントです。

調味料代わりは塩昆布のみ。
鰹節の旨味や、胡麻油の香りも加わり薄味ながら満足できる一品となっています。

さばの味噌煮など濃いめの主菜や、とんかつなど揚げ物の箸休めにもおすすめです。

食塩相当量:0.5g 野菜量:60g

人参の甘酢生姜漬け

人参の甘酢生姜漬け

 

【材料】(1人分)

人参の甘酢生姜漬け

人参 中1/3本
甘酢生姜 25g(漬け汁抜き)

【作り方】

1.人参は皮をむき、千切りにする
※細めに切るとしんなりと、少し太めに切ると食感を楽しめる仕上がりになります
2.甘酢生姜をざく切りにする
※漬け汁も使うので捨てずに取っておきましょう
3.ビニール袋に人参、甘酢生姜、漬け汁を入れ軽く揉み、半日~一日冷蔵庫内で漬ける
4.器に盛りつけ、完成

減塩食材:生姜・甘酢

生姜は言わずと知れた減塩食材です。

さらに甘酢生姜を漬け汁ごと使うことで、なかなか加減が難しい甘酢をそのまま再利用。

ぴりっとアクセントの生姜と、甘酸っぱい味付けで物足りなさを感じさせません。

また材料はたったの2つ、切って漬けるだけなので、簡単な作りおきおかずとしてもおすすめです。

食塩相当量:0.4g 野菜量:80g

*  *  *

忙しいとパンやおにぎりのみ、丼や麺のみなど、どうしても野菜が不足しがちです。
一汁三菜の食生活はなかなかハードルが高いですが、毎日3食のどこかで野菜のおかずを意識して、日々の野菜不足を補いましょう。

文/矢崎海里(やざき・かいり)
管理栄養士やフードスペシャリストなどの資格を生かし、企業で働く傍ら、Webメディアでも活動。おいしく食べて健康になれるごはんを研究中。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. ポークソテーシャリアピンソース 【管理栄養士が教える減塩レシピ】みじん切り、すりおろしで活性化!…
  2. アスパラの豆乳レモンクリームスパゲティ 【管理栄養士が教える減塩レシピ】柔らかくて甘い、旬のアスパラガス…
  3. ほたてフライ生姜タルタルソース 【管理栄養士が教える減塩レシピ】旬のホタテの濃厚な旨味とプリプリ…
  4. ミニトマトの塩昆布和え 【管理栄養士が教える減塩レシピ】みずみずしく甘みたっぷりのミニト…
  5. 新じゃがとベーコンのオーブン焼き 【管理栄養士が教える減塩レシピ】新じゃがを使ったアレンジポテトサ…
PAGE TOP