新着記事

50代夫婦1000名に聞いた定年対策 実態調査!|「定年退職後も夫には外で働いてほしい」は9割近く!!

妻の9割は「定年退職後も夫には外で働いてほしい」|50代夫婦1000名に聞いた「定年後のライフスタイル」

SIWA長財布|障子紙の里から生まれた優しい手触りの軽量財布

【管理栄養士が教える減塩レシピ】今が旬!そらまめとかぶを食べよう

【管理栄養士が教える減塩レシピ】「そらまめと新じゃがのチーズ焼き」「かぶのラタトゥイユ」|今が旬! そらまめとかぶを食べよう

【家族のかたち】母子家庭は貧しくも、2人の兄のおかげで寂しさを感じることはなかった~その1~

【家族のかたち】不妊治療に非協力的な夫との離婚。次に進めなかった気持ちを家族が救ってくれた~その2~

【家族のかたち】不妊から離婚を経験。もう一回拒否されたらと次に進めなかった気持ちを家族が救ってくれた~その2~

【家族のかたち】母子家庭は貧しくも、2人の兄のおかげで寂しさを感じることはなかった~その1~

免許返納。娘は母にどう伝えたらいいのか?【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】

免許返納。娘は母にどう伝えたらいいのか?【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】

歌川国芳「たとゑ尽の内」個人蔵

猫、猫、猫。江戸時代の「猫ブーム」を垣間見る【特別展 いつだって猫展】

鯉のぼり型染めタペストリー|本格的な型染めで仕上げた室内用鯉のぼり

名手ムターが作曲家ペンデレツキに捧げるドラマティックな演奏の花束【林田直樹の音盤ナビ】

空から眺めるウルルの全容

ブリスベンとゴールドコースト、そしてウルルを巡る旅【ウルル編】

サライ本誌最新号

住宅特集アンケート実施中です!

別冊付録「大人の逸品カタログ」商品はこちらから

ピックアップ記事

  1. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。
  2. アウトサイド・ジャパン展

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

健康

温泉でなくても家庭風呂でOK!|健康効果が得られる「最高の入浴法」

文/鈴木拓也

温泉療法専門医が太鼓判|もっとも優れた健康法は「入浴」

世の中には健康法とされるものはゴマンとあるが、日本人がそうとは自覚せずに日々実践している健康法が1つある。
それは、「入浴」。

東京都市大学人間科学部で教鞭をとり、温泉療法専門医でもある早坂信哉教授によれば、「入浴こそ、一般の方が実践できる、もっとも優れた健康法」だという。

これは、早坂教授が過去20年にわたり、のべ4万人近くを調査し研究しての結論とのことで、その知見は昨年11月に刊行された『最高の入浴法』(大和書房)にまとめられている。

もともと温泉に入るのが健康に良いことは、奈良時代から経験的に知られていた。早坂教授によれば、温泉だけでなく(水道水を使った)家庭風呂でも、大きな健康効果が得られるという。もちろん、それはわれわれサライ世代にもしかり。具体的にどんな効果があるのか、本書からピックアップしてみよう。

■入浴は肩こりに効く

一説には、2人に1人が悩まされているという肩こり。そして、中年期以降に増加する四十肩や五十肩。国民病とも呼べる、こうした肩の不定愁訴に入浴は効くという。

肩こりは主に、僧帽筋を含む肩周辺の筋肉が緊張によって硬くなり、血流が悪くなって起こる。一方、四十肩や五十肩は、肩関節の周囲の靭帯がこわばって起こる。

どちらも入浴によって症状を緩和できると、早坂教授は述べる。

肩こりについては、「肩までお湯に浸かって温める」のが大原則で、その際には「肩や首をゆっくりと回して、筋肉をきちんとほぐす」ようにする。痛みが集中し硬くなっている「トリガーポイント」(ツボ)を、やさしく指で揉みほぐすのもよいという。

四十肩や五十肩も同様で、肩が温まってから、ゆっくりと肩を回すようにする。

いずれも、湯温は40℃、10分浸かるのがベストとのこと。

慢性的な腰痛にも効果はあるが、ぎっくり腰のような急性腰痛ではNG。そうした症状に見舞われたら、医師の診断を仰ぐのが先決だ。

■入浴は高血圧に効く

高血圧については、「ぬるめのお湯であれば、血圧を下げる効果」があると、早坂教授はアドバイスする。これは、入浴時に血管を拡げて血流が良くなるため。結果として、血圧が下がる。

この効果は、入浴を終えて約8時間持続するという。

ただ、入浴前に160/100を超えるほどの血圧は、「入浴に関連する事故のリスク」になるとのことで注意が必要だ。もっとも、これには個人差があり、入浴の可否判断は普段の体調を踏まえてすべきと、早坂教授は述べている。

他方、低血圧については、「40℃程度のお風呂に3分ほど入り、その後、25℃前後の水を手足に10秒ほどかける」というサイクルを5~6回ほど繰り返す、一種の温冷交代浴を勧めている。

■入浴は痛風に効く

血液中の尿酸値が高くなることが素因となって起こる痛風。戦前は非常にまれな病気であったが、飽食の時代を迎えて増加。今では100万人近くが痛風にかかり、予備軍は数百万人いるという。

痛風に効くお風呂の入り方について、早坂教授は以下のように記している。

「水分をたっぷり摂った上で、38~39℃程度のぬるめのお湯に20分ほど浸かりましょう。水圧による利尿作用がはたらいて、尿酸を排出する効果があります。ただし、お風呂で患部をマッサージすることは控えましょう。患部の炎症が再発する恐れがあります」(本書136pより)

気をつけたいのは、痛みがあるとき。このときは入浴してはいけない。患部の血行がよくなって、かえって痛みが悪化する。

■冬はヒートショックに注意

そのほか、入浴には風邪、神経痛、冷え、更年期障害など様々な症状を改善する効果があるというが、要注意なのが冬期の「ヒートショック」

これはリビングなど暖かい部屋から、暖房の効いていない脱衣所に入り、そしてまた熱い風呂に浸るという、急な温度差で生じる血圧の急上昇・急下降に伴い脳卒中などを起こすこと。

入浴時に亡くなる人は年間2万人近くいて高齢者の割合が多いが、その原因の多くはヒートショックによるものと考えられている。

本書で早坂教授は、ヒートショックを予防するために、例えば以下の方法を挙げている。

・お風呂に入る前にコップ1杯の水を飲む。
・脱衣所を温めて、浴室は蒸気を立たせておく。
・酔っているときは入らない。
・入る前に、家族の誰かに声をかけておく。
・かけ湯をしてから浴槽に入る。

また、高齢者は、湯の熱さを感じるセンサーが鈍っていて、熱い湯を好みがち。しかし、熱い風呂に長時間入ることに健康効果はないばかりか、熱中症のリスクさえあるという。

このように、本書では入浴の効能や諸注意、さらには温泉についても述べており、お役立ち度は高い。お風呂好きには特に勧めたい1冊である。

【今日の健康に良い1冊】
『最高の入浴法』

http://www.daiwashobo.co.jp/book/b375374.html

(早坂信哉著、本体1,400円+税、大和書房)

最高の入浴法
文/鈴木拓也
老舗翻訳会社役員を退任後、フリーライター兼ボードゲーム制作者となる。趣味は散歩で、関西の神社仏閣を巡り歩いたり、南国の海辺をひたすら散策するなど、方々に出没している。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【お疲れの方に朗報】毎日湯船に浸かればよく眠れる!? ~“自分を整える”暮らし方~ 毎日湯船に浸かる人はよく眠れる!?|“自分を整える”暮らし方
  2. 冬場の入浴は危険がいっぱい!恐ろしい「 ヒートショック」を防ぐ安…
PAGE TOP