新着記事

マカオ往復航空券が当たる!Twitterキャンペーンのお知らせ

ジビエ

日本のジビエを考える、そして食べる|地方が直面する問題と都市も注目する食材

『マイ・フェイヴァリット・シングス〜ライヴ・イン・ヨーロッパ1963(アフロ・ブルー・インプレッションズ)』

オリジナルを超えてスタンダードになった「改変」ヴァージョン【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道28】

介護施設の種類と費用は【今からはじめるリタイアメントプランニング】

要介護認定の有無で利用できるかどうかが決まる|介護施設の種類と費用【今からはじめるリタイアメントプランニング】

世代ごとのBS視聴傾向をTV局ごとに深掘り! BSファンの実態とは!?

BS放送世代別視聴率ベスト5|50代1位は「おぎやはぎの愛車遍歴」

アリ・シェフェール《フリデリク・ショパンの肖像》1847年 油彩、カンヴァス credit:Dordrechts Museum

“ピアノの詩人”の音楽と生涯をたどる【「ショパン―200年の肖像」展】

科学者が語る人生論|『138億年の人生論』

科学者が説く、トラブルに煩わされない「宇宙スケール」の考え方

山

紅葉が楽しめる!秋の登山・ハイキング人気スポットランキング

ねっとり里芋の焼きコロッケ

【管理栄養士が教える減塩レシピ】栄養満点! ねっとり食感を生かした「里芋のグラタン&コロッケ」

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(10/14~10/20)射手座~魚座編

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. リラックスを追求し、日々を快適にする『シンラ』。103万5000円~(工事費別)。椅子と桶は23年前の新築時に友人から贈られたもの。
  2. 幅60㎝、広い庫内空間と高い収納力で12人分84点に対応する『SMI69N75JP』。年間で水道代・電気 代が約35%節約可能(※)。34万円(ドア面材、工事費別)。 ※(一財)省エネルギーセンター「家庭の省エネ大事典」より
  3. リビングから0.5階上がると、『タタミスペース』が用意される。1階とは違った設えが、暮らしに豊かさをもたらしてくれる。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

健康

温泉でなくても家庭風呂でOK!|健康効果が得られる「最高の入浴法」

文/鈴木拓也

温泉療法専門医が太鼓判|もっとも優れた健康法は「入浴」

世の中には健康法とされるものはゴマンとあるが、日本人がそうとは自覚せずに日々実践している健康法が1つある。
それは、「入浴」。

東京都市大学人間科学部で教鞭をとり、温泉療法専門医でもある早坂信哉教授によれば、「入浴こそ、一般の方が実践できる、もっとも優れた健康法」だという。

これは、早坂教授が過去20年にわたり、のべ4万人近くを調査し研究しての結論とのことで、その知見は昨年11月に刊行された『最高の入浴法』(大和書房)にまとめられている。

もともと温泉に入るのが健康に良いことは、奈良時代から経験的に知られていた。早坂教授によれば、温泉だけでなく(水道水を使った)家庭風呂でも、大きな健康効果が得られるという。もちろん、それはわれわれサライ世代にもしかり。具体的にどんな効果があるのか、本書からピックアップしてみよう。

■入浴は肩こりに効く

一説には、2人に1人が悩まされているという肩こり。そして、中年期以降に増加する四十肩や五十肩。国民病とも呼べる、こうした肩の不定愁訴に入浴は効くという。

肩こりは主に、僧帽筋を含む肩周辺の筋肉が緊張によって硬くなり、血流が悪くなって起こる。一方、四十肩や五十肩は、肩関節の周囲の靭帯がこわばって起こる。

どちらも入浴によって症状を緩和できると、早坂教授は述べる。

肩こりについては、「肩までお湯に浸かって温める」のが大原則で、その際には「肩や首をゆっくりと回して、筋肉をきちんとほぐす」ようにする。痛みが集中し硬くなっている「トリガーポイント」(ツボ)を、やさしく指で揉みほぐすのもよいという。

四十肩や五十肩も同様で、肩が温まってから、ゆっくりと肩を回すようにする。

いずれも、湯温は40℃、10分浸かるのがベストとのこと。

慢性的な腰痛にも効果はあるが、ぎっくり腰のような急性腰痛ではNG。そうした症状に見舞われたら、医師の診断を仰ぐのが先決だ。

■入浴は高血圧に効く

高血圧については、「ぬるめのお湯であれば、血圧を下げる効果」があると、早坂教授はアドバイスする。これは、入浴時に血管を拡げて血流が良くなるため。結果として、血圧が下がる。

この効果は、入浴を終えて約8時間持続するという。

ただ、入浴前に160/100を超えるほどの血圧は、「入浴に関連する事故のリスク」になるとのことで注意が必要だ。もっとも、これには個人差があり、入浴の可否判断は普段の体調を踏まえてすべきと、早坂教授は述べている。

他方、低血圧については、「40℃程度のお風呂に3分ほど入り、その後、25℃前後の水を手足に10秒ほどかける」というサイクルを5~6回ほど繰り返す、一種の温冷交代浴を勧めている。

■入浴は痛風に効く

血液中の尿酸値が高くなることが素因となって起こる痛風。戦前は非常にまれな病気であったが、飽食の時代を迎えて増加。今では100万人近くが痛風にかかり、予備軍は数百万人いるという。

痛風に効くお風呂の入り方について、早坂教授は以下のように記している。

「水分をたっぷり摂った上で、38~39℃程度のぬるめのお湯に20分ほど浸かりましょう。水圧による利尿作用がはたらいて、尿酸を排出する効果があります。ただし、お風呂で患部をマッサージすることは控えましょう。患部の炎症が再発する恐れがあります」(本書136pより)

気をつけたいのは、痛みがあるとき。このときは入浴してはいけない。患部の血行がよくなって、かえって痛みが悪化する。

■冬はヒートショックに注意

そのほか、入浴には風邪、神経痛、冷え、更年期障害など様々な症状を改善する効果があるというが、要注意なのが冬期の「ヒートショック」

これはリビングなど暖かい部屋から、暖房の効いていない脱衣所に入り、そしてまた熱い風呂に浸るという、急な温度差で生じる血圧の急上昇・急下降に伴い脳卒中などを起こすこと。

入浴時に亡くなる人は年間2万人近くいて高齢者の割合が多いが、その原因の多くはヒートショックによるものと考えられている。

本書で早坂教授は、ヒートショックを予防するために、例えば以下の方法を挙げている。

・お風呂に入る前にコップ1杯の水を飲む。
・脱衣所を温めて、浴室は蒸気を立たせておく。
・酔っているときは入らない。
・入る前に、家族の誰かに声をかけておく。
・かけ湯をしてから浴槽に入る。

また、高齢者は、湯の熱さを感じるセンサーが鈍っていて、熱い湯を好みがち。しかし、熱い風呂に長時間入ることに健康効果はないばかりか、熱中症のリスクさえあるという。

このように、本書では入浴の効能や諸注意、さらには温泉についても述べており、お役立ち度は高い。お風呂好きには特に勧めたい1冊である。

【今日の健康に良い1冊】
『最高の入浴法』

http://www.daiwashobo.co.jp/book/b375374.html

(早坂信哉著、本体1,400円+税、大和書房)

最高の入浴法
文/鈴木拓也
老舗翻訳会社役員を退任後、フリーライター兼ボードゲーム制作者となる。趣味は散歩で、関西の神社仏閣を巡り歩いたり、南国の海辺をひたすら散策するなど、方々に出没している。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【お疲れの方に朗報】毎日湯船に浸かればよく眠れる!? ~“自分を整える”暮らし方~ 毎日湯船に浸かる人はよく眠れる!?|“自分を整える”暮らし方
  2. 冬場の入浴は危険がいっぱい!恐ろしい「 ヒートショック」を防ぐ安…
PAGE TOP