新着記事

越後亀田縞ハンチング|伝統織物で仕立てた小粋な木綿ハンチング帽

失敗を恐れずに進むことが特効薬|『「感情の老化」を防ぐ本』

40代から始まる「感情の老化」を食い止める方法|『「感情の老化」を防ぐ本』

春の体調管理の鍵を握るのは免疫力を上げる「たんぱく質」!

春の体調管理の鍵を握るのは免疫力を上げる「たんぱく質」!

「褒められると伸びるタイプなんです」と言う部下への接し方

【ビジネスの極意】「褒められると伸びるタイプなんです」と言う部下への接し方

ペーパーグラス|眼鏡作りの聖地が生んだ驚異の薄型軽量読書眼鏡

仏像曼荼羅イメージ 東寺蔵

空海発案の立体曼荼羅21体のうち、15体が集合【特別展「国宝 東寺―空海と仏像曼荼羅」】

災害時に愛猫がPTSDに陥ったら!|知っておきたい「猫のPTSD」治療法

竹製のスタンドにヤシの葉のうちわを常備。和室はエアコンを設置せずに、うちわや扇風機で涼をとります。網戸がなく、窓を開けっ放しにしているため、家中のいたるところに置いている蚊取り線香入れは、バリ島でつくられたもの。

春過ぎて夏を待つ日に葉山の家へ【桐島かれん『KAREN’s』】

50代夫婦1000名に聞いた定年対策 実態調査!|「定年退職後も夫には外で働いてほしい」は9割近く!!

妻の9割は「定年退職後も夫には外で働いてほしい」|50代夫婦1000名に聞いた「定年後のライフスタイル」

SIWA長財布|障子紙の里から生まれた優しい手触りの軽量財布

サライ本誌最新号

住宅特集アンケート実施中です!

別冊付録「大人の逸品カタログ」商品はこちらから

ピックアップ記事

  1. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。
  2. アウトサイド・ジャパン展

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

料理レシピ

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|栄養を逃さない一工夫! 定番野菜の簡単おかず2選

写真・文/矢崎海里

定番野菜で簡単減塩おかず2選

前回、一日に不足している野菜を補う、野菜おかずレシピをご紹介しました。

今回は、前回ご紹介できなかった定番野菜を使った簡単レシピを2つ、引き続き紹介していきます。

減塩ポイントにプラスして、栄養を逃さないワンポイントもあるので、ぜひ参考にしてみて下さい。

小松菜の韓国風おひたし

小松菜の韓国風おひたし

 
【材料】(1人分)

小松菜の韓国風おひたし・材料

小松菜 2束
韓国海苔 1枚(1/8切り)
ポン酢 小さじ1
胡麻油 小さじ1
いりごま 少々

【作り方】

1.小松菜は4cmほどの大きさに切り、耐熱容器に入れ、電子レンジ500Wで2分加熱する
2.ボウルにポン酢、胡麻油を混ぜ合わせておく
3.あら熱を取った小松菜は水気をしっかりと切り、2の調味料と合わせ、冷蔵庫で冷やす
4.食べる直前に韓国海苔を細かくちぎり和え、器に盛り、いりごまをトッピングし完成

減塩食材:海苔・胡麻油

我が家では青菜のおひたしに焼き海苔を入れるのが定番です。

めんつゆやお醤油のおひたしは美味しいけど塩分が高い!

そんな時にアレンジで作ったのがこの韓国風おひたしです。

胡麻油のコク・香りと、めんつゆやお醤油に比べ塩分が少ないポン酢を合わせました。

ほんのり塩味の韓国海苔の磯の香りもアクセントになっています。

小松菜は熱いうちに調味料と和えることで、冷める過程で味がしみこみ、より美味しくなりますよ。

食塩相当量:0.3g 野菜量:60g

 

ブロッコリーの七味マヨネーズ和え

ブロッコリーの七味マヨネーズ和え

 
【材料】(1人分)

ブロッコリーの七味マヨネーズ和え・材料

ブロッコリー 中5~6房
マヨネーズ 大さじ1と1/2
七味 小さじ1/2(お好みで)

【作り方】

1.ブロッコリーは食べやすい大きさに切り分ける
※今回は冷凍のブロッコリーを使用しました。食べやすい房に切ってあるため時間がないときにおすすめです。
2.耐熱容器に入れ、電子レンジ500Wで90秒加熱する
3.ボウルにマヨネーズと七味を混ぜ合わせる
4.あら熱を取ったブロッコリーをペーパー等で水気をよくとり、3と合わせ、器に盛りつけて完成

減塩食材:七味

ぴりっとした唐辛子がアクセントの七味。

最近は山椒風味や柚子風味など、色々な種類の七味が販売されていますね。

その名の通り、七つの味それぞれの風味が、控えめの塩分をカバーしてくれます。

また、マヨネーズは高カロリーのイメージが強いかと思いますが、塩分は他の調味料に比べて控えめです。

卵のコクが生きたマヨネーズも、上手に活用して減塩しましょう。

食塩相当量:0.5g 野菜量:70g

*  *  *

今回、小松菜・ブロッコリーは、どちらも電子レンジでの加熱工程をご紹介しました。

茹でると、水に溶けやすいビタミン類が流れてしまいますが、電子レンジで加熱することにより、その流失を抑え効率よく栄養を摂取することができます。

料理工程も一工夫し、逃さず栄養補給をしましょう。

文/矢崎海里(やざき・かいり)
管理栄養士やフードスペシャリストなどの資格を生かし、企業で働く傍ら、Webメディアでも活動。おいしく食べて健康になれるごはんを研究中。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【管理栄養士が教える減塩レシピ】今が旬!そらまめとかぶを食べよう 【管理栄養士が教える減塩レシピ】「そらまめと新じゃがのチーズ焼き…
  2. さつま汁 【管理栄養士が教える減塩レシピ】たっぷり根菜と鮭のあら汁|寒暖差…
  3. 【管理栄養士が教える減塩レシピ】旬の山菜、ふきのとうでふきみそを作ろう! 【管理栄養士が教える減塩レシピ】旬の山菜、ふきのとうで「ふき味噌…
  4. 鶏だしチャプチェ 【管理栄養士が教える減塩レシピ】鶏だしチャプチェ|鶏肉でだしを取…
  5. さきいかと菜の花の炊き込みご飯 【管理栄養士が教える減塩レシピ】さきいかと菜の花の炊き込みご飯|…
PAGE TOP