【私のお気に入り~第89回】
富山『ふじ居』の鮎めし

ふじ居2

『8人でいただいたのですが、鮎がいったい何尾炊き込まれているのでしょうか?

子持ちの鮎が所狭しと並べられて炊きあげられ、炊きあがったら鮎がほぐされて掻き混ぜられます。御茶碗によそわれると、溢れんばかりの鮎が目を楽しませてくれます。この秋のこの時季にしか味わえない炊き込みご飯といってよいでしょう。

江戸時代、ご飯は朝一度しか炊きませんでした。薪がもったいないというエコロジーと夜は火事を用心して火を使わなかったためです。

その炊き立ての熱々の白い飯に限り、尊称を込めて「御飯」と呼びました。冷めたご飯は「めし」なんですね。また、炊き込みも「めし」。ですから、熱々であっても炊き込みご飯は「筍めし」「鯛めし」「鮎めし」となるのです。

 

■御料理 ふじ居
URL:http://www.oryouri-fujii.jp/

 

1 2

 


サライ公式通販人気ランキング


関連記事

ランキング

サライ最新号
2024年
3月号

サライ最新号

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

小学館百貨店Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

花人日和(かじんびより)

和田秀樹 最新刊

75歳からの生き方ノート

おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店
おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店