新着記事

富士山ぐい呑み|職人技で磨き込まれた富士山シルエットの酒器

金属加工の本場、新潟県燕市から届いた、ぐい呑みセット。錆びにくく熱に強い「18‐8ステンレス…

超合金魂|「超電磁マシーン ボルテスⅤ」「無敵鋼人ダイターン3」「闘将ダイモス」が新シリーズでついに登場!

文/安藤政弘ダイキャスト(亜鉛合金)を使った手にずっしりくる重量感、テレビから抜け出たかのよ…

豊臣秀吉の正室・北政所の謎を追う【にっぽん歴史夜話 7】

 文/砂原浩太朗(小説家)豊臣秀吉の正室・北政所(きたのまんどころ)。戦国女性のなか…

「太宰治記念館 斜陽館」と「太宰治疎開の家」 太宰治ゆかりの2大名所

写真・文/鈴木拓也奥津軽のJR五所川原駅で、1両編成の津軽鉄道に乗り換えて約20分。吉幾三に…

たてスラブ作務衣|肌ざわりよくサラリとした着心地の伝統ウェア

動きやすく体を締め付けず、作業着から部屋着まで万能に使えることから、サライ世代に人気の作務衣…

「糖質制限」は体を壊す?医学的見地から見た効果と副作用

文/中村康宏近年、ダイエットや糖尿病の治療法として「ケトジェニック・ダイエット」が注…

三菱/エクリプス クロス|ブランド復活を狙った、斬新な意匠が評判の高性能な小型SUV【石川真禧照の名車を利く】

文/石川真禧照(自動車生活探険家)荒地などでの走行性能に優れた車づくりに定評のある三菱自動車…

世界最大の陸の孤島!映画「フィツカラルド」誕生の地、ペルー・イキトス

文・写真/原田慶子(海外書き人クラブ/ペルー在住ライター)ドイツの巨匠ヴェルナー・ヘルツ…

かつのう3点セット|シンプルで奥深い木製パズルで脳を刺激

「かつのう」とは、脳へ適度な刺激を与えながら楽しく取り組めるパズルシリーズの名称だ。その中か…

【インタビュー】渡辺京二(思想史家・87歳)「イデオロギーは矛盾だらけ。だから歴史を学び直し人間の真実を追究するのです」

【サライ・インタビュー】渡辺京二さん(わたなべ・きょうじ、思想史家)――日本の近代論や思…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

暮らし

セットアップスタイルで着回しを楽しむコツ【銀座 老舗仕立て屋の着こなし講座1】 

コーデ1
黒にグレーの格子柄のジャケットと、チャコールグレー(濃灰色)のトラウザーズ(ズボン)のセットアップスタイル。

 

普段、仕事でスーツを着用されている方が、休日の旅行や街歩きなどオフの時間の装いに何を着たらいいのか悩まれているという話をよく耳にします。そこで当コラムでは、テイラーという立場から、洋服の成り立ちや歴史に触れながら、TPOにあわせた洋服の選び方、みなさまの体にあった洋服の選び方、また洋服の手入れの仕方などを紹介していきたいと思います。

 

まずは、カジュアルな装いの基本でもある「セットアップスタイル」について、お話ししていきます。

ここでいうセットアップスタイルとは、一般的にジャケットと呼ばれる上着(本来はスポーツジャケットとかスポーツコートと呼ばれています)に、替えズボンをコーディネートさせた装いを言います。

ちなみに、ブレザーはスポーツジャケットの一種ですから、ジャケットのことをブレザーと呼ぶのは間違いですのでご注意ください。

スポーツジャケットは、多くの場合、柄物の服地で作られた、ズボンと共地ではない上着です。かつてはその名が示す通り、「スポーツをする時のジャケット」でした。しかし、服装のカジュアル化とともに旅行着や、休日の外出着になり、カジュアルフライデーやクールビズの浸透で、次第にビジネスシーンでも着用されるようになりました。

当然ながら、かつてはネクタイ着用でしたから、ネクタイを締めての着用も可能ですし、ボタンダウンのシャツやカジュアルな感じのシャツにノーネクタイで着用してもかまいません。寒い時季ならば下にタートルネックのセーターをお召しになってもいいでしょう。

コーデ2
前出の写真のシャツをタートルネックのセーターに替えた、カジュアルなコーディネート。

このように、ジャケット&トラウザーズ(ズボン)のセットアップスタイルは、ネクタイをすればビジネスウエアとしても通用しますし、ノーネクタイでも上着を羽織ることによって、ちょっと改まった感じのカジュアルウエアとしてご利用いただける、大変利用価値の高いアイテムです。

ここで気をつけたいのが、ジャケットとトラウザーズのディテール(細部)です。漠然とした表現になってしまいますが、余りにもカジュアルなデザインの上着や、折り目(クリース)を付けないようなトラウザーズは、やはりビジネスシーンや改まった場にはふさわしくないでしょう。

クリース1
足の前後中央に入る折り目をクリースと呼びます。この折り目の有無で、見た目の印象が大きく変わります。改まった場に着用する前日には、しっかりアイロンでプレスしておくことを強くおすすめします。

 

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 自宅で蟹三昧!知っておきたい毛ガニの上手なむきかた
  2. 自宅で蟹三昧!知っておきたいタラバガニのむきかた
  3. 名人直伝!ズワイガニの上手なむきかた【動画あり】
  4. 落語家・春風亭一之輔、『アクアスキュータム』を粋に装う
  5. 水洗いできる天然素材の清涼スーツ「モンスーン」の着心地を体験でき…
PAGE TOP