新着記事

東大・山本博文教授と歴史探偵家・高橋伸幸氏が江戸の藩主たちを斬る! 〜『サライの江戸 江戸三百藩大名列伝』発売記念トークショー〜

好評発売中の「サライの江戸」シリーズ。その第3弾『江戸三百藩大名列伝』の発売を記念してトーク…

50代からのエゴな生き方|楽しく生きる中年はちょっと「ワガママ」

文/印南敦史『50代からのちょっとエゴな生き方』(井上裕之著、フォレスト出版)の著者…

ペントミノパズル|シンプルで奥深い立体組み合わせパズル

蓋を開けると、きれいに並んだ市松模様が見える。だが、市松模様を作るだけのパズルではない。…

「周りが介護度の高い入居者ばかりで、毎日が楽しくない……」有料老人ホームやサ高住でのミスマッチはなぜ起こる?

取材・文/坂口鈴香先日、新聞に70代の男性による次のような趣旨の投稿が掲載された。…

村松誠氏が描くウイスキーキャットラベルの特別なウイスキー

その昔、ウイスキーの蒸留所には、原材料である大麦を守る役目を与えられ、また職人たちにマスコットのよう…

遭難を防ぐ!山歩きを始めるあなたに伝えたい3つのこと

文/鈴木拓也息の長い「山歩き・登山」ブーム。『レジャー白書』によれば、2016年にお…

微笑みの国タイの原点!世界遺産スコータイの歴史探訪

文・写真/横山忠道(海外書き人クラブ/タイ在住ライター)タイの世界遺産というと「古都アユタヤ…

本柿渋染頭陀袋|金具も化学染料も排した柿渋染めの“和サコッシュ”

修行僧が旅をするときに、経文や食器や托鉢の恵みなど納め、首からかける袋が「頭陀袋」。そこから…

ペットの死、その時あなたは? 獣医さんが提案する幸せな旅立ち

文/柿川鮎子ペットと暮らす幸せは何にも代えがたいものがあります。ある人は「犬や猫や小鳥がいな…

5年連続1位!知る人ぞ知る、顧客大満足の車買取会社は?

CMでよく見かける「車買取会社」。ほんとうに高く買い取ってくれるのだろうか?実際にサービ…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

全国の美味がお取り寄せいただけます

美味

不思議な珍味「ふぐの子糠漬」を使った簡単酒肴の作り方【酒がすすむ醸し料理7】


文・写真/馬場吉成

猛毒のテトロドトキシンを含むフグの卵巣。毒の無い身や白子は料理して食べられますが、卵巣の部分は厳重な管理の下、廃棄処分されます。調理に免許が必要なのも、そういった理由によるものです。

しかし、このフグの卵巣の部分に含まれる毒を、塩や糠によって消して食べられるようにしたものが、石川県の珍味「ふぐの子糠漬」です。

石川県の中でも、白山市の美川地域、金沢市の金石、大野地区など、限られた地域の許可を受けた業者のみが、今も伝統の製法を守って製造しています。その歴史は古く、江戸時代には既に作られていたとされ、年貢として献上されていた記録も残っているそうです。

作り方は、まずフグの卵巣を大量の塩で1年から1年半ほど塩漬けにします。その後、さらに1、2年糠漬けにして、合計3年ほどかけて出来上がり。これにより、人が食べても全く問題の無い状態まで毒が減少します。

しかし、なぜ毒が消えるのかということについては、塩により水分が抜ける際に一緒に抜けていく、菌による発酵によって分解されるなど諸説あり、そのメカニズムは正確にはわかっていません。

とはいえ、出荷の際には公的な機関により毒性検査を受け、安全性が確認された物だけが出荷されているので安心して食べられます。

食べ方としては、表面についた糠を水洗いせずにそぎ取り、1cmほどに輪切りにしてそのまま食べるか、アルミホイルで包み、オーブンで1、2分焼いて食べます。

かなり塩分が強いので、お茶漬けや大根おろしを添えるなどして食べられるのが一般的です。

濃厚なチーズのような香りがあり、味は濃い味噌のように旨味が強く、プチプチと弾力があります。日本酒にとてもよく合いますが、かなり塩辛いので、ちょっとづつ摘まみながら食べるのがいいでしょう。

では、ふぐの子糠漬を使ったオススメの料理を紹介します。ふぐの子とジャガイモを合わせた「フグモサラダ」です。トルコの料理のタラモサラダの日本版で、タラコ、ジャガイモ、マヨネーズなどを作ってつくるタラモサラダがあります。それのふぐの子糠漬バージョンです。

【材料】
・ふぐの子の糠漬け:1cm厚ぐらいのものを1、2切れ。お好みの量で。
・ジャガイモ:2個
・小ネギ :大さじ2ぐらい
・マヨネーズ:大さじ1/2
・黒胡椒 :小さじ1/2

(1)まず、ジャガイモを茹でて皮を剥き、潰しておきます。

(2)アルミホイルで包んでオーブンで1、2分焼いたふぐの子糠漬をほぐして潰したジャガイモに混ぜます。あまり多く混ぜると塩辛くなるので、好みで量を調整してください。

(3)マヨネーズ、黒胡椒、小ねぎを入れてよく混ぜ合わせたら出来上がりです。

ふぐの子糠漬の塩辛さが、ジャガイモとマヨネーズでマイルドになり、旨味の部分が柔らかく感じられます。そこにネギの香りが加わり、黒胡椒の辛さで引き締められます。酒の肴でも、ご飯のおかずとしても美味しくたべられます。

「フグモサラダ」に合わせたのは和歌山県海南市の名手酒造の《黒牛 辛口純米》。柔らかく広がる穏やかな酸味とコクのある米の旨味が、フグモサラダの塩気と旨味によく合います。

文・写真/馬場吉成
webライター。日本酒、料理、マラソン、工学関係など幅広い分野で多数の記事を企画、執筆。日本酒と発酵食品を使った酒の肴をメインにした飲み屋も経営しています。「酒と醸し料理BY」http://kamoshi-by.tokyo/ ライターページ http://by-w.info/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. ホテルオークラ元総料理長の『わが家でプロの味』|えびとほうれん草…
  2. 自宅で蟹三昧!知っておきたい毛ガニの上手なむきかた
  3. 自宅で蟹三昧!知っておきたいタラバガニのむきかた
  4. 名人直伝!ズワイガニの上手なむきかた【動画あり】
  5. 粉チーズで栄養補給!毎日3食「カル足し!」健康生活のススメ[PR…
PAGE TOP