サライ.jp

豚肉と白菜のスープ仕立て。

六本木ヒルズにあった中華の名店「厲家菜(れいかさい)」が閉店して、約2年半。ついにこの6月14日に、銀座1丁目に再オープンの運びとなりました。

場所は銀座中央通り1丁目「POLA」ビルの9階、いまグランドオープンを前にして、夜のみですが、ソフトオープンの真っ最中です。

厲家菜;店内_s

前菜5種。

前菜5種。

コース料理がいくつかあり、「厲家菜」名物の前菜がコースによって10種から20種出てきます。色彩的には地味なものが多いのですが、味わいはヴァラエティに富んでいて、丁寧な仕事に目を瞠ります。

白菜を丁寧に包み込み、辛子で香りを付けたひと皿は、1998年に北京の本店に初めて出かけたときの感動が蘇りました。セロリを細く揃えて刻み、蛯子で味を調えたひと皿も健在です。

料理では、私のお気に入り「豚肉と白菜のスープ仕立て」がメニューにありました。豚の三枚肉が舌の上で溶けて、白菜の甘みがそれを優しく包み込みます。スープが少々残りますので、御飯を頼んで一緒にいただくと堪らない美味しさです。

豚肉も白菜も、どちらも「豪華」「贅沢」からほど遠い食材ですが、ごくありふれた食材から小さな奇跡を生み出した傑作の一皿です。

牛乳プリン。

牛乳プリン。

デザートの「牛乳プリン」、ほど良い酸味がヨーグルトを思い起こさせる食事の締めくくりに最適な甘味です。

【厲家菜(れいかさい)】
2016年6月オープン
東京都中央区銀座1-7-7 POLAビル9F

中国本店サイト
http://www.lijiacai.com.cn/jp/Lijiacai.html

文/山本益博
料理評論家・落語評論家。1948年、東京生まれ。大学の卒論「桂文楽の世界」がそのまま出版され、評論家としての仕事をスタート。TV「花王名人劇場」(関西テレビ系列)のプロデューサーを務めた後、料理中心の評論活動に入る。

関連記事

ランキング

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

サライ最新号
2020年
10月号

サライ最新号

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア