新着記事

レストランでちょうどいいワインを頼める“魔法の言葉”とは?【食いしん坊の作法 第5回】

文/山本益博「フランス料理が苦手です」という方に、その理由を聞くと、一昔前は、食事の…

綿麻三重織ケット|軽く柔らかな肌掛けで寝苦しい夜も快適に

快眠は、快適な寝具があってこそ。ことに寝苦しい夏場は、寝具の持つ役割が大きくなる。こ…

夏目漱石があのヒゲを整えるのに使っていた剃刀【文士の逸品No.25】

◎No.25:夏目漱石の剃刀文/矢島裕紀彦ロンドンの夏目漱石は、計5回の宿替…

予め知っておきたい「がんになると降りかかってくる4つの負担」とは?

文/中村康宏がんは日本人の死因トップで、3人に1人はがんで死にます。つまり、あなたの…

夫婦から息子へと受け継がれた「マツダ ロードスター」ある家族の物語

高知県南国市。田畑が広がる緑豊かな住宅地に松村一亀(かつき)・倫子(のりこ)さん夫妻の自宅はある。ガ…

墨汁も半紙も使わない水筆書道|乾けば何度でも使える水筆用の書道セット

水と筆があれば、墨汁を使わなくても書道の練習ができるセット。半紙の代わりに使うのは「水写布」…

インカ帝国悲劇の舞台!ペルーの古都「カハマルカ」を歴史散歩する

文・写真/原田慶子(ペルー在住ライター)米CNNが「2018年に訪れるべき18の場所」の1つに選…

【日本ワイン生産者の肖像4】近藤良介さん(KONDOヴィンヤード)北海道・空知でジョージアの古式グベヴェヴリ製法に挑む

取材・文/鳥海美奈子そのワインには、スケール感がある。伸びやかで、ダイナミックで、香気が漂う…

【夕刊サライ/川合俊一】株を始めると時事ネタに強くなる、話題がデカくなる!(川合俊一の暮らし・家計コラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。火…

唯一無二の音楽集団ピンク・マティーニが5年ぶりに来日公演@ブルーノート東京

20世紀のあらゆる時代や国のポピュラー・ソングを、ハリウッド映画黄金時代のジャズ・バンドを思…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

美味

飲んで検証!6月のお題料理「鮎の一夜干し」に合う酒とは【旬の料理と異酒格闘技 第2回】

文/藤本一路(酒販店『白菊屋』店長)

料理とお酒の新しい出逢い、その幸せなマリアージュを求めて――。月1回のこの連載では、旬の食材を使った家庭で作れる季節料理を「お題料理」として、私・藤本一路が日本酒・焼酎・ワインなど幅広い選択肢のなかから、これはと思う美酒と合わせて料理との相性を探ります。

料理のご紹介は、大阪・堂島にある割烹『堂島雪花菜(どうじまきらず)』のご主人、間瀬達郎さんです。いわば「旬の一皿×異酒」格闘技編という試みですが、さて、第2回目はどんなご報告ができるでしょうか。

6月のお題料理は「鮎の一夜干し」です。

天然鮎が、禁漁期間を経て解禁になる季節です。

清流の苔を食んで育つ鮎は、爽やかなスイカのような特有の芳香を持つことから“香魚”の名で呼ばれています。いい苔を食べていた鮎ほど、香りはよくなります。その香りと共に、鮎は内臓の苦味が何より珍重される淡水魚です。

鮎の塩焼きなどは頭から食べられる小ぶりなものがお勧め。その鮮烈な香りと苦味が一気に口に入ってきます。

顎(あご)の下から胸にかけてある、胆嚢(たんのう)を含めた鮎の内臓を総称して「うるか」といいます。この鮎の内臓を塩漬けにした「苦うるか」は曰く言い難い、複雑な苦味が心地よい珍味で、とりわけ食通たちに喜ばれているものです。

また、白子でつくる「白うるか」、卵巣のみでつくる「子うるか」も、酒のアテとして重宝されていますが、さて――。

今回の「鮎の一夜干し」は、料理人の間瀬達郎さんによれば「自宅でもつくれますよ」とのこと。

まずは背開きにした鮎を2~3%の塩水に2~3時間ほど漬け込みます。それを串刺しにして、風通しの良いところで陰干しをしてください。(ポイントは干し過ぎないこと。少しやわらかめがおススメだそうです。)

干した鮎を焼き上げた後に、苦玉(にがだま)と呼ばれる胆嚢部分を卵黄で伸ばした「苦うるか」を薄く塗って、出来上がりです。

骨も塩水に漬けて干した後、素揚げをすれば、パリパリッとすべて食べられます。

付け合わせは、新ジャガを味醂、薄口醤油、塩で直炊きしたものを油で揚げて、おぼろ昆布をふりかけています。
皮を剥いたトマトと湯掻いただけのアスパラには自家製の胡麻酢をかけまわしてあります。胡麻酢は、胡麻を擂り潰して、味醂・薄口醤油・酢で好みの味付けでかまいません。

さて、この「鮎の一夜干し」には、どんなお酒が合うでしょうか。

私が選んでみたのは、次の3種のお酒です。

・スパークリングワイン 勝沼醸造「アルガブランカ・ブリリャンテ」
・日本酒 大倉本家「山廃特別純米・備前雄町24BY」
・ドイツビール「シュナイダー・ヴァイセ・オリジナル」

まずはワインから行ってみましょう。最初に合わせるのは、山梨県・勝沼醸造の「アルガブランカ・ブリリャンテ」です。

ページ:

1

2 3 4

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. いまスコットランドで大流行!「クラフト・ジン」2つの楽しみ方
  2. 日本盛「生原酒ボトル缶」を友にSL花見紀行|車窓を流れる桜を肴に…
  3. 酒は本当に「百薬の長」なのか?医療専門家たちの回答が判明
  4. 日本酒の味の基本を決める「酒造好適米(酒米)」10種の特徴
  5. 厳選!サライが選んだ「次世代の旨い日本酒」10本
PAGE TOP