新着記事

高血圧の効果的な対処法は?気づかないうちに進行する「サイレントキラー」の恐怖

取材・文/わたなべあや高血圧は、サイレントキラーの異名を持つ通り、これといった症状が…

【夕刊サライ/神取忍】自分の体で効果検証中! 最近はまった特製ドリンクとラドンガス吸入器(神取忍の健康・スポーツコラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。月…

国宝3点が結集!刺繍や綴織で表現された「糸のみほとけ」たちの展覧会

取材・文/池田充枝平面に表された仏の像といえば、絵画を思い浮かべると思いますが、日本では刺繍…

タイ料理の新スター「カオソーイ」を現地チェンマイで味わい尽くす!オススメ店3軒

文・写真/横山忠道(タイ在住ライター)日本ではマッサマンカレーやパクチー料理など、毎年のよう…

奄美を愛した孤高の画家・田中一村の画業を回顧する特別な展覧会

取材・文/池田充枝孤高の画家として知られる田中一村(たなか・いっそん、1908-1977)は…

頭がない剥製標本は何のため?あなたが知らない鳥標本の世界

文/柿川鮎子今年は夏鳥が大変少なく、多くの野鳥観察愛好人をやきもきさせています。鳥を…

日産 スカイライン|誕生から60年を経て進化を続ける国産スポーツセダンの雄【石川真禧照の名車を利く】

文/石川真禧照(自動車生活探険家)かつて4ドアセダンは人気車種だった。SUV全盛の時代になっ…

知る人ぞ知るパンの名店!沖縄・宗像堂の天然酵母パン10選

文/編集部沖縄本島中部の宜野湾市にある『酵母パン 宗像堂』は、天然酵母パンづくりの先駆けとし…

【夕刊サライ/福澤朗】武夷岩茶を訪ねて(福澤朗の美味・料理コラム 第6回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

知られざる人気スポット!香港の離島「ラマ島」で過ごすのんびり休日

文・写真/りんみゆき(香港在住)香港(ホンコン)と聞くと、高層ビルが建ち並ぶ光景、またはショ…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

暮らし

増え続けるうつわの整理に便利な「うつわの見直し」チェックシート

いつの間にか増え続け、使わなくなったうつわはどうするべきか。うつわの見直しを長年、実践してきた阿部絢子さんに訊いた。

料理本の編集やフードスタイリストの仕事をしていた阿部絢子さんにとって、食とうつわは切り離せないものだった。その結果、「料理の数だけうつわがあり、一時期は部屋中に溢れていた」という。

そんな阿部さんが“開眼”したのは、47歳でドイツの家庭にホームステイしたときのことだ。

「朝食と昼食は、パンとジャムとコーヒー。夕食だともうひと皿付く程度のシンプルな食生活でした。また、同じ皿をいろいろな料理に使い、食器棚に並ぶうつわが驚くほど少ない。目から鱗が落ちる思いでした」(阿部さん)

そして、50歳を過ぎて今も住むマンションへ引っ越すにあたり、思い切って溜まりに溜まったうつわの整理をすることにした。

「いきなり捨てるのは決心がいるので、まず、不要と思ううつわを分けることから始めました。分けたうつわは知り合いに引き取ってもらったり、行き先を見つけました。それでも残ったうつわは、処分するしかありませんでした」

そんな阿部さんの実体験から考案されたのが、下の2段階式チェックシートだ。まず、第1段階でうつわの状態を見直し、第2段階で使わなくなった理由を考える。そうすることで気持ちが整理され、処分する決心がつくという。阿部さんの食器棚に並ぶうつわは、そうやって厳選されたものだ。

*  *  *

【2段階式「うつわの見直し」チェックシート】

阿部絢子さんが、自らの体験から考案した「うつわの見直し」チェックシート。食器棚や押し入れにしまい込んだうつわを整理する際の参考にしていただきたい。

●チェックシートの使い方
2段階に分けてチェックします。まず、お持ちのうつわが第1段階の10項目の質問にあてはまるかどうかチェックしてください。チェック項目が3つ以上あれば、今の生活に合わないうつわと考えます。次に、そのうつわについてさらに第2段階の5項目をチェックしてください。ふたつ以上の項目にチェックが付いたら、そのうつわを処分するなどの見直しをしてください。

《第1段階 10項目》
□ 5年間まったく使っていない
□ 欠けたり、ヒビが入ったりしている
□ 修理に費用をかけたくない
□ 修理する場所がわからない
□ 持っていることを忘れていた
□ 汚れや傷が取れない
□ 大き過ぎるか枚数が多くて使えない
□ 自分の作る料理に合わない
□ 重くて洗いにくく、使い勝手が悪い
□ 出し入れに苦労する

《第2段階 5項目》
□ 使用頻度は数か月に一度以下
□ 思い出や愛着、未練がない
□ 料理の嗜し好こうが変わって使わなくなった
□ 来客用だが今は使っていない
□ 引き取り手がない

「愛着のあるうつわには、物語があります。それがなければ、ただのモノです。役割を終えたうつわは整理し、始末のいい暮らしをしたい。うつわを片付けることは今の自分と向き合うこと。人生と直結しているのです」と語る阿部さん。

あなたもこのチェックシートを使って“家のうつわの整理”をやってみてはいかがだろうか。

解説:阿部絢子さん(生活研究家) 昭和20年、新潟県生まれ。生活研究家。共立薬科大学卒業後、洗剤メーカー勤務を経て、百貨店の消費生活アドバイザーを30年間務める。著書に『老いのシンプルひとり暮らし』など多数。 撮影/宮地 工

※この記事はサライ2017年5月号より転載しました。データや肩書き等は当時のものです(取材・文/宇野正樹)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 毎日食べたい!自宅でつくる簡単もち麦料理レシピ6選
  2. 白米のかわりに食べたい「もち麦」はなぜ健康にいいのか
  3. 和のうつわの根本を永平寺に尋ねる|食事をいただく禅の作法とは
  4. 暮らしを豊かにしてくれる良き「うつわ作家」6組8人の肖像
  5. 『鎌倉清雅堂』の「鎚起(ついき)」のうつわ|職人技が光る金属器の…
PAGE TOP